即日融資!カードローン

アコムは必ず即日キャッシングできる?審査通過の条件や申込み時間は?

af9940093689l

アコムなら、必ず即日キャッシングができるか―。当然ながら「必ず借りられる」ということはありません。

  • 審査自体、通らないこともある
  • 審査通過はできても、即日借入には間に合わないこともある

という2つの理由からです。「2つの理由」などとかしこまって言うまでもないことかも知れませんが、以下、アコムの最短即日借入についてまとめていきます。

アコムの審査通過の条件は?

アコムのキャッシング審査に通る貯めの条件。これは下のようになります。

  • 自分の収入がある
  • 年齢が20才以上
  • 他社借入件数が2件まで
  • 他社借入総額が、年収の3分の1に達していない
  • ブラックリスト入りしていない
  • この半年間で、アコムに審査申込みをしていない

という風です。以下、詳しくまとめていきます。

自分の安定収入がある

まず、これはアコムに限らず全ての消費者金融に共通していることですが、自分の安定収入があるということが、審査通過の絶対条件となっています。つまり、下のような職業・属性の人は、アコムではキャッシングできないということです。

  • 無収入の専業主婦
  • 無職・ニート
  • 失業者
  • 求職者

という風です。求職者については今からパート・アルバイトを何かしら始めれば去年の年収がある以上、収入は十分あると判断してもらえます。キャッシングの審査の年収というのは「昨年度の年収」で計算するからです。

なので、現時点で無職ということが悪いだけであって、失業者・求職者の方などは、新しいアルバイト・パートを見つけて「フリーター」という肩書を手に入れれば、「仕事はある」「年収も申告できる」ということで、アコムも含めた、すべての消費者金融の借入資格を満たすことができます。

もちろん、あくまで「申込資格をクリアした」というだけであって、それで審査を通過できるというわけではありません。(もちろん、、通過できる人はできますが、できない人もいるということです)

専業主婦も、パート・アルバイトを始めればいい?

同じ論理から行くと、収入がない専業主婦でもアルバイト・パートなどを今から始めれば、アコムでの借入資格ができる…ということになります。しかし、これは難しいです。最低でも3ヶ月は勤続月数がないと、アコムの審査は通らないと考えて下さい。アコム以外の消費者金融でも、あるいは銀行カードローンやクレジット会社でも、「最低でも、今の職場で3ヶ月は連続して勤務していること」というのが、キャッシングの審査を通過する絶対条件となっています。いや「絶対条件」というと言い過ぎですが、かなりの確率で、このくらいの条件は満たしていないといけない…というのが、暗黙のルールに近いものになっています。

なぜ、勤続3ヶ月が必要なのか

これは一般的な常識でもわかると思いますが、まだ3ヶ月も勤務していない人は、無職と同じだからです。たとえばその職場が「入るだけでも相当難しい」という勤務先だったら、話は別です。たとえば、リクルート・トヨタ自動車・電通・ソニー・パナソニック…というような名門企業だったら、特に正社員として入るのは「相当難しい」ので、それだったら「勤続3ヶ月ない人」でも、ある程度信用されるでしょう。

(といっても、これらの一流企業でも辞める人はすぐやめるので、やはり勤続3ヶ月内という時点で、キャッシングの審査での信用度はかなり落ちる…というのは確かです)

公務員だったら、3ヶ月未満の勤続月数でも、かなり信用されます。まずクビになることはないですし、公務員になるような人というのは、大体退職しないからです。別に統計があるわけではありませんが、これは日常生活の感覚で何となくわかると思います。

ということで、勤務先や職業によっては必ずしも勤続月数が3ヶ月必要というわけではありません。しかし、かなりの割合で、3ヶ月は勤続していないとアコムのキャッシング審査も、その他の借入審査も通過できない…と思ってください。

夫・旦那の収入で借りることはできないのか?

専業主婦のキャッシングだと「夫・旦那の収入で審査通過することはできないか?」という考えも浮かぶでしょう。実は、貸金業法には配偶者貸付というルールがあって、アコムでも法律的には、それを使えば審査通過できるようになっています。ただ、これはあくまで「法律的」な話であって、アコムは配偶者貸付を採用していないので、今後採用しない限りは、アコムでは無収入の専業主婦は借入不可…というのは変わりません。

(他の大手の消費者金融も同様の現状ですが、おそらく今後も、配偶者貸付が導入されることはないでしょう)

配偶者貸付とは何か?

配偶者貸付というのは、夫婦の年収を合計して計算して、その3分の1の金額までキャッシングできるようにするというシステムです。つまり、

  • 女性が働いている
  • 男性が主夫をしている

というパターンでも、もちろんOKです。でも、大抵の場合は女性の方が専業主婦なので、大体配偶者貸付というのは「自分の収入がない専業主婦のためのルール」として認識されています。

要は夫・旦那の収入の3分の1まで、キャッシングできるということです。もちろん、夫・旦那がすでに内緒でキャッシングをしていて、その借入可能な枠が減っていたら、それに応じて、専業主婦のキャッシングできる金額も減ります。ただ、何にしてもこういうシステムによって、法律的には、専業主婦でも消費者金融で借り入れすることができます…というわけです。

アコムはなぜ、配偶者貸付を採用しないのか?

これは企業の方針なので、まったくわかりません。ただ、確かなことはアコムだけではなく、他の大手の消費者金融もすべて、配偶者貸付は採用していないということです。配偶者貸付によって無収入の専業主婦にも融資をしているのは、中小の消費者金融だけです。

おそらく、アコムのような大企業になると、わざわざ専業主婦にキャッシングをしなくても、パート・アルバイト・フリーターの方々や会社員・OL・公務員の方々で、借りたいという人が山のようにいるので、それで十分間に合っている…ということだと思います。

また、アコムは三菱東京UFJ銀行系のグループであり、無収入の専業主婦に対する融資は、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」がやっています。そのため、そちらで融資しているから問題ないし、むしろバンクイックとかぶらない方がいい…ということかも知れません。

消費者金融は少しでも破産者を出すと、叩かれる

もう一つ、貸金業法改正の歴史などを見ていると、消費者金融は少しでも貸し倒れを出すと、社会的に叩かれるという点が指摘できます。消費者金融やサラ金の問題がクローズアップされた頃も、メディアで言われるような問題は、ごくごく一部の利用者の間でしか起きていませんでした。

中には、本当に困窮していた、やむを得ない事情を抱えていた方もいますが、消費者金融で借りて自己破産に陥る人の大部分は、浪費・ギャンブル・ろくに勉強しない投資・不摂生による病気・悪質な勤務態度によるリストラ…などの問題によって、返済不能になった方が多いのです。

もちろん、本当にやむを得ない事情によって、生活が苦しくなってしまった方もいます。しかし、そうした方は行政の理解も得られるので、大抵は生活保護などを受けて、そちらで生活を再建しているんですね。消費者金融で返済不能になって問題になった方々というのは、「借り手にも、相当な原因があった」ということが多いのです。

それでも、日本人は「お金を持っている人間の方が悪人」という価値観を持っているので、常に消費者金融が叩かれてきたということですね。つまり、大部分の人が問題なく利用していようと、わずかでも、借り手が悪かったことでも、借入超過者や多重債務者を出してしまったら、すべて消費者金融の責任にされるというのが、日本の状況なのです。

(そこまで行かなくても、それに近い雰囲気はあります)

そのため、消費者金融も収入がない専業主婦のような「貸倒リスクがある人」に対しては、融資を徹底的に慎重にしないといけないわけですね。徹底した結果「融資不可」となったのだと推測します。

実際、自分の収入がある男性は、離婚しても生きていけます。しかし、自分の収入がない専業主婦の女性が離婚したら、相当な慰謝料をもらわない限り、その日から路頭に迷うということもありえるわけですからね。

なので、少しでも多重債務者・借入超過者差を出してはいけない消費者金融にとって、「このようなレアケースであろうと、破産のリスクがある専業主婦に対しては、融資はできない」ということになる…のだと推測します。あくまで私の推測ではありますが、とにかく、アコムも含めて、消費者金融では専業主婦がお金を借りることはできないのです。

無職・ニートは、親の収入で借りられる?

専業主婦が夫・旦那の収入で借りられない以上、もう結論はわかると思いますが、ニート・無職の方々が、親の収入によってアコムでキャッシングするということはできません。もちろん、アコムだけでなくどの消費者金融でもできません。アイフルでもプロミスでもモビット・ノーローンでも同じです。

そもそも、これはキャッシング審査を通過したいという全ての人に言えることですが、キャッシングの審査というのは、借り入れをしたらゴールではないんですね。「完済してこそのゴール」であって、借りた後はどうやって返済していくのかを、考えないといけないのです。

無職・ニートの方々の場合、その立場で「お金を借りたい」と思う事自体が、まず危険なんですね。現時点ですでにお金が足りていないのに、さらにそこに「毎月の返済」まで加わったら、どうやてやりくりしていくのか…という話です。

当然、何らかの仕事をしないといけないでしょう。「だから、借り入れができたら、その後仕事を探すよ」という方もいるかも知れません。

しかし、アコムにしてもその他のキャッシング会社にしても、基本的に申込者のこういう「計画」は信用しないんですね。別に消費者金融やキャッシングに限らず、株式投資でも何でも、金融の世界というのは、あまり人間を信用してはいけないのです。人間不信というわけではなく、「心」とか「夢」という曖昧なものに頼るのではなく「この人物は、本心はともあれ、実際にこういう行動をとっている。とってきた」という「実績・現実・事実」を最重視するんですね。

別にこれは金融の世界だけではありません。仏教の禅宗でも「外相整えば、内相自ずから整う」という言葉があります。これは「行動や服装などの外見が整っていれば、心も自ずから整う」というものです。つまり「本心などどうでもいい」ということです。

つまり、そのニート・無職の人が、本当に借りた後まじめに働いて返済するつもりでいるなら「もう仕事を始めている」はずなんですね。勤続3ヶ月は無理でも、少なくとも「新しい職場で働き始めている」くらいのことは、しているはずなのです。

それをしていないということは「返したい。必ず返済する」という本心が「ない」ということなんですね。口ではいくら「しっかり返済します」「仕事もします」と言ったとしても、「現時点で何もしていないなら、その言葉は全部ウソ」ということなのです。

これは「起業したい」という意識高い系の男性なども、同じかも知れません。何はともあれ、消費者金融の審査に限らず、無職・ニートの方々の審査基準に限らず、人間というのは現実にやっていること、やってきたことが全てなのです。『堕落論』で有名な、戦前戦後を代表する作家である坂口安吾は、「人間は、詩を愛することではなく、現実を愛することから始めなければいけない」という格言を残しています。消費者金融・銀行カードローンなどの金融機関が人間を判断する時の基準がまさにそれで「夢とか愛とか語る前に、この人は現実を見据えて生きてきたのか」ということなのです。

価値観は人それぞれだと思いますが、「現実に、お金がなくなって借金が必要になった」「それはなぜだろう」ということは、ニート・無職の方々に限らず、夢や理想を追っていてお金がなくなったという方は、よく考えるべきでしょう。

(実は私も昔はイラストレーターだったので、夢とかやりがいを追って貧乏になった方の気持ちは、物理的にわかりやすい立場にいるつもりです。その上で書くとと、やはり坂口安吾の言うとおり「まずは現実=生活の基盤=お金」だと思っています。お金と人の心の豊かさは、相反するものではないと思っています)

年齢が20才以上であることが必須

なぜか無職・ニートの方々の話が長くなりました。話をアコムの審査に戻すと、年齢が20才以上である(未成年・10代でない)ということは絶対条件となっています。月収や勤続月数などについては「この数字が絶対」という条件はなかなかないのですが、この年令についてはもう完全に「絶対的な条件」と思って下さい。

法律的には、20才未満でも融資していいのだが…

少々意外かも知れませんが、実はアコムなどの消費者金融を管理する「貸金業法」という法律では、未成年・10代・20才未満に対する融資は、別に禁止されていないんですね。実際、クレジットカードのキャッシングも「貸金業法」で管理されていますが、こちらは特に、学生向けのクレジットカードなどで、18才・19才でも、5万円~10万円程度の少額をキャッシングできる…という風になっています。

これを見ても「法律的には、18才以上であれば、キャッシングをしてもいい」ということがわかります。でも、大手の消費者金融・銀行カードローンは基本的に「20才未満には融資しない」という方針を貫いているわけですね。

なぜ未成年・10代に融資しないのか?

この理由はあくまで私の推測ですが、「未成年者の契約取消権」という「民法第5条第1項」に記されている条文が、理由ではないかと思われます。

未成年者の契約取消権とは何かというと、「未成年者が、親権者の同意書なしで締結した契約は、合法的に破棄できる」という内容です。つまり、これがキャッシングだったら「踏み倒していい」というのと、同義語です。

しかし逆に言えば「親権者の同意書があれば、その契約は成立する」ということですから、アコムなどの消費者金融が審査する時でも、「未成年・10代の若者は、親権者の同意が必須」という条件にすればいいわけです。しかし、なぜそれをしないのか―。

コスト・手間がかかる割に、利益が小さい

当然ですが、親権者の同意書を提出させるというのは、申込者も大変ですが、チェックする側はもっと大変です。「別に1通提出書類が増えるだけじゃん」と思われるかも知れませんが、それが毎日毎日、膨大に送られて来るのが、アコムのような大手の消費者金融なのです。

これは「スーパーのレジ」を思い出していただけばわかるでしょう。スーパーのレジでお客さんを捌くなど、それこそ簡単なような気がします。しかし、実際には一部の売れていないスーパーを除き、大抵はレジの雨で行列ができている…というのが普通でしょう。

ツイッターで、ある経営者の方のご夫人が「割引なしでいいので、優先的にレジを通して欲しい」という発言をされて、それが炎上した…という出来事がありました。こうした方が行くような「割と高給なスーパー」(多分、成城石井など)でもそれだけ順番待ちをするわけですから、おそらく日本全体どこのスーパーでも、状況は似たようなものでしょう。

ということで、「一見簡単に見える作業でも、実際はどの職場でも大変」なのです。これは皆さんが「自分の仕事」を思い出していただければ、すぐにわかるはずです。「あと少し、何か手間が増えるだけでも嫌だ」「嫌というより、物理的にやっていられない」という方がほとんどだと思います。(そうでない人は、かなり恵まれた職場で働いているのでしょう)

という風に、「親権者の同意書をチェックする」というのも、アコムなどの大企業になると、「全体では、相当な労力」になるのです。そして、労力がかかる以上、それにスタッフさんの時間がとられているので「人件費」がかかっています。

人件費というお金がかかったなら、それはお金で回収しなければいけません。つまり、それだけ「融資総額が増える」「申込者が増える」ということがないといけないのですが、それは未成年の融資の場合、ないんですね。その理由を説明します。

2つの理由で、売上が増えない

未成年のキャッシングの場合、下の2つの理由によって、売上の増加が期待できません。

  • 一人あたりの融資粗相が小さい
  • 借入可能にしても、申込者は増えない

ということです。まず前者はわかるでしょう。学生どころか未成年・10代・20才未満ということで、一人あたりに融資できる金額が、きわめて小さくなるわけです。先ほどクレジットカードの例を書きましたが、これも「5万円~10万円」というような、雀の涙のような金額です。

(クレジットカードはキャッシングとは別に「ショッピング枠」を30万円程度与えているので、そっちで融資総額を増やせるわけですね)

消費者金融では「5万円」というのは、最小の借入枠にもなりません。最小でも「10万円」からスタートするので、とてもクレジットカードのような少額のキャッシングでは、採算がとれないわけです(そもそも、10万円でも全然採算がとれないと言われています。これは、将来的に利用してもらうためのお試しサービスに近いものだと思うべきでしょう)

というような理由で、20才未満・未成年・10代がキャッシングできるようにしても、あまりにも少額なので、コストを回収できないというわけです。そして、もう一つの理由も重大です。

親バレが必至なので、未成年の申し込みは増えない

これが致命的なのですが、そもそも親権者の同意書が必須ということは、必ず親バレするということ。そして、この条件だとほとんどの20才未満・未成年・10代の若者は、キャッシングの審査に申し込みをしてこないのです。

これは何となく想像がつくでしょう。現時点でこの年令でない人でも、自分が若かった頃を想像すれば、親からキャッシングの許可をもらうなんて、絶対にいやだし、そもそも無理ということがほとんどだと思います。仮に許可をお願いするのが平気だったとしても、許可する親など、ほとんどいないでしょう。

というわけで、仮に「親権者の同意を提出すれば借入可能」という条件にしたとしても、それで10代・未成年の若者が申し込んで来る…ということはないわけですね。多少増えたとしても、微々たるものなわけです。

「いや、申し込んで来ないなら、審査の手間・コストもかからないんだから、別にいいじゃん」と思う人もいるかもしれません。しかし、

  • 親権者の同意書のチェックに関する、マニュアルは制作しなければいけない
  • それを、職員全員に覚えさせないといけない

ということで、仮に申し込みがゼロだったとしても「審査を受け付ける体制を整える」というだけで、もうコスト・手間がかかっているわけです。なので「申込者が増えないなら、コストも増えない」というのは、そう思う理由はわかりますが、残念ながら間違いなんですね。

未成年への融資は、世間の目が厳しい

さらにいうと、20才未満・未成年・10代のような若年層に対して融資する場合、それで返済不能になったら、なぜか融資した側が叩かれるというおかしな構図が、今の日本にはあります。どう考えても、

  • 本人が借りたいと言った
  • 親権者の同意書もあるのだから、親も認めている

という状態だったら、返済不能になっても、悪いのは明らかに「借りた側」であるはずです。「まだ若いんだから仕方がない」というのであれば「もう若くない、親が責任を負う」べきでしょう。(そのための親権者の同意書なわけですから)

しかし、日本という国ではなぜかこういう論理が通用しないんですね。何でも「感情」で議論する人が多いし、メディアもそれに合わせて「売れる記事」を書くので、こういうケースでは必ず「消費者金融の側が、悪者になる」と決まっているわけです。

つまり、親権者の同意書を提出させるという条件で、未成年・10代に融資したとしても、結局利益にならないどころか、社会的な批判(不当な批判)を浴びるリスクもあるということなのです。こうして考えると、大手の消費者金融・銀行カードローンが、未成年に対して融資しないのは当たり前、ということがよくわかるでしょう。


…という、貸金業に関する議論や、背景の話はさておき、アコムでもその他の消費者金融でも「20才以上でなければ借りられない」という審査条件になっていますから、まだ18才・19才の人は、アコムでのキャッシングは諦めて下さい。

3件以上借り入れがあると、融資不可

これもアコムだけでなく、大手の消費者金融で共通するルールとなっていますが、他社借入件数がすでに3件に到達している方は、アコムでは借入不可となっています。

これは大手の消費者金融が自主的に取り決めた「3件ルール」という自主規制で、簡単に書くと「4件目からの借り入れは、ほぼ確実に審査に通らない」という風になっています。

これは貸金業法・銀行法などの法律で決まっているわけではありませんから、たとえば中小の消費者金融などで、このルールに反して4件目の融資をする…ということはあります。また、大手の消費者金融でも、たとえば「他の3件の借入総額が少ない」という場合など、例外的に4件目として融資する…ということもあります。

(ただ、基本的にそれはめったにないと考えて下さい。)

ということで、現時点で消費者金融での借り入れが3件以上ある人は、アコムで審査申込みをしても通らない可能性が高いです。諦めて日払いのアルバイトなどの仕事で資金調達をするか、不要品の売却などでお金を用意するか、あるいは親兄弟などから借りるか、その用事自体を断る…というような選択肢を考えて下さい。

借り入れの一本化をすれば、審査に通る?

借入総額が多いのが問題なら、先に多重債務の一本化をして、それからアコムの審査を受ければ審査に通るのではないか…と思う人もいるかも知れません。確かにそれだったら可能性はあります。

ただ、それでもおまとめローンの直後のアコムに申し込むと、何で一本化したのに、すぐにまた追加借入をするのだろうという疑問は持たれます。実際、何のためにするのか考えると、少々まともな理由が、すぐには思いつきません。

こういうことをする人は、大抵「キャッシングのためのキャッシング」になってしまっているので、やはり借りられたとしても、あまりプラスにはならないでしょう。そのようにして「以下に消費者金融・銀行カードローンからお金を借りるか」ということばかり考えるようになるのは、多重債務者・借入超過者差への入り口と言ってもいいものです。

ということで、「借金の一本化をしてすぐ、アコムなどの消費者金融で審査の申し込みをする」というのはおすすめできません。しかし、半年程度、期間を明けてから申し込むというのであれば、いいかと思います。

借金の一本化自体は、した方がいい

借り入れの一本化をしてすぐに、アコムなどの新しい借入審査に申し込む…というのは、前述の通りあまりおすすめできません。しかし、多重債務の一本化自体はしておいた方がいいでしょう。

というのは、おまとめローンによって借り入れの一本化をすることには、下のようなメリットがあるからです。

  • 借入総額が100万円を超える場合は、低金利になる
  • 消費者金融の借り入れを銀行カードローンでまとめると、低金利になる
  • 返済にかかる手間・手数料が減る、なくなる
  • 精神的に落ち着く

などなど。これらのメリットについても解説していきましょう。

100万円を超えるキャッシング総額だと、低金利になる

多重債務を抱える人というのは、大体消費者金融から借りているはずです。銀行カードローンで多重債務になる人というのは、あまり聞いたことがありません。

で、消費者金融の金利というのは、借入総額が100万円を超えた時から低金利になるようにできているわけですね。これは各社のサービスがそういうシステムになっているということではなく、利息制限法という法律によって決まっているのです。100万円までは「実質年率18%」が法定上限金利ですが、借入総額が100万円を超えてからは「実質年率15%」が法定上限金利になる…ということですね。

というわけで、もし現時点の多重債務の借入総額が100万円をオーバーしているようであれば、これは借金の一本化をすることによって、低金利にできるわけです。

また、「現時点での借入総額が100万円未満でも、低金利になる」おまとめローンのやり方もあります。

銀行カードローンに借り換えるなら、低金利になる

たとえば多重債務の全ての借入先が消費者金融だったとして、それを全部「銀行カードローンに借り換える」というだけでも、それで低金利になります。言うまでもなく、銀行カードローンの方が消費者金融より、通常の金利がすでに安いからです。

ということで、銀行カードローンにはおまとめローンとか借り換えローンという専用のコース・プランはないのですが、それでも「普通の銀行カードローンに乗り換える」というだけで、十分低金利になるわけですね。銀行カードローンはもともと総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える借り入れをすることにも、まったく問題はありません。

というわけで、もし銀行カードローンの審査に通るだけのクレジットスコア(信用度)があれば…という話ですが、そのように銀行カードローンで借りられるのであれば、それは借り入れの一本化のやり方としても、ベターなものの一つです。

返済にかかる手間・手数料がなくなる

多重債務を抱えているということは、それぞれの借入先に対する返済で、余計な時間もかかりますし、ATMの利用手数料なども費用もかかります。しかし、借り入れの一本化によって返済する先が一つに絞られることにより、こうした手数料・手間がなくなる…というわけです。

ATMの利用手数料は、キャッシングの場合大体1回当たり100~200円という金額になっています。これに消費税がかかるので、108円などの金額になりますが、何はともあれ、これが例えば月に4件あったら、それだけで「毎月450円」を無駄にしている…ということなのです。

毎月450円ということは、1年で5400円ということです。普段五千円札をなくしたら誰でも軽くショックを受けるでしょうが、それと同じことをやっている…というわけですね。

「5000円を無駄にした」「ムダな買い物をした」というならまだわかりますが、このATMの利用手数料の5000円というのは、「何かを買い物したわけでもなく、利息でもなく、ただATMに吸い込まれただけ」のお金ですからね。そう考えると、キャッシングの返済に関わらず「ATMの利用を頻繁にする」ことが、いかにロスの多い行為かわかるでしょう。

(もちろん、時給の高い人であれば、その時給…というより分給を考慮して、最寄りのATMをすぐに使うべきだとは思いますが)


何はともあれ、このようなたくさんのメリットがあるので、アコムのキャッシング審査に申し込むかどうかは置いておき、現時点で他社借入件数が多い人が、おまとめローンによって借金の一本化をする…というのは、非常にいいことだと思います。

なので、特にすでに他社借入件数が3件を超えているという方は、特におまとめローンによる多重債務の一本化を検討してみて下さい。

借入総額が年収の3分の1に達していたらNG

これもアコムに限った話ではなく、全ての大手の消費者金融に言えることですが、現時点のキャッシング総額が年収の3分の1に達している人、あるいは近づいている人は、追加借入ができないようになっています。つまり、そうした人は、アコムの審査も通過できないということです。

これは金融庁が定めた、貸金業法の総量規制というルールによるもので、年収の3分の1以上のキャッシングはできないということが、法律によって決められている…というわけですね。

実際には「借りてはいけない」というのではなく「融資してはいけない」ということで、貸付けする消費者金融・銀行カードローンの側を規制した法律です。ただ、借りる側からしたら「要するに、年収の3分の1以上借りられない」という意味なので、その意味で使われています。

で、そのように法律的なラインに引っかかっている以上、そうした方の場合は、もうアコムでもどこでも、審査に通ることはできません。もしこの状態でも融資してくれるというキャッシング業者があったら、それは貸金業法を無視しているキャッシング業者=ヤミ金ということなので、絶対に借りてはいけません。ヤミ金でなかったとしても、法律違反をしている以上、立派な違法業者・悪徳業者なわけです。

クレジットカードのショッピングは、含まれる?

この「他社借入総額」ですが、これにはクレジットカードのショッピングは含みません。その他、下の借り入れなどもすべて含まれません。

  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • 旅行ローン
  • 奨学金
  • 分割払い

というようなものですね。基本的に真面目な借り入れは大体、他社借入総額に含まれないと思っていただいて大丈夫です。

より正確に書くと、「貸金業法によって管理される借り入れ」の金額を含むわけですね。たとえばクレジットカードについていうと、

  • キャッシング機能…貸金業法
  • ショッピング機能…割賦販売法

という風に管理する法律が違っているので、クレジットカードのキャッシングは借入総額に含むけど、ショッピング枠は含まないというふうになるわけです。

ブラックリスト入りしていないことが条件

これは当たり前すぎるくらい当たり前すぎて、書くまでもないことかも知れませんが、いわゆるブラックリストに入っている人は、アコムでもどこでも、資金の借入審査には通らないと思って下さい。

もちろん、期限…いわゆる「喪明け」はあります。そのブラックリストに該当する返済トラブルを起こしてから、5年~10年後…という少々長い期間ですが、これだけの時間が経過した人であれば、アコムでも、その他の銀行カードローン・消費者金融でも、キャッシング審査に通る可能性はあります。

ただ、ブラックリストに入ってしまったということは、その期間はクレジットカードの使用なども基本的にないわけです。ブラックリスト入りした内容によっては、現時点で保有しているクレジットカードも普通に使えるので、その場合はその利用実績が残っています。なので、こうした人の場合は大丈夫なのですが…。

そうでない人は「スーパーホワイト」になる

スーパーホワイトとは、文字通り「超真っ白」ということです。何が超真っ白
なのかと言うと、個人信用情報に、その5年~10年の記録が、何も残っていないということですね。綺麗過ぎるくらい、綺麗…ということです。

これは、実際に自分で個人信用情報を開示請求してみるとよくわかります。真っ白なのは明らかに不気味です。私はクレジットカードをじゃんじゃん使っていて、一応ここ数年は延滞・滞納をしていない(実は数日したのだけど、個人信用情報では記録されていなかった)ので、「ドルマーク」(予定通り返済したという意味)がずらりと並んでいて、我ながら「気持ちいい」と思いました(笑)。通信簿のような感じですね。本当に懐かしい感覚でした。

で、これがまったくないというのは、やはり変です。私も個人信用情報を取り寄せるまでは「別に、クレジットカードとかと無縁の生活をしてても、悪いことはないじゃん」と思っていたのですが、ある程度の年齢で、個人信用情報が真っ白というのは、「どこか、世間離れしている人」という印象を受けます。「何となく、普通の人じゃない」ということです。

もちろん、普通の人でないのは、いいことでもあります。それだけ律儀なのかもしれないし、あるいはお金がありすぎて、クレジットカードやキャッシングなどに一切頼る必要がない…ということなのかもしれません。あるいは、ただのこだわりとか。

ただ、何にしても、消費者金融やクレジットカードの審査では、普通でない人は警戒するというのがセオリーなのです。これはたとえば恋人選びでもそうでしょう。女性が男性を選ぶ時だったらともかく、男性が女性を選ぶ時は、なんだかんだいって「普通の人」を選んでいるはずです。顔の話ではなく、生き方とか価値観ですね。いわゆる「変人」を恋人にしたい…という人は少ないはずです。

恋愛ですらそうなのですから、お金や社員の生活がかかっている消費者金融・銀行カードローンの現場では「少しでも怪しい要素がある人は、警戒する」というのが基本なんですね。別に人間不信というわけではないのですが、特に消費者金融の世界は「性悪説でないとやっていけない」と言われている業界です。

なので、スーパーホワイトという「普通でない人」はこれはこれで警戒されるわけです。その状態を脱するには、マルイのエポスカードなどの「ハウスカード」を作り、それによってクレジットヒストリーを蓄積していって、スーパーホワイトを脱出する…というのがいいでしょう。

*ハウスカード…特定の会社・ショップのサービスでしか使えないカード。借金という意味ではクレジットカードに近いが、利用できる範囲が限られているので、審査は極めて通りやすい。

半年以内に、アコムで審査申込みをしていないこと

これはあまり知られていないルールかも知れませんが、以前にアコムで審査申込みをしてから、半年経っていない人だと、審査に通らないことが多いです。絶対に審査に通らないということはないのですが、基本的に一度審査落ちした場合は、半年間はその業者・銀行では審査通過できない…というルールが指摘されています。

実際、大手の消費者金融の公式サイトでも「半年以内に申し込みをされた方は、受付できません」と書かれていることがあり、アコムもその審査基準で動いている可能性は高いと思われます。

半年では信用度(クレジットスコア)は変わらない

そもそも、このルールが仮になかったとしても、半年前に審査落ちしたということは、その時点ではアコムの審査を通るのに必要な信用度(クレジットスコア)がなかった、到達していなかった…ということなのです。

そして、そういう状態から半年以内に、審査を通過できるだけの信用度(クレジットスコア)に一気に上がる…ということは、まずあり得ないわけです。半年間で一気に年収が増えるということは、たとえば個人事業主・会社経営者の方が、年度をまたいで確定申告をして、昨年度年収から、今年の年収が一気に増えた…というようなケースでなければ、なかなかないですからね。

他社借入総額を一気に減らした場合は別

例外的に「半年間でも一気に信用度(クレジットスコア)が変わる」ケースとして、たとえば以前は他社借入総額がたくさんあったけど、この半年間でほぼ完済したというような状態があげられます。ほぼ完済しなくてもいいのですが、かなり借入総額を減らした…というだけでも、信用度(クレジットスコア)はかなり高くなります。

ただ、その場合はその場合で、「何で完済に近づいたのに、また新しくキャッシングをするのか」という疑問は残ります。別にアコムにしてもその他の消費者金融・銀行カードローンにしても、自社の売上が増えるという点では利益なのですが、誰でもこれは気になる所でしょう。

場合によっては、その人の過去のクレジットヒストリーを見て、「反社会勢力などとのつながりがあって、借りまくって返済せずに逃げるなど、何か企んでいるかも知れない」ということが、警戒されることもあります。

もちろん、普通の生活を知っている人だったらそんな痕跡はないので、そのような疑いをかけられることはないと思いますが、「実はそうした理由、あるいはそれに近い理由で、借金総額を減らしてから申し込みをしようと思っている」というような方は、それは審査で有利になるとは限らない…という点に注意してください。

(かなり例外的なケースについて書きましたが、基本的にこのようなことはないので、これを読むほとんどの人は、安心していただいて大丈夫です。)

審査申込みは何時までにすればいいのか?

アコムで最短即日借入をするには、何時までに審査の申し込みをしていればいいのか―。これは、大体19時~21時程度…と考えてください。どうしてこのような時間になるのか、箇条書きで説明します。

  • アコムの最短即日審査の受付時間が、22時までである
  • 審査は最短30分だが、融資の手続きまで入れると最短60分である
  • ということは、21時には遅くとも審査申込みが必要
  • 最短60分なので、もしかしたら3時間程度かかるかも知れない
  • 最長で3時間としたら、19時に申し込めば、ほぼ大丈夫

ということです。もちろん、この「ほぼ大丈夫」というのはあくまで私の推測です。19時までに審査申込みすれば、絶対に即日借入できるというわけではないので、当たり前かも知れませんが、その点は注意して下さい。

一番早い審査の申込方法は?

アコムで一番早く審査通過できる申込方法は何か―。これは言うまでもなく「ネット申込み」です。アコムのネット審査は、郵送・電話・来店すべてなしで、ネットのみで審査完了できる…という風になっています。

正確に説明すると、電話については、自分の携帯への確認電話や、勤務先への在籍確認の電話はあります。これはアコムに限った話ではなく、現代のキャッシング審査であれば、どの銀行カードローン・消費者金融でも同じです。

「確認電話があるのに、電話なしというのは?」と思う人もいるかも知れませんが、これは電話口で、あれこれ質問して審査することがないという意味です。つまり、在籍確認だったら「確かにその勤務先で働いている」ということだけわかればそれでOKですし、携帯電話に電話連絡をする場合でも、

  • この度は、お申し込みありがとうございます
  • ○○様の携帯電話で、お間違いないでしょうか

というような電話確認・本人確認をするだけ…ということですね。そして、後の具体的な審査の作業は、すべてネットで送信された情報や、提出された身分確認資料・所得証明書等によって行う…ということです。

アコムからの郵送物は、一切なしでOK

「ローンカードを無人契約機で発行する」という方法を選べば、アコムからの郵送物も一切なしで利用可能…という風になっています。無人契約機というのは、アコムがこの消費者金融の業界に流行らせたアイディア・イノベーションで「むじんくん」が、消費者金融全体の無人契約機の代名詞になったくらいです。

その他の呼び名として「ローン契約機・自動契約機・ローン申込機・契約ルーム・テレビ窓口・ACM」…というような別称もありますが、どれも大体同じ意味だと思ってください。

(契約ルームというのは、アイフルの独特の名称で、マシンがなく、デスクとスキャン・固定電話によって審査することから、この名前がついています)

と、自動契約機についての説明が長くなりましたが、こうした無人契約機・ローン契約機などでローンカードを発行すれば、ローンカードが後日郵送されてくるということもないわけですね。

そうすれば、郵送物なしでアコムでキャッシングできるというわけです。郵送物によって家族にキャッシングがバレる…ということはあまりないのですが、その人の家族構成や自宅の状況によっては、やはりアコムなどの消費者金融から郵送物が届くのは心配…という方もいるでしょう。そうした方は、アコムでキャッシングする場合は無人契約機(むじんくん)でカード発行をすればOK…と思っておいて下さい。

ネット申込みした後、自動契約機に行く方法

よくキャッシングの情報サイトに書かれているテクニックとして、下のようなものがあります。

  • まず、普通にネットで審査の申し込みをする
  • その後、本審査の続きを自動契約機でする

というものです。カード発行のためだけに無人契約機・ローン契約機に行くのではなく、あくまで本審査のために行くということですね。

自宅から、ネットで審査の申し込みをしたのに、なぜわざわざその後で無人契約機・自動契約機に行くのか…ということを、疑問に感じる人もいるかも知れません。この理由を説明していきましょう。

無人契約機の方が、優先的に審査される

実は、自宅での審査の申し込みよりも、自動契約機・無人契約機で審査の申し込みしている人の方が、優先的に審査される…という傾向があります。これはよく考えて見ると当たり前のことで、自宅で審査結果を待っている人は、その時間にやれることがたくさんあるわけです。しかし、ローン契約機・無人契約機・自動契約機にいる人の場合は、その間にやることが何もない…というわけですね。

アコムの場合、その待ち時間にどうなるのかわかりませんが、例えばプロミスの自動契約機だと「カードローンの使い方を説明するビデオ」が流れます。

これは少しでも利用者を退屈させないようにしようというプロミスの精一杯の配慮でしょう。実際「もっと面白いもの」をここで流しても、申込者によって好みもあるでしょうし、そもそも、消費者金融の自動契約機で映画やアニメなどを流す…というのは、少々不謹慎というか、逆に心配されてしまいます。

また、借入・返済のトラブルを防ぐために、正しい使い方などの情報を事前にビデオで伝える…というのも、もちろん、意義があることでしょう。ただ、多くの人にとって「まだ片付いていない仕事」とか「筋トレ」とかの方が、より有意義な時間の使い方である…というのは間違いないはずです。

ということで、自動契約機・無人契約機がいくらい最速で審査できる場所だとしても、すべての審査を無人契約機・ローン契約機の中でするというのは、時間の無駄が多いということなんですね。では、どうすればいいのか。

審査情報だけ、ネットで送信しておく

ということで、少し前の方に書いた「審査情報を、先にネットの申込みフォームから送信しておく」というやり方になるわけです。そうしたら、送信した直後からアコムで審査が始まっています。その間に、自動契約機・無人契約機に移動するわけです。

そして、到着するまでの間に、たとえば10分かかったとしたら、ただのネット申込みだと「最短30分」の所が、もっとはやく「最短20分」くらいで借りられるかもしれない…というわけです。先に書いた通り、ローン契約機で申し込んでいる人は、比較的、優先的に審査してもらえる可能性が高い…ということですね。

もちろん、あまり変わらないかも知れません。特にアコムの自動契約機・無人契約機が遠い場所にあって、そこに行くまでの間に審査が完了していると思われるという人は、このやり方をする必要は、あまりないでしょう。

しかし、土日・祝日・夜間など、「最短即日借入をするには、ローンカードの発行が必要」という日時の場合は、どの道審査通過した後無人契約機・自動契約機に行くことになるので、「それを早めにやるだけだ」と思えばいいかも知れません。

なぜ土日・祝日・夜間だと、ローンカードを発行するのか

これは以前に他の部分でも書いてきましたが、土日・祝日・夜間というのは、当然「銀行が閉まっている日時」です。ということは、銀行振込によってキャッシングすることができないわけですね。じゃあ、どうやって借りればいいのかというと「ATMで直接借りる」ということになります。

そして、ATMで借り入れをするためには「ローンカード」が必要なわけです。ATMを操作するために、銀行のキャッシュカードのように、キャッシングではローンカードが必要になる…というわけですね。

なので、審査の所要時間を短くすることはできなかったとしても、こうした土日・祝日・夜間などの日時に即日借入をしようと思っている方は、最終的にはアコムの無人契約機・ローン契約機に行く必要がある…というわけです。なので、ダメ元でこの方法を試してみてもいいかもしれません。


以上、アコムは必ず最短即日キャッシングができるのか―。という疑問についてまとめてきました。結論は最初に書いた通り「必ずできるわけではないが、最短即日借入がしやすいサービスは整っている」ということです。急ぎでお金を借りたいという人、特に消費者金融で借りようとしている方に、参考にしていただけたら幸いです。

即日融資!カードローンのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP