審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

楽天銀行スーパーローンのデメリットは、土曜日・日曜日の最短即日融資で、口座が必要な点

pixta_13965840_XL

楽天銀行スーパーローン(カードローン)のデメリットは、土曜日・日曜日・祝日の最短即日借入では、楽天銀行の口座が必須くらいです。その他のデメリットは特にありません。箇条書きしていくと―。

  • 平日は楽天銀行の口座なしでOKだが
  • 土曜日・日曜日・祝日の最短即日融資では必要になる
  • 三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行カードローン レイクは
  • 平日でも土曜日・日曜日・祝日でもなしでOKなので
  • それと比較すると、楽天銀行スーパーローン(カードローン)はやや借りにくい

ということです。しかし―。

  • これは「比較する相手が悪い」とも言える
  • 新生銀行カードローン レイクや三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行以外は
  • 楽天銀行と同様に土曜日・日曜日・祝日は口座が必要か
  • 平日も同様に口座が必要(さらに厳しくなる)
  • もしくは、土曜日・日曜日の融資自体していない

という風になります。ということで、決して楽天銀行スーパーローン(カードローン)が借りにくい…というわけではないんですね。

なので、デメリットと書くべきかどうかも迷ったのですが、とりあえず、消費者金融や上の3つの銀行カードローンの借りやすさと比べると、この点が楽天銀行スーパーローン(カードローン)の「借りにくい」部分であり、最短即日融資を希望する人にとっての注意点となります。

その他デメリット・短所はないのか?

その他の楽天銀行スーパーローン(カードローン)のデメリット・短所としては、ネット専業銀行なので、ネットが使えない高齢者の方々などは、使いにくいという点があります。しかし、これは―。

  • 当サイトのようなサイトを見て情報収集してくださっている時点で
  • その方々はまったく問題ないので、デメリットのうちに入らない

と言っていいでしょう。「ネット専業銀行だったら、ATMとか店舗がないから不便なんじゃない?」と思うかも知れませんが、むしろ逆です。街中のATMでも、ネット専業銀行のカードローンの方が便利なのです。

なぜ、ネット専業銀行の方が、ATMの利用が便利なのか?

これは、下のような理由です。

  • ネット専業銀行も、普通の預貯金を提供している
  • で、それもATMを使えるようにしないといけない
  • しかし、ネット専業銀行なので、ATMがない
  • だから、都市銀行やコンビニなどのATMを
  • 「手数料無料」で使えるよう、提携している
  • ↑(無料でないと、ユーザーが集まらないため)
  • で、そうやって「他の銀行やコンビニの提携ATM」と
  • 普段から「無料で使える提携」をしていると
  • カードローンもそのまま「無料」で使える

ということですね。

普通の銀行のカードローンは、なぜそれができないか

で、普通の銀行のカードローンはというと―。

  • 自分たちのATMがある
  • 普段の預貯金は、それで無料で利用できる
  • だから、わざわざ他の銀行と提携する必要がない
  • 下手に提携したら、利用者をとられるだけ

ということです。銀行のATMに来るお客さんというのは、ただ手数料を払うだけではなく、その銀行のクレジットカードに加入してくれたりいろいろと銀行にとってありがたい存在ですからね。なので、できるだけ「自行のATMや店舗に来て欲しい」というのが、銀行の本音なのです。当然ですね。

というわけで、普通のリアル店舗がある銀行は、他の銀行のATMと提携していない。なので、カードローンでも「無料で使える提携銀行のATM」というのが、極めて少ないわけです。

三井住友銀行カードローンの場合、ゆうちょ銀行が無料で使えるなど、銀行カードローンによっては結構ありますけどね。それでも楽天銀行スーパーローン(カードローン)などのネット専業銀行の方が、この点では断然有利なのです。

審査通過率は普通(銀行カードローンの標準)

審査基準と審査通過率はよく混同されがちなので書いておくと―。

  • 審査基準…職業・属性などの「申し込み条件」のこと
  • 審査通過率…申し込み条件を満たした人が、さらに「どれだけの確率で借りられるか」ということ

という風です。つまり、審査基準が先で、審査通過率が後ですね。で、この審査通過率については、楽天銀行スーパーローン(カードローン)は普通です。つまり、銀行カードローンの平均レベルです。

これについては金利が標準レベルである以上、当然でしょう。楽天銀行スーパーローン(カードローン)の「4.9%~14.5%」という実質年率は、ちょうど銀行カードローンの平均レベルです。

(下限金利がちょっと高めですが、下限金利はほとんどの人にとって無関係なので、上限金利が平均レベルという時点で、その銀行カードローンの金利は平均レベル…と言っていいのです)

審査通過率は、金利で決まる

これはキャッシングの世界の常識ですが、審査通過率は金利で決まります。これは「市場原理」によるものです。箇条書きすると―。

  • 仮に「低金利で、審査通過率も高い」という銀行カードローンがあるとする
  • みんな、その銀行カードローンで借りたい
  • だから、殺到する
  • その銀行カードローンに「無尽蔵の資金」があればいいが
  • 実際にはない(どこかで上限はある)
  • そして、申し込みが殺到した銀行カードローンは
  • 「今月の予算」を、すぐに達成してしまう
  • たとえば「15日」の時点で月間の目標を達成したら
  • それ以降は「全部断る」ということになる
  • つまり、この時点でもう「審査通過率が半分」まで減る
  • もし、そうしないのであれば
  • 月半ばで達成しないように「最初から融資を絞る」となるが
  • それは要するに「審査が厳しい」ということである

ということです。つまり銀行カードローンの資金は無尽蔵ではないという所から始まるわけですね。もし無尽蔵だったらいいのですが、実際にはそうではないので、必ず上のようになるのです。この「目標達成」のタイミングがどこで来るかわかりませんが、どこかで必ず来るのです。

メガバンクでも同じ

上の説明を読んで、「三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行などの、メガバンクだったらいいのでは?」と思った人もいるでしょう。確かに、彼らが個人向けカードローンだけに、すべての資金を使ったとしたら、それもあり得るでしょう。しかし―。

  • 銀行の業務は、個人向け融資だけではない
  • 企業向けの融資、住宅ローンなど、ありとあらゆる大口の融資がある
  • だから、上限の金額には、すぐに達することが決まっている

ということです。そして、上限の金額に達したら、上のように「結局、審査通過率も金利も、落ち着くべき所に落ち着く」ということです。これはまさに「株式市場のメカニズム」と同じですが、株式投資の世界ではこれは「市場は効率的である」というそうです。

(もちろん、短期間だけ「効率的でない」ことはあるので、そこを狙って儲けるのが、投資家やファンドの方々のお仕事なのですが…)

何はともあれ、こうした理由から審査通過率は、金利で決まると、ほぼ断言できるわけです。なので―。

  • 楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利が
  • 銀行カードローンの標準レベルである、ということは
  • 審査通過率も標準レベル

ということができるんですね。

コラム「改正貸金業法」の制定時の議論

実は、これとまったく同じ議論が、2006年頃の貸金業法の改正の時もありました。この時期「法定金利を下げよう」と提案した金融庁などに対し、消費者金融の側が「金利を下げたら、融資できなくなる」と言ったんですね。そして、それを聞いた金融庁の役人が「金利を下げたら、貸せなくなるという意味がわからない」と発言したのです。

口の悪い私からしたら、「本当に金融庁の人間なのか?」とビックリするような発言ですが、やはりこれには消費者金融のトップ(某大手ですが、社名は伏せます)の社長さんも呆然としたようで、この発言を「残念だった」と控えめに表現していました。

この「金利を下げたら貸せなくなる」というのは、ビジネスの世界でいうと「価格を下げたら、ベンツを売れなくなる」というのと同じです。ベンツは最低でも数百万円~1000万円で売らなければいけないのです。最初からそういう計算で作っているわけですから。

あるいはプラダでもルイ・ヴィトンでも何でも同じです。あれらの高級ブランドも、銀座の一等地などに出店している以上、コストが膨大にかかっているのです(材料費は非常に安いんですけどね)。で、そのコストを回収するためには、「価格を下げるわけにはいかない」のです。

(というより「高くて庶民には買えない」ということ自体が、彼らの存在意義なのですから、ますます下げるわけにはいかないのです)

この「価格を下げたら、高級品は売れない(作れない)」というのは、ビジネスの常識だと誰でも理解できるでしょう。同様に「金利を下げたら融資できなくなる(審査基準を厳しくせざるを得なくなる)」というのは、当たり前なのです。金融庁のトップがこんな基本中の基本を理解していなかったというのは、空恐ろしいレベルなんですね。

で、結局金利引き下げが行われ、それだけだったらまだいいのですが、「過払い金の返還」という、「法律を使った暴力」に近いルールまで生まれてしまい、この時期の消費者金融は、中堅以下の業者が一気につぶれたのです。

(過払い金の返還のひどさは、たとえば今まで100万円で車を売ってきたトヨタに対して「今後は50万円以上で売ってはいけない。今まで100万円で売ってきた分も、全部返還しろ」と言っているのとまったく同じです。)

過払い金の返還はあまりに無茶苦茶だったので、ユニワードという岩手県の名門中堅業者(ここも倒産してしまいました)が、国を相手取って裁判を起こしているくらいです。

「国を相手に裁判を起こす」というのは、言うまでもなく、「自分が正しい」という相当な自信がなければやりません。ハッキリ言って「相手が国である以上、負けるのはほぼ確定」しているわけですから。(何しろ過払い金の返還を認めるきっかけになった判決も、出したのは最高裁ですからね)

…と、少々熱くなりましたが、「金利と審査通過率は一致する」というのは、そういう風に「金融の常識」なのです。それを金融庁のトップが理解していなかったから、改正貸金業法のような「矛盾の多い法律が生まれた」ということなんですね。


で、そういう風に「審査通過率と金利は比例するもの」なので、金利が平均レベルである楽天銀行スーパーローン(カードローン)は、審査通過率も平均レベルといえるわけです。金融工学というと大げさですが、こういうメカニズムによって…ということですね。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP