キャッシングの基礎

楽天銀行スーパーローンのメリットは、専業主婦・学生がキャッシングしやすいこと

pixta_19922280_XL

楽天銀行スーパーローンのメリットは、

  • 無収入の専業主婦が一番借りやすい
  • ↑(提出書類が少ない、という意味)
  • 学生も借りやすい(親権者の同意書が不要なので)
  • 時期によっては初回30日間無利息のシステムもある
  • 平日だったら、楽天銀行の口座なしでも借入可能
  • 土日借入も対応可能

という点になります。以下、詳しくまとめていきます。

無収入の専業主婦が特に借りやすい

楽天銀行スーパーローンは、無収入の専業主婦がキャッシングする時の必要書類が、一番少なくなっています。箇条書きしていくと、

  • 他の銀行カードローンだと「配偶者の同意書が必要」だが、
  • 楽天銀行スーパーローンは不要
  • また、配偶者の同意書なしでOKな銀行カードローンでも、
  • 「婚姻関係の証明書」だけは必要だが、
  • 楽天銀行スーパーローンはそれも不要

ということです。つまり、下の2つの書類が、楽天銀行スーパーローンの専業主婦のキャッシングでは不要なのです。

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係の証明書

ということですね。で、何が必要なのかといったら、自分の本人確認書類だけです。つまり、アルバイト・パート・フリーターや会社員・OL・公務員などの自分の収入がある人々が、自分の収入によってキャッシングするときと、提出書類がまったく同じ…ということなんですね。

そのくらい、少ない提出書類で借りられるようになっているわけです。この条件で無収入の専業主婦が借り入れできるのは、他では「横浜銀行カードローン」だけです。

横浜銀行カードローンは在住・在勤エリアの制限がある

ただ、横浜銀行カードローンは名前からもわかる通り地方銀行なので、利用できる在住・在勤エリアに制限があります。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県

という風で、さらに群馬県でも、

  • 高崎市
  • 前橋市
  • 桐生市

の3つの都市でなくてはいけません。というように、限られた人しか横浜銀行カードローンは利用できないので、すべての収入がない専業主婦にとって借入可能という点では、楽天銀行スーパーローンが一番、少ない提出書類で借り入れできる…ということなのです。

繰り返しますが、これはあくまで「提出書類が少ない」というだけであって、楽天銀行スーパーローンが一番審査が甘いとか借りやすいとか、そういう意味ではありません。

(借りやすいという言葉も使っていますが、これはあくまで「必要書類が少ない」という意味です。この点はくれぐれも勘違いしないで下さい。

婚姻関係の証明書とは何か?

補足として「婚姻関係の証明書」についても詳しく書いておきましょう。一覧にすると、

  • 住民票
  • 戸籍謄本
  • 戸籍抄本

などです。要はその専業主婦の女性が結婚していることがわかればいいということですね。婚姻関係の証明書だと表現が難しいので「結婚証明書」と簡単に呼ばれることもあります。これは俗語のような感じですが。

何はともあれ、一番簡単なのは「住民票」なので、多くの人が住民票を提出します。住民票だったら常に手元にコピーがある…という人も多いでしょうからね。また、こういう時は「一番普通の書類」を出すのがいいのです。つまり「みんな出している」ものですね。理由は、

  • その方が、審査する銀行カードローンの側も見慣れている
  • だから審査が早く終わりやすい
  • また、こういう時「一番普通」の書類を出す人の方が、
  • 統計的に見て「遅れずに返済する」確率が高い
  • 一方「何でこれ?」というようなマイナーな書類を出してくる人は、
  • 延滞・滞納する確率が高い

ということです。婚姻関係の証明書だとわかりにくいと思うので、身分確認資料で説明すると、

  • 運転免許証・パスポート・保険証のどれかを、普通は持っている
  • 特に保険証だけは、まず確実に持っている
  • 紛失したにしても、保険証を紛失するような人は、大体生活にも問題がある
  • 住民基本台帳カードや個人番号カードだったら、まだわかるが、
  • 印鑑証明書などを出すとなると、「相当変わり者」となる

ということです。自分が審査する側になれば、印鑑証明書を出された時点で、「一応OKだけど、この人、ちょっと心配」と思うでしょう。要は「KY」ということです。

キャッシングというのは個性を発揮する場ではないので、とにかく「普通」にしているのが一番正しいわけですね。野球で個性を出すには、野球のルールでプレイしなければいけないように、キャッシングでも「キャッシングのルール」に従うしかないし、それがベストなのです。

なので、婚姻関係の証明書の提出が必要になった時も、マイナーな戸籍抄本・戸籍謄本などを出すよりは、普通に住民票を出すのが一番いいでしょう。(手配も楽ですしね)


以上「自分の収入がない専業主婦でも借りやすい」という、楽天銀行スーパーローンのメリットを書いてきました。ここからは「学生もキャッシングしやすい」という点について書いていきます。

学生の借り入れもしやすい

楽天銀行スーパーローンはなぜ、学生でも借り入れしやすいと言えるのか―。箇条書きすると、

  • まず、学生借入に対応している(していない銀行カードローンも多い)
  • 親権者の同意書が不要(三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどは必要)
  • 楽天銀行自体が、若年層の融資に比較的積極的

ということです。以下、詳しくまとめていきます。

銀行カードローンは、学生融資不可が多い

実は、銀行カードローンというのは学生融資不可の所が多いのです。一覧にすると、

  • オリックス銀行
  • 静岡銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行

などとなっています。先ほど楽天銀行スーパーローンと「無収入の専業主婦の借りやすさ」でトップ争いをしていた横浜銀行カードローンは、ここでは「学生は完全に融資不可」という風に、厳しくなっているわけですね。

特に地方銀行のカードローンになると、学生がさらに借りにくくなるのですが、大手の銀行カードローンでも、これだけの主要な銀行カードローンが、すでに「学生借入不可」なのです。

という現実を見ても、まず「大手の銀行カードローンで、学生融資に対応している」というだけでも、学生にとっては非常にありがたいことなんですね。

親権者の同意書不要なので、親バレしない

また、学生キャッシングに対応している銀行カードローンの中でも、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」のように「学生は、親権者の同意書が必要」という審査条件になっている所もあります。

で、これは専業主婦の配偶者の同意書と同じですが、

  • 親権者の同意が必須ということは、必ず親バレするということ
  • つまり、ほとんどの学生は親バレはNGだから、
  • 事実上、学生は借り入れできないようなもの

ということですね。もちろん、「おかん、俺キャッシングしたいんだけど」と堂々と相談できるような親子ならいいのですが、普通はこれはまず無理でしょう。なので、親権者の同意書が必要な銀行カードローンでは、基本的に学生借入はできないのです。

その点、楽天銀行スーパーローンのように「親権者の同意書なしで借入可能」という設定になっていると、問題なくキャッシングできるわけですね。

楽天銀行は、若い年代のユーザーへの融資に、比較的積極的

これはあくまで私の推測ですが、楽天銀行スーパーローンは、若い世代への融資に、比較的積極的と考えられます。(比較的積極的というと、中国語みたいですが…)

楽天銀行が若年層への融資に積極的と考えられる理由は、あくまで推測ですが、

  • 楽天銀行はまだ歴史が浅い
  • 現時点で60代などの高齢者は、利用に抵抗があるし、
  • 今後も彼らが利用することはない
  • そして、年代が上であるほどこの傾向が強く、
  • 下であるほど、この傾向がない(楽天銀行を使いやすい)
  • ということは、そういう「若い層」に働きかけて、
  • 楽天銀行の認知度を高めて、
  • 今の若い層が年配になる頃には、
  • 今の都市銀行のような地位を狙いたい

と考える所でしょう。(実際、楽天銀行がどのレベルを狙っているかはわかりません。しかし、新世代の財閥のようになりつつある…というのは確かです)

ということで、楽天銀行が「三菱財閥の三菱東京UFJ銀行」のように、「楽天財閥の楽天銀行」になるには、今から若い世代をどんどん取り込んでいくしかないわけですね。また、それがベストなのです。

なので、あくまで「比較的」ではありますが、楽天銀行スーパーローンは、学生など、若い世代への融資に対して、積極的になる傾向があるのではないか…と思われます。もちろん、

  • 審査をゆるくしたら、
  • 貸し倒れが増えて楽天銀行スーパーローンが困るだけなので、
  • 審査基準をゆるめたり、甘くしたりすることはない

というのは当然です。そして、審査基準・審査通過率を維持した上で、

  • たとえば、融資枠を10万円にするか20万円にするか迷うような人の場合で、
  • 20万円に決める、というようなことはある

と考えていいでしょう。(繰り返しますが、あくまで推測です)

とこのような理由、

  • 学生融資に対応
  • 親権者の同意書も不要
  • 若年層の審査に積極的

という三点から、学生が借りやすいのが、楽天銀行スーパーローンのメリットということができるわけです。

楽天銀行の口座がなくても最短即日借入可能

また、楽天銀行スーパーローンは楽天銀行の口座がなくても最短即日借入可能…というシステムになっています。他の銀行カードローンだと最短即日融資を受けるためには、その銀行の口座を持っていないといけない…というルールが多いのですが、楽天銀行スーパーローンではその規則はないわけですね。(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行(レイク)などもありません)

で、そうした口座の制限がないため、特別な条件や準備もなく、多くの人にとって最短即日借入が比較的しやすい…というわけです。

たが、これはあくまで「平日」の場合であり、土日・祝日に即日キャッシングをしたい場合は、楽天銀行の口座を持っていないといけない…という条件なので、この点は注意してください。

ただ、それでも土日借入自体ができないという、みずほ銀行カードローンや横浜銀行カードローンなどの銀行カードローンもあるので、それと比較すると、やはり「土日キャッシングに対応している」というだけでも、メリットということができるでしょう。

楽天銀行スーパーローンのメリット・まとめ

以上、楽天銀行スーパーローンでキャッシングするメリットについてまとめてきました。最後にポイントをまとめると、

  • 無収入の専業主婦が借りやすい(提出書類が少ない)
  • 学生が借りやすい(親権者の同意書不要)
  • 平日なら、楽天銀行の口座がなくても借りられる
  • 土日・祝日でも最短即日借入可能

というふうです。キーワードだけ抜粋すると、

  • 専業主婦
  • 学生
  • 口座なし
  • 土日・祝日

となります。楽天銀行は、ネット上の買い物などでも便利なオンラインバンキングなので、もし楽天銀行の口座を持っていないという方がいたら、この機に口座開設だけでもしておくといいでしょう。後々役に立つ場面があるはずです。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP