カードローンのルール

キャッシングの返済は、ボーナス一括払い場合も可能?臨時返済はいつでもOK!

af9920075643l

キャッシングの返済は、ボーナスの一括払いが可能です。というより、住宅ローンなどと違って、消費者金融・銀行カードローンの返済は、いつでも自由にしていいというルールになっています。

なので、ボーナスの一括払いにしても、ただの臨時返済にしても、要はいつでも「余裕ができたら、どんどん返済してください」というシステムなんですね。返済でも借り入れでも、キャッシングというのは極めて自由になっています。

ボーナス一括払いとは何か

そもそも、ボーナス一括払いとは何か。これは主に下のような借り入れ・支払いで使われている返済方法です。

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 分割払い
  • クレジットカードのショッピング

という風ですね。最後のクレジットカードのショッピングは除いて、ほとんどは銀行などが審査する、きっちりした真面目な借り入れということです。銀行などというのは、信用金庫・労働金庫なども含む「金融機関」による融資が多い…ということです。

こういう「しっかりした真面目な借り入れ」の場合は、消費者金融・銀行カードローンのキャッシングのように「いつでも借入・返済を受け付ける」というコンビニのような体制にはなっていません。

たとえばトヨタやホンダなどのディーラーに行って車を買うとなると、「その場合ですぐ買う」という風にはならないでしょう。新車を見るだけだったら「その場合で予約なし」でOKですが、購入するとなると「では、いついつ納車なので、またその時にお越しください」となるはずです。そして、その約束は基本的に守らないといけないでしょう。

というように、「真面目な取引」だと、通常の買い物でも「日時などが決まっている」のです。これは住宅ローンや自動車ローンなどのパターンで、これらの真面目な借り入れは、返済のスケジュールについても、細かく決まっているわけですね。まして追加借入などできません。

(住宅ローンの追加借入などされたら、金融機関の側も怖くて仕方がないですよね。リフォームローンならもちろん別ですが、それはそれで、別の商品になっているわけですし、また新しい借入審査をするわけです)

というように、これらの「真面目な借り入れ」の場合は、「追加の借入・返済が、そもそもできない」「スケジュール通り、毎月一定の金額を返済していく」という風になっています。そしてボーナスがある月だけ、少し大きな金額を払いますよ」という仕組みになっているわけですね。

クレジットカードだと、利息もつかない

これはクレジットカードによってルールが異なりますが、ボーナス一括払いだと、その期間ずっと利息がつかないということもあります。つまり、4月にショッピングしたものを、8月のボーナスで払う。この期間の4ヶ月、その買い物分に、まったく利息がかからない…ということです。

「なにそれ、天国じゃん」と思う人もいるでしょう。その通りで、うまくこのシステムを運用するのであれば、これは天国です。たとえば、そうやって「無利息」でショッピングした商品を転売するとかですね。(実はこれは禁止されているので、やってはいけません)

そのように「利益を生み出す買い物」(繰り返しますが、禁止されています)だったら、確かに天国でしょう。しかし、実際には「ただ消費するだけの買い物」に使っているわけですから、別に天国ではありません。食べ物や最低限の衣食住など、どうしても必要な買い物に使うのであれば、それが無利息というのは、非常にいいでしょう。

しかし、そうした「地味な買い物」については、大体ボーナス一括払いは適用されません。ボーナス一括払いで支払うことができるのは、大抵、

  • ブランド品
  • 楽器
  • 家電製品
  • ゴルフ用品

といった高級品ばかりです。最低でも10万円を超えるような商品が多いわけですね。

ということで、ボーナス一括払いはクレジットカードによっては確かに「長期間の無利息キャッシング」のようなもので、非常に便利なサービスです。しかしそれによって買い物するアイテムが、本当に必要なものかどうかという基本的な検討を、まずはするようにしましょう。

キャッシングの臨時返済はいつでもできる

ここまで書いてきた通り、ボーナス一括払いというのは、下のような条件の借り入れのみ、きっちり決まっているわけです。

  • 追加借入や返済が、基本的にない…住宅ローンなど
  • ボーナス一括払いという条件で無利息…クレジットカード

というものですね。これらは「低金利・無利息・高額」などの条件があるので、「代わりに、返済についての対応は、柔軟にはできません」「ボーナス一括払いも、するならあらかじめ決めておいて、予定通り払ってください」というスタイルになるわけですね。

サービスが悪いようですが、その分「超低金利」だったり「無利息」だったり「数千万円という高額を借りられる」のだから、当たり前と言えば当たり前でしょう。

こうした条件下なので、住宅ローンやクレジットカードなどでは「ボーナス一括払い」というものがあるのです。逆に言えばそこまで優遇されていないキャッシングの場合、いつ借りようが、いつ返済しようが自由というわけです。

ATMでの臨時返済が便利

キャッシングの任意返済・追加返済をする場合、ATMを利用するのが@便利です。消費者金融・銀行カードローンのキャッシングで利用できるATMは、下のような種類があります。

  • それぞれの専用ATM・自社ATM
  • コンビニATM
  • 銀行ATM

専用ATMというのは、たとえば消費者金融だと、街中で見かける、モビット・アコム・プロミスなどの看板の建物の中にあるものです。あの中には自動契約機・無人契約機・ローン契約機などもありますし、ATMだけのこともありますが、何にせよATMは大体あります。

コンビニATM・銀行ATMについては、特に解説する必要はないでしょう。普段銀行のキャッシュカードを使う時と、まったく同じ要領です。コンビニしても、提携銀行のATMにしても「よその会社」なので利用手数料はかかることが多いですが、それでも借入・返済ともに、臨時でいつでもできるようになっています。

銀行カードローンだと手数料もかかりにくい

特に銀行カードローンでキャッシングする場合、借入・返済ともに利用手数料がかからない…というパターンが多いです。その銀行のATMは当然ですが、他の提携銀行のATMでも同様です。

たとえば一例としてイオン銀行カードローンBIGの借入・返済が無料でできる提携ATMをあげると、下のようになっています。

  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • イオン銀行

…という風ですね。イオン銀行のキャッシングなので、イオン銀行のATMが無料というのは当たり前ですが、その他、三大メガバンクに加えて、りそな銀行・ゆうちょ銀行のATMも無料で利用できる…というわけです。ここまで来ると、銀行ATMだけでも、日本全体で相当数ありますね。かなり借入・返済が便利にできるということです。

また、コンビニATMもほぼ全部無料で利用できます。イオン銀行カードローンBIGはセブンイレブンのみ、利用できません。これは、イオンモールとセブンイレブンがライバルだからです。その他の銀行カードローンの場合は、セブンイレブン(セブン銀行)も含めて、すべてのコンビニで手数料なしで返済・借入できるようになっています。

消費者金融はコンビニが無料にならない

一方、消費者金融のキャッシングだと、コンビニATMでの借入・返済は、残念ながら無料にはなりません。消費者金融は、コンビニATM・銀行ATM両方手数料がかかる…というのが基本です。

ただ、例外としてモビット・プロミスは、三井住友銀行ATMが無料で使えるという事実があります。プロミスはいつでも無料で、モビットは期間限定となっています。

(この記事の執筆時点では期間限定でしたが、読んでいただく段階では、すでに期間限定という縛りが解除されているかも知れません)

というように、消費者金融でも一部例外はありますが、コンビニATMは全部有料ですし、その他のアコム・アイフル・ノーローンなどの消費者金融は、自社ATM以外、すべて有料という風になっています。

銀行振り込みでの返済は無利か?

これは、指定された銀行であれば無料になります。モビット・プロミスの三井住友銀行もそうですし、アコムの場合、楽天銀行の口座だと手数料なしで借入・返済できるというシステムになっています。

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループなので、三菱東京UFJ銀行の口座でも手数料なしになるのでは?と思う人がいるかも知れませんが、残念ながら三菱東京UFJ銀行では手数料がかかります。この点は注意してください。

楽天銀行は基本的にネット専業銀行なので、楽天銀行の口座に振り込んでもらっても、それを引き出そうとすると、提携銀行のATMや、コンビニATMを利用する必要があります。この手数料は「月何回までは無料」となっていますが、その回数を超えると手数料がかかるようになるので、この点も意識してください。

臨時返済はとにかく小まめにすべき

消費者金融・銀行カードローンでキャッシングするようになったら、臨時返済・任意返済はできるだけ小まめにするようにしましょう。そうすることで、借入残高が減っていって利息総額が減る…というのもありますが、常に完済が頭の中によぎることで、返済のモチベーションが上がるからです。

たとえばビジネスのモチベーションが高い人というのは、大体仕事日記をつけています。また、アスリートやそのコーチはみんな「練習日記」をつけています。

というように、その仕事やミッションを小まめに意識して、毎日でなくても定期的に、どのくらい自分が前進したのかを確認する…というのは非常に重要なことなんですね。小まめに臨時返済するというのは、その「進捗状況の確認」にもなるのです。

そうして返済のモチベーションが上がれば自然と仕事の量を増やしたり、節約したりして、実際に返済するのに必要なお金も溜まっていきます。そうやって返済が進めば進むほどモチベーションも上がり、さらに節約や仕事もはかどる…という好循環が生まれるわけです。

優先的に返済に回せば、ムダな買い物をしなくなる

ここまで書いてきたような「モチベーション」の効果もあるのですが、手元にあるお金を、少しでも臨時返済に回すことで、余計なショッピングをしなくなるという利点は極めて大きいです。これは誰でも日常生活の感覚で理解できるかと思います。手元にお金があると、ついつい必要ない買い物をしてしまう…ということは誰でもあるでしょう。

節約をするには「手元に現金を持たない」ということも大事なんですね。もちろん、人によっては「現金がなければクレジットカードで買い物してしまう」ということもあるかも知れません。なので、最終的には本人の意志力の問題なのですが、それでも「手元に現金がある方が、より買い物しやすい」というのは事実です。現金払いでないと買い物できないお店やサービスでも、すぐに利用できるわけですからね、現金があると。

なので、そうした余計な出費・散財をしないためにも、一部繰り上げ返済・追加返済を小まめにして、借入総額を減らすとともに、ムダな買い物を抑えるべきなのです。


以上、キャッシングの返済ボーナスの一括払いは可能か…というテーマについてまとめてきました。結論を書くとボーナスだろうと、その他の臨時収入だろうと、いつでも追加返済・一部繰り上げ返済は自由にしていいということです。もちろん、どんどん返済していって早期完済をした方が望ましいと言えます。

カードローンのルールのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP