審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

モビット

モビット

モビットが人気の理由

電話連絡なし!ならモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

学生のキャッシング

学生がお金を借りる理由は?卒業旅行・自動車学校・浪費・生活費など…

059

学生がお金を借りる理由をまとめると、主に下のようになります。

  • 浪費・遊興費
  • 学生イベントの運営資金
  • 卒業旅行の費用
  • 運転免許証の取得

というものです。それぞれ詳しく説明します。

浪費や遊興費による借り入れが多い

正確な統計はありませんが、学生がお金を借りる場合―。

  • 買い物
  • 飲み会の費用
  • ファッション

などの、いわゆる浪費・遊興費による借り入れが多いです。これは表に出てこない理由ですが、私自身学生時代に130万円まで借金していたので、何となくわかります。

学生のキャッシングで、本当の理由は語られない

これは大人のキャッシングでもそうですが、学生がお金を借りる時、本当の理由を語ることなどありません。本当は遊興費で借りている場合でも―。

  • 学費
  • 生活費
  • パソコンの購入費
  • 自動車学校の費用

という名目で申請します。また、学生専用キャッシングの業者の中には、一部そうした現実を知っていて、あえて深く追及しない…という業者さんもあります(ごく一部ですが)。

一部の困窮している家庭を除いて、学生が普通に学業に専念していたら、今の時代、それほどお金に困ることはないはずです。「お金が足りない」ということは確かにあるでしょうが、そういう学生は大抵かなりアルバイトをしています。

ということで、「キャッシングでお金を借りるほどの理由」というのは「浪費」がかなりの部分を占めているんですね。少なくとも私はそうだったし、私の回りで音楽活動に打ち込んでいた学生などは、やはり借金に手を出していたり、親からかなりのお小遣いをもらっていたり…ということが多かったものです。

学生イベントの運営で借金する人も多い

これも私がやっていたことなのでわかりますが、学生イベントの主催は、お金がぶっ飛びます。かなり稼げるイベントもあるのですが、それはごく一部で、大抵は赤字になっています。

『マジでガチなボランティア』という、カンボジアに学校や病院を建てる費用を、チャリティーイベントで集めたノンフィクションの本もあります。この著者の学生さん(当時)は本当に素晴らしい人ですが、彼もやはり、一度失敗して100万円ほどの借金を背負い、親に立て替えてもらっています。

ここまで大規模でなくても、小規模なイベントで失敗して、10万円や30万円程度の借金をする…というのは、「活動的な」学生ではよくあることです。これも意外とよくある「学生がお金を借りる理由」です。

卒業旅行の費用としてのキャッシング

ここまで書いたのは少々「変な」理由ですが、多くの学生に共通するお金の使い方としては「卒業旅行」があるでしょう。

  • 親から全額出してもらう
  • 自分のバイト代で稼ぐ

という学生も多いですが、お金が足りなくてキャッシングするという学生も多くいます。

大学4年生というのは、今の時代、世間が思うほど暇ではありません。就活はかつてないほど厳しくなっていますし、たまに一時的に売り手市場になっても、どうせ待遇のいい仕事はほとんどありません。

その上卒論の執筆や、サークルの後輩の指導などもあるのですから、何だかんだで大学4年生も忙しいでしょう。ということで、アルバイトがほとんどできず、親からも借りられず、キャッシングでお金を調達する…ということは、しばしばあります。

卒業旅行ならトラベルローンもおすすめ

卒業旅行のように「使い道がハッキリしている」場合の借り入れは、実は低金利&簡単な審査で借りやすいのです。特に「そのサービスを提供している会社」で借りる場合、非常に有利な条件になります。

卒業旅行の場合は旅行会社ですね。JTB、HISなどの旅行会社が提供するトラベルローンは、かなりの低金利で、審査に通りやすくなっています。

審査に通りやすい理由、金利が安い理由はもちろん「その旅行会社のプランを利用する」という条件です。プランでなくてもいいですが、航空券やホテルの予約は、そこの会社を経由してする必要がある…などの条件です。

旅行会社としては、そうしてツアーや航空券などが売れた時点で、利益は出ているわけです。その上、金利まで払ってくれるというのであれば、御の字でしょう。

ということで、旅行会社が提供するトラベルローンは、普通のキャッシングでお金を借りるよりも相当有利な条件になるんですね。そのため、学生が卒業旅行でお金を借りる場合は、このような方法もおすすめです。

自動車免許の取得費用も、教習所が一番安い

同じように、自動車教習所に通う費用を調達するという場合も、自動車学校自身が提供している運転免許ローン・分割払いを利用すると、低金利です。

たとえばある合宿所が提供するローンの場合「実質年率9.2%」という金利でした。これは銀行カードローンで同じ金額を借りる時の金利「14.5%」と比較しても、相当安いです。

大手の消費者金融で借りる場合、この金額帯だと「18.0%」ですから、教習所のローンで借りる場合「その約半分」ということ。どう見ても、金利だけで判断したら、教習所の方が安いと言えるでしょう。

消費者金融の方が安くなるケース

ただ、消費者金融で借りる方が安くなるケースもあります。たとえば「1ヶ月あれば、全額払える」という場合。

これだったら、プロミス・アコムで借りれば「初回30日間無利息」というシステムがあるので、それで利子ゼロになります。自動車学校の場合、30万円で9.2%の金利だと、1ヶ月分の利息で大体2300円ほどを払うことになります。

「2300円くらい、いいじゃん」と思うかも知れませんが、アコム・プロミスだったら0円なわけです。より低利息で借りたいと思ったら、プロミス・アコムの方がいいでしょう。


以上、学生(バイトなどで安定した収入がある学生)がキャッシングする(お金を借りる)理由についてまとめました。それぞれの理由で、ベストな借り入れ方法を探す、参考になれば幸いです。

学生のキャッシングのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP