学生のキャッシング

学生専用キャッシング・学生ローンだったら、18才でも借り入れできる?

057

学生専用キャッシング、学生ローンと呼ばれるサービスでも、18才がお金を借りることはできません。ごく一部存在するかも知れませんが、それは闇金業者に限りなく近い街金なので、手を出さないようにしてください。

学生専用ローンの審査基準は、大手とほぼ同じ

基本的に学生専用ローンと呼ばれる中小業者でも、審査基準は大手の消費者金融とほぼ同じです。なので、18才などの未成年に融資することはありません。

学生専用キャッシングの審査で、大手ブランドのモビット・アイフルなどと違う部分があるとしたら、

  • 学生証が本人確認書類として通じる
  • 名門大学の場合、ある程度有利になる

というくらいです。年齢に関しては、大手ブランドと同じように「20才未満は不可」というスタイルなので、18才・19才では借りられないのです。

18才に融資するキャッシング業者はほとんどない

基本的に、まともなキャッシング業者や大手のブランドで、「18才にお金を貸す」というところは、まずありません。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン

などの、多くの人が知っている大手ブランドの場合、全部「20才未満は不可」となっています。つまり、18才でも19才でも借り入れ不可ということです。

20才以上なら、学生でもOK

18才・19才がキャッシング不可ということで「学生は借り入れできない」と勘違いされますが、そうではありません。学生でも、「年齢が20才を超えていて、アルバイト収入がある」という審査条件であれば、借り入れできます。

「学生」がいけないのではなく「未成年」というのが問題なんですね。プロミス・アコムなどの大手の消費者金融ブランドだけではなく、フクホー・ライフティなどの中小業者でも皆同じルールなので、この点は意識してください。

18才に融資するキャッシング業者は、極めて危険

ほとんどがこういうルールでやっている中、18才でも融資する貸金業者―。これはかなり危険と考えてください。

もちろん、まともなしっかりした業者さんも多いのですが、中には悪質な業者もあります。例えば、

  • 「18才でもOK」といって、未成年をたくさん集める
  • そして年収などを理由に「うちでは融資できない」という
  • 「ここなら貸してくれるかも知れない」と言って、ヤミ金を紹介する

というパターンで、闇金業者に誘導する手口です。これは最近この業界で流行している「紹介屋」という違法業者ですが、完全に違法ではないだけに始末に負えません。

紹介屋は正式な貸金業者である

さらに厄介なのは、こうした「紹介屋」は正式に貸金業者として登録しているのです。たとえば東京で営業している場合、東京都知事の営業許可をもらっていて「都(1)第○○○○○号」という、登録番号を持っています。

この「都(1)」というのは、「認可がおりてから3年以内の、新しい業者」ということを意味しています。紹介屋やヤミ金融の多くは、大抵次々に廃業しては、新しく登録しているので、番号がこのように新しくなるのです。

こういう「正式の登録手続きしている悪徳業者」を「トイチ」というのですが、こうして番号を持っていると、特に18才・19才などの若者の場合、簡単に騙されてしまうんですね。

大人でも騙される手口なので、未成年・10代だったらなおさらでしょう。ということで、基本的に「18才・19才に融資する」というような業者は、すべて信用しないというのが安全策です。

クレジットカードのキャッシング枠なら借り入れできる

貸金業者から借りる方法以外では、「クレジットカードのキャッシング枠を使う」という手段もあります。クレジットカードは、

  • ショッピング枠…買い物専用
  • キャッシング枠…現金を借りる

という2つの融資枠を持っているのですが、この「キャッシング枠」をもらえた場合、それでお金を借りることができます。

ただ、18才で特に学生という場合、キャッシングの借入枠はほとんどつきません。5万円か10万円に極度額を設定しているクレジットカードがほとんどです。たとえば、

  • 学生専用ライフカード…10万円
  • 三井住友VISAデビュープラスカード(学生用)…5万円

といった具合です。これらはどちらも未成年の学生でも作れるクレジットカードとして人気ですが、限度額はこのように超少額になっています。

現金化の類は、絶対に手を出してはいけない

カードローンやキャッシング以外でお金を借りる方法として、よく宣伝されているのが、

  • クレジットカードの現金化
  • 携帯キャリア決済の現金化

といった方法です。結論としては、これらの「現金化」に手を出してはいけません。(絶対にNGです)

現金化に手を出してはいけない理由

なぜ、クレジットカードの現金化や携帯キャリア決済の現金化でお金を借りてはいけないのか。理由は下の通りです。

  • カード会社・携帯キャリアから、一括返済を請求される(バレた場合)
  • カードも携帯電話も、解約されることが多い
  • 高い手数料を業者に取られた上、利息も払っていく
  • 万が一自己破産しても、免責が下りない

ということです。最後の「免責が下りない」というのは、「借金がチャラにならない」ということ。自己破産をすれば、誰でも借金が帳消しになる…というわけではないんですね。

クレジットカードや携帯キャリアの現金化自体では、いきなり自己破産まで行くことはありません。しかし、これらに手を出す時点で、かなりの借入超過になっているので、そこから闇金業者に手をだし、転落してくということはしばしばあります。

そうなった時、自己破産で免責が下りるか下りないかというのは、天国と地獄くらいの違いがあリマス。そうした理由からも「現金化は絶対にやってはいけない」と言えるのです。


以上、18才では学生専用キャッシングや学生ローンでもお金が借りれないこと。その他の方法も、クレジットカードのキャッシング以外は危険…ということをまとめました。

基本的に、学生のうちは日払いのアルバイトがいくらでもできます。お金が足りなくなった時には、まずこういう地道な手段で稼ぐことは考えてください。

学生のキャッシングのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP