審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

おまとめローンで一本化

クレジットカードのリボ払いも、大口ローンで整理できる?銀行と消費者金融の比較

032

クレジットカードのリボ払いも、返済計画再編を支援する融資で返済計画を再編できます。まとめると―。

  • リボ払いだけでなく、分割払いでもOK
  • クレジットカードでなく、普通の買い物の分割払いなどもOK
  • 返済計画再編を支援する融資は、すべての借り入れを再編できる

ということです。もちろん、この「返済計画を再編できる」というのは、あくまで審査に通った場合です。審査に通らなければ一本化はできないので、注意してください。

リボ払いの金利はどのくらい?

クレジットカードのリボ払いの金利は―。

  • ショッピング枠…実質年率15%
  • キャッシング枠…実質年率18%

ということが多いです。借入金額やクレジット会社によっても違いますが、大体このくらいの基準と思ってください。

特にキャッシングでリボ払いを利用している場合は、ぜひ返済計画再編を支援する融資で返済計画を再編するべきです。金利が18%から大体15%になるからです。

どこの返済計画再編を支援する融資だったら15%になるか

これは、消費者金融の場合アイフルの「おまとめMAX」です。おまとめMAXは上限金利が15.0%なので、100万円未満の大口利用総額でも15%の金利が適用されます。

これに対して、プロミス・アコムの返済計画再編を支援する融資はそれぞれ、上限金利が、下のようになっています。

プロミス 17.8%(実質年率 *上限金利のみ記載)
アコム 18.0%(実質年率)

というように、「通常のキャッシングと同じ金利」なんですね。つまり、クレジットカードのキャッシング枠をこれで返済計画を再編したとしても、金利は変わらないということです。

ショッピング枠だったら、まとめても意味がない?

これは意味があります。確かに現時点の借り入れが「クレジットカードのショッピング枠だけ」という場合は、まとめる意味はないでしょう。

(複数のクレジットカードで借りていたとしても、です)

しかし、「他に消費者金融でも借りている」という場合は意味があります。消費者金融の借り入れとクレジットカードのショッピング枠の借り入れを合算することで―。

  • 一箇所での借入総額が大きくなる
  • 一箇所でたくさん借りるほど、金利が安くなる
  • だから、消費者金融の方の金利も安くなる

ということです。何にしても「合算すれば金利が下がる」というのは、キャッシングやクレジットカードの基本なのです。

ということで、特に他で消費者金融の借り入れがある場合は、「クレカのショッピング枠を返済計画を再編する」意味は大きいので、そうした方はぜひ検討してみてください。

クレジットカードのリボ払いは、絶対にやめるべき

クレジットカードの支払い方法(返済方式)を、リボ払いにしている人は多いでしょう。結論を言うと、クレジットカードのリボ払いは絶対にやめるべきです。理由は下の通りです。

  • 支払いをどんどん先延ばしにできるため、借金している感覚が薄れる
  • 返済期間が長くなるため、利息が利息を呼び、元本がいつまでも減らない

ということです。

  • 前者の理由…精神的なもの
  • 後者の理由…物理的なもの

ということですね。どちらにしても、クレジットカードで破産する人のほとんどは「リボ払い」を設定しているものです。一括払い・分割払いにしていた人がクレジットカードで破産したという話は、あまり聞きません。

参考:クレジットカードおすすめ比較隊 | ランキング・還元率でクレカ調査!

一本化は、消費者金融と銀行カードローンどっちがいい?

借り入れを再編する場合、消費者金融の返済計画再編を支援する融資でするのと、銀行カードローンでするのとどちらがいいか―。結論は下の通りです。

  • 借入総額が150万円以下の時…銀行カードローン
  • 150万円以上の時…消費者金融

という風です。つまり、借入総額が―。

  • 大きい時…消費者金融
  • 小さい時…銀行カードローン

という違いですね。なぜこう言えるのか。

総額300万円の時の適用金利で比較する

アコム・プロミスの返済計画再編を支援する融資は、どちらも最高限度額が300万円です。ということは「300万円の大口利用総額だったら、下限金利が適用される」ということ。で、その下限金利を見ると―。

  • プロミス…6.3%
  • アコム…7.7%

となっています。これを銀行カードローンの「300万円」の時の設定金利と比較すると―。

  • 三菱東京UFJ銀行…7.6%
  • オリックス銀行…9.4%
  • イオン銀行…7.8%
  • 楽天銀行…8.7%
  • みずほ銀行…7.0%

という風に、ほとんどの銀行カードローンよりも、アコム・プロミスの方が低金利になっているのです。アコムは―。

  • アコム…7.7%
  • 三菱東京UFJ銀行…7.6%
  • みずほ銀行…7.0%

ということで、この2つの銀行には負けています。しかし、プロミスは全部の銀行カードローンに勝っているんですね。

つまり、アコムはともかく、プロミスの返済計画再編を支援する融資で借りる場合は、銀行カードローンで借りるよりも、断然低金利ということです。

300万円以下の借金総額の場合は…

これが「200万円」などのもっと小さい金額になると、どうなるかはわかりません。何しろ、プロミス・アコムは上限金利が、それぞれ「17.8%、18%」です。

これは100万円以下の時の金利なので、200万円でもこの時の金利の高さがある程度持続しているでしょう。そう考えると、200万円の時は、銀行カードローンとプロミス・アコムはほぼ互角と言えるかも知れません。

150万円以下だったら、銀行カードローンが確実にいい

これがもっと借入総額が小さくなり「150万円以下」になったら、銀行カードローンの方が断然良いです。

まずアコム・プロミスの上限金利については、先に書いた通りです。そして、上限金利が安いアイフルの返済計画再編を支援する融資でも「15.0%」なんですね。

これに対して銀行カードローンの金利は、上限金利の平均が「14.5%」です。ということで、アイフルのおまとめMAXの場合も、銀行カードローンの金利には届かないんですね。

100万円以下の時はこのように確実に銀行カードローンの方が低金利なので、それがしばらく続いて、150万円でも、銀行カードローンが安いでしょう。

これが200万円あたりになるとプロミス・アコムが同じくらいの金利になって、300万円近くになると、アコム・プロミスの方が低金利になる…という流れです。

ちなみに、ここまで書いた金利と借入総額の関係は「絶対に誰でもこうなるfわけではないので、その点は注意してください。その人のクレジットスコア・信用度によって、適用金利が下がったり上がったりすることは、しばしばあります。


以上、クレジットカードのリボ払いも返済計画再編を支援する融資で返済計画を再編できる、ということ。その際、キャッシング総額に合わせて消費者金融・銀行カードローンのどちらで返済計画を再編するべきかをまとめました。

クレジットカードでの借り入れが貯まっている方など、参考にしていただけたら幸いです。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP