学生のキャッシング

学生ローンの申し込みの必要書類と条件 ~身分証明書・年齢制限など~

056

学生ローンの申し込みの必要書類と条件。まず必要書類は下の通りです。

  • 大手の消費者金融…身分証明書のみ
  • 学生専用キャッシング…身分証明書&学生証

そして、条件としてどちらも共通しているのが、

  • アルバイト収入がある
  • 年齢が20才以上(10代・未成年は不可)

…ということです。

大手の消費者金融の場合「学生」は関係ない

プロミス・モビット・アコム・アイフルなどの、誰もが知っている大手の消費者金融ブランドの場合。「学生」という肩書は関係ありません。「20才以上の成人」として判断されますので、アルバイトなどで安定した収入さえあれば大丈夫です。

もちろん「職業欄」に「学生」とは書きますが、それ自体はどうでもよく「アルバイト」として扱われるということです。だから学生証も必要ないし、どこの大学に通っているかなどの学歴も、当然必要ないということです。

学生専用キャッシングの場合、学生証を提出する

一方、中小業者の「学生専用ローン」の場合、学生証の提出が必須です。学生だからといっても金利が安くなるなどのメリットがあるわけではないのですが「より身元がしっかりわかる」という点で、多少審査で有利になるわけです。

これ以外は、学生専用ローンでも大手のキャッシングブランドでも、違いはありません。どちらも年齢条件については「20才以上」となっていますし、アルバイト収入が必須なのも共通です。

大学生でも18才・19才はダメ

学生専用キャッシングだと、18才・19才でも大学生だったら借りられるのでは?…と思われるかも知れません。しかし、学生専用ローンでも未成年に対して融資することはしません。理由は、

  • 民法4条で「未成年者の契約取消権」がある
  • 未成年に融資しているというだけで「審査が甘い業者」という評判が立つ

ということです。後者についてはわかると思うので、前者の未成年者の契約取消権について説明します。

未成年者の契約取消権とは?

これは「未成年が交わした契約は(親権者の同意がなかった場合)、いつでも破棄していい」というもの。つまり未成年・10代の場合は、簡単に借金を踏み倒し・帳消しすることができるのです。

もちろん「親権者の同意」があった場合は、これはできません。しかし、「親権者の同意必須」とすると手続きが複雑になりますし、これは学生にとっては親バレを意味します。

借金が親にバレて平気という学生はいません。ということで、「親権者の同意必須」とした時点で、学生の申し込みはほとんどないんですね。ほとんどない申し込みのために、未成年に対する受付のコストをかけるというのは、割にあわないのです。

どうせ大した売上にならないなら、最初から10代・未成年・20才未満に対しては融資しない方がいい…ということですね。

学生の破産者を出さないためでもある

ここまではキャッシング業者・ブランドの利益について書いてきましたが、もちろんそれだけではありません。学生の中でも特に18才・19才という未成年の場合、かなり金銭感覚が未熟です。人生経験もほとんどありません。

そういう若者に対してお金を貸すと、通常の社会人や成人よりも破産のリスクが高いのです。だから、貸金業者・ブランドの社会的意義を考えても、こうした未成年に対してはお金を貸さない方が正しいんですね。

こういうもろもろの理由によって、20才未満・10代の若者に対しては大手の消費者金融のブランドでも、中小業者の学生専用ローンでも、融資していない…ということなのです。

学生キャッシングで必要な本人確認書類

どんなものが学生のキャッシング審査で本人確認書類として認められるか―。これは社会人がカードローン審査を受ける時とまったく同じ。下のような書類です。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 各種健康保険証
  • 住民基本台帳カード

というものです。もし外国人だったら「在留カード」「外国人登録証」などを提出しますが、学生で外国人ということは、つまり「留学生」でしょう。留学生が日本のカードローンでお金を借りるとは考えにくいので、これは特に考慮しなくていいかも知れません。

一番信用度が高い本人確認資料は、運転免許証

これらの本人確認資料の中で、一番信用してもらえるのが「運転免許証」です。理由は、

  • 顔写真が入っている
  • 一定期間で必ず更新する
  • 盗まれたり紛失した時に気づきやすいので、「他人のもの」の可能性が低い

最後については、少し説明が必要でしょう。

パスポートなどは、盗まれている可能性がある

キャッシング審査はすべてネットで完結するので、実は本人の顔を確認しません。来店審査や自動契約機による審査だったら本人の顔を見ますが、ネット審査の場合はそれがないということですね。

ということで、たとえば下のようなことができるのです。

  • 誰かのパスポートを盗む
  • それを「自分のパスポート」として送信し、キャッシング審査を受ける

ということです。パスポートだったら盗まれていてもすぐには気づかないので、こういう虚偽申告がやりやすいんですね。

この点、運転免許証だと「なくしたらすぐに気づく」ということが多いので、一番信用されるわけです。その次に信用度が高いのは保険証ですが、これは顔写真が入っていないことが多いので、信用度は落ちます。

運転免許証の有無は審査項目でもある

特に、いくつかのキャッシング業者・ブランドでは「運転免許証があるかないか」が、一つの審査項目になっているくらいです。もちろんある方が審査に通りやすくなります。

身分確認資料として他の書類を提出している場合でも、「運転免許証があるかどうか」を聞かれるということですね。そのくらい、運転免許証の身分証明書としての価値は高いのです。

ということで、どの書類を提出するか迷った時は、学生キャッシングの審査の場合でも、運転免許証を出すのが一番いいでしょう。

(もっとも、大学生や専門学校生の場合、まだ運転免許証をとっていないということも多いでしょうが…)

学生証は、学生専用ローン以外、まったく必要ない

序盤でも書きましたが大学や専門学校・大学院の学生証は、学生専用キャッシングで借りる時以外は、まったく必要ありません。理由は、

  • 学生証は偽造が簡単である
  • 大手の消費者金融は「学生」という身分をまったく重視していない

ということです。先にも書いた通り、学生というのも「ただの若いアルバイト」という職業・属性に分類されるんですね(大雑把にいうと)。

ということで、学生証は必要ないし、学生証の偽造はかなり簡単なのです。私の大学時代の友達も、フォトショップなどが得意でしたが、大学を中退した後も偽造した学生証で学割などを利用していました(結構悪どいですね。。汗)

ということで、学生証は「信用度がない」し「必要もない」ので、キャッシング審査で提出することはありません。


以上、学生ローン審査条件や必要書類についてまとめました。これからお金を借りたいという学生さんの参考になれば幸いです。

学生のキャッシングのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP