審査は甘い?在籍電話確認や審査の流れ

モビット

モビット

モビットが人気の理由

電話連絡なし!ならモビット

「WEB完結申込」を利用すれば面倒な電話連絡がなし!です。即日融資にも対応しているのですぐにお金を借りたい&手続きを簡単に済ませたいという方はモビットがおすすめです!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)

今すぐモビットの10秒簡易審査へ

※安定した収入がある方

カードローンのルール

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは「早期返済」が何よりも重要

soukihensai

消費者金融でもクレジットカードでも、あるいは銀行カードローンでも、借りたお金は「すぐ返す」が基本です。ここでは「早期返済」がどれだけ重要かをまとめます。

目次

1.借金は「稼いで、すぐ返す」が基本

1-1.暴利でも、翌日返済すれば利息は小さい

トイチというのは「10日で1割」の利息を取るヤミ金融のこと。『ナニワ金融道』でトイチの銭田摺次郎(せんだすりじろう)という悪役が登場し、一躍有名になりました。

しかし、この「ヤミ金融の代名詞」になっているトイチですら、「翌日返済したら、ほとんど利息がかからない」んですね。たとえば「5万円」を借りた場合、翌日返済した場合の利息は「500円」なのです。

もちろん、たとえワンコインでも「10日で1割」なわけですから、通常のキャッシングに比べたら「相当高い」のは確かです。しかし―。

  • これによって仕入れをする
  • 仕入れた商品を売って、その日中に現金が入る

…という自営業の人などの場合―。

  • 500円の利息はどうってことない
  • むしろ、その日の仕入れの資金が簡単に手に入り、ありがたい

…という側面もあるんですね。

1-2.沖縄の商店街では、トイチを普通に利用している

実際、沖縄の「国際通り」などの有名な観光地では、商店街の「おばちゃん」たちが、普通にトイチを利用しています。(これは、『貸せない金融』などの書籍にも書かれています)

彼女たちがなぜトイチを利用するのかというと、上にも書いた通り「仕入れ」のためです。たとえトイチという暴利であっても―。

  • 観光シーズンだったら、1日でガンガン稼げるから、500円くらい問題ない
  • それより、仕入れの現金がたくさん欲しい
  • しかも、ヤミ金融は直接現金を渡しに来てくれて、集金(回収)もしてくれる

ということです。これを『貸せない金融』では―。

取り立てサービス(?)も良いようだ。

と、冗談を交えつつ書いていましたが、本来悪いこととされている「ヤミ金の取り立て」が、この沖縄の商店街では「便利な集金サービス」になっているんですね。「自分で銀行に振り込みに行かなくてもいい」からです。

(一人でお店を切り盛りしている店主の場合、シーズン中は振り込みに行く時間すら惜しいのです)

…と、沖縄の話が少々長くなりましたが、実際このように「ヤミ金融が普通に、庶民の生活と一体化している」という世界もあります。それができる理由は「すぐに返済する」&「日銭が入る」からです。

1-3.「すぐ返す」には「日銭」が必要

この沖縄の例は、普通のサラリーマン・OLの人の場合、真似するのは難しいです。言うまでもなく、サラリーマン・OLの場合「給料日が決まっている」からですね(フリーター・アルバイト・パートの人などもみんな同じです)。

確かに「すぐ返済する」なら、トイチでも問題ないわけです。しかし、実際にはすぐ返済できない。給料日が月一しかない。だから、トイチで借りてはいけないということなんですね。

高利貸しからお金を借りる場合「日銭=一日単位の収入がある」というのが条件なのです。だから、昔のもっと高金利だった頃の消費者金融は「日銭が入る自営業者にしか、融資しない」という方針の店が多くありました。

1-4.初期の消費者金融は、日銭がある人にしか貸さなかった

今は倒産してしまいましたが、2009年頃まで東北地方を代表する中堅消費者金融で「ユニワード」というキャッシング会社がありました(本拠地:岩手県)。このユニワードは古くから盛岡で営業していた老舗ですが、初期は―。

  • サラリーマンには融資しない
  • 自営業者のみに融資

…という方針で経営していました。上にも書いた通り「自営業者なら、日銭が入る」という理由です。昔の消費者金融は上限金利(法定金利)が「109.5%」という、今では完全にヤミ金融レベルの高利だったので、このように「問題なく返済できる人」だけに絞って融資していたわけですね。

この例を見ても、やはり「日払いの収入を得て、すぐに返済する」ことが大事…というのがわかるでしょう。業者側でも「それが大事」「そういう人にだけ融資する」という方針でいたわけです(初期の消費者金融は)。

1-5.お金を借りたら、日払いのアルバイトを探そう

このような消費者金融の歴史や、沖縄の例を見ても「日払いの仕事」が借金返済でいかに重要かわかるでしょう。お金を借りたら、できるだけ日払いのアルバイトを探して早期返済する…ということをおすすめします。

もちろん現時点で会社に勤務しているという人の場合、少々難しいでしょう。フリーターの人でも、シフトがすでにいっぱいの場合、なかなか難しいものがあります。

ただ、そうして借金完済が「1ヶ月先」になると、人間は下のようなパターンでキャッシング漬けになっていくものです。

  • 1ヶ月の間に、また何かでお金が必要になる
  • 「給料日まであと1週間だからいいか」と、多めに借りてしまう
  • 借入残高が多くなるので、利息も高くなる
  • しかし、一度「大きい借入残高」を見たので
  • 「小さい借入残高」を見ても、「たくさん借りている」という危機感がない
  • その後も借り入れを繰り返し、いつの間にか全然減らなくなっている

…ということです。「すぐ返す」ことの利点は「その分、利息が小さくなる」というのもあるのですが、もう一つ「大きい借入残高を『見ないで済む』こと」が大きいのです。この「見ない」というのが大事なんですね。

1-6.心理学的に、一度見たものには反応しなくなる

人間は何でも「見慣れて」しまうものです。「大きい借金残高」に限らず「一度見たものには、反応しなくなる」んですね。反応しなくなる科学的な理由は、下の通りです。

  • 何かに「反応する」ことは、それだけ神経を消耗する(カロリーやビタミンも消費する)
  • つまり「ムダな反応」はしない方がいい
  • よく見ているもの、触れているものは「どうでもいい」と判断する
  • そうして切り捨てて、「新しいもの」に対して、神経を集中させていく

…ということです。実際、読書でも特定のジャンルで何冊も読んでいると「ここは読まなくてもいい」という部分が増えてきます。こういう「見慣れたものを切り捨てる」というのは、合理的な作業なのです。

ただ、この原理が「大きなキャッシング残高を見慣れてしまう」ということになると、弊害があるんですね。借金をすぐに完済することは「大きい借金の数字を見ない」という点で、科学的・心理学的にもメリットがあるのです。

2.日払いのアルバイトの注意点

2-1.日払いでもらえるのは、大体5000円まで

実は、日払いのアルバイトの仕事は、その日給を「全部その場でもらえる」わけではありません。大体、上限5000円くらいというルールになっています。

たとえばその日に「8000円分」働いたとしたら―。

  • そのうち、5000円のみ日払いでもらう
  • 残りの3000円は、1ヶ月まとめて後でもらう

…ということです。会社やお店としては「できるだけ、給料を払うのは遅らせたい」ので、これは当然ですね。また、日払いでお金が必要になる時でも「とりあえず、5000円あればいいでしょ」という、会社側の判断です(確かに、とりあえず死ぬことはないでしょう)。

2-2.風俗系・水商売系は全額もらえる

一方、風俗系・水商売系のお仕事は「全額その日中にもらえる」ということが多いです。でないとみんな辞めてしまいますからね。

ただ、これも主に「女性の場合」で、ホストなど、男性の水商売の場合は、なんだかんだで払ってもらえないというのが普通です。これは私も実際にホストをやっていたことがあるのでわかります。(ホストは店からひたすら搾取されるのが普通です)

男性が日払いのアルバイトをするなら、運送会社やパチンコ屋のアルバイトなど、肉体労働系の方が断然稼げます。もっとも、最近はこれらの職業でも「日払いでなく、週払い」というパターンが増えているようですが…。

2-3.「日払い」と「最短即日払い」の違い

  • 日払い…必ず「その日中にもらえる」とは限らない(翌日以降の可能性も)
  • 最短即日払い…必ずその日中にもらえる

…というのが違いです。前者の「日払い」については―。

  • お給料は、毎日計算しますよ
  • でも、手続きに時間がかかるので、数日待ってね

…ということです。特に派遣会社などの場合「登録いただいているスタッフさんの人数が多いので、少々集計に手間がかかります」などと言われ、数日後になることがよくあります。

もちろん、数日後でも週払いより早いし、まして1ヶ月払いよりは断然いいでしょう。しかし「どうしてもその日中にお金が必要」という場面では、これでは困ります。

ということで「必ずその日中にお金が必要」という時は「最短即日払い」のアルバイトに絞るようにしましょう。

(求人広告でわからなかった場合、電話して直接質問しましょう)

2-4.電話で言っていた条件と違うことがよくある

ちなみに、電話口では「最短即日払い」と言っていたのに、いざ面接に行くと「最初の3ヶ月は研修期間で、その間は週払いになります」等と言われることもあります。「求人広告の内容と、面接で伝えられる内容が違う」というのはアルバイトの常識ですが、特に「日払い」の場合はそれが多いです。

理由は簡単で―。

  • 日払いのアルバイトに申し込んでくる人は「切羽詰っている」
  • つまり「ゆっくりアルバイトを探す」時間も余裕もない
  • 面接まで来てもらえば、そのまま働いてもらえる可能性が高い
  • だから、求人広告や電話ではいい条件を提示する
  • 実際の条件は、面接で初めて伝える

…ということです。これが普通のアルバイトだったら、申し込み者の方にも「仕事を選ぶ余裕がある」ので、「こういう姑息な手段を使うお店には、来てくれない」わけですね。

人間の交渉で「時間がある方が有利、ない方が不利」というのは、鉄則中の鉄則なのです。この点は、ビジネスの交渉でも日払いのアルバイトの応募でも同じなので、よく意識しておいてください。

(時間に余裕のない人生を送るというのは、何かにつけて不利なのです)

2-5.「ブラックバイト」に注意する

もし面接で違和感を覚えたら「ブラックバイト」の可能性もあるので、注意してください。ブラックバイトというのは、ブラック企業の「アルバイト版」で、アルバイトの人を、正社員よりもハードな仕事で飼い殺す…というものです。

最近は非正規雇用が当たり前になっていて「アルバイトでしか働けない」というフリーターの方もたくさんいます。そういう人の弱みにつけこんで「うち辞めても、ますます不利になるだけだよ?うちで働くしかないよ?」と言って、重労働をどんどん押し付けるわけですね。

あまりに生活がハードになると、人間は考える余裕をなくして「思考停止」してしまうので、こういうブラックバイトにも甘んじてしまうのです。そして、このような「ブラックバイト」を押し付ける会社・商店の特徴として「求人広告と面接で、言っていることが違う」という点が上げられます。

なので、もし面接でそういう違和感を覚えたら、かなり警戒してください。もちろん、急いでいる時にはそこで断る余裕もないかもしれませんが、「警戒して仕事に臨む」のと「無警戒で臨む」のでは、騙されるリスクに、天と地の差があります。

3.「体を壊す」ほどのバイトは、絶対にしない

「日払いのアルバイトをして、すぐに借金完済する」―。というのはとてもいいことなのですが、「体を壊すほどのアルバイト」は、絶対にしてはいけません。ここでは、その理由を説明していきます。

3-1.借金地獄に陥る最大の原因の一つ

特にフリーター・アルバイトの人の場合「体を壊して働けなくなる」というのが、借金地獄に陥る最大の原因の一つなのです。フリーターの人の仕事は、ほとんど肉体労働なので―。

  1. 体を壊す
  2. 働けなくなる
  3. 一気に無収入になる

…というパターンで、借金地獄が急激に加速するんですね。普通に仕事さえできていれば、多少キャッシング残高が多くても、人間は返済できるものなのです。しかし仕事自体ができなくなったら、完全にアウトなんですね。

フリーターの人というのは、スキルが蓄積できるような仕事を任されていないので、肉体労働ができなくなった時点で、もうよそで活かせるスキルがほとんどありません。そのため、就職どころか「次のバイトを探す」こともできないことが多いのです。

(というより、腰を痛めたりすると、職業安定所に歩いて行くことすら難しくなったりします)

このように「体を壊すほどのアルバイト」は本当に危険です。なので、「多少借金完済が先延ばしになってもいいので、まず健康第一」ということを意識してください。

3-2.体さえ健康なら、最悪自己破産すればいい

体さえ健康だったら、極端な話「最悪、自己破産すればいい」のです。自己破産のデメリットなど、ハッキリ言ってほとんどゼロです。自己破産のデメリットを箇条書きすると―。

  • 自宅・自動車などの財産は没収される
  • 弁護士・宅建主任などの資格が必要な仕事が、約半年感できない
  • 官報に名前が掲載され、それを見たヤミ金融からDMなどが殺到する
  • 5年~10年、新しいクレジットカード・キャッシングの審査に通らない

…というくらいです。しかし―。

  • フリーターなら、自宅など持っていない
  • フリーターで自己破産するレベルの借金をした時点で、車を持つべきではない
  • ↑(遅かれ早かれ、手放すべきだった)
  • 弁護士などの資格が必要な仕事は、そもそもしていない
  • ヤミ金融からのDMは、とりあえず無視すればいい
  • クレジットカードなどは、当分作らない方がいい

…ということです。ということで、フリーター・アルバイトの人が多額の借金を抱えた時点で、「自己破産には、何のデメリットもない」のです。自己破産のデメリットというのは「失うものがある人」限定なんですね。

ということで、最悪の場合、自己破産してしまえばいいのです。「借りたものは返す」ことは確かに正しいのですが、それでも「体を壊して働けなくなる」より、遥かにマシです。

3-3.体を壊すと、その後の人生がずっと限定される

一度体を壊すと、その後ずっと、肉体労働はおろか、一般的な運動ができなくなってしまいます(しまうことが多いです)。つまりその後の人生を、ずっと左右されるわけです。

これは本人にとっても不幸なことですが、社会にとっても損失です。

  • 長く健康で働いてくれた方が、社会にとってはいい
  • 返済が遅くなると利息は増えるが、これは消費者金融にとって良い
  • 利息を多く払うことは、日本経済にとってもプラスになる

…ということです。確かに、自分にとっては「利息が増えるのは嫌」でしょうが、これはキャッシング業者や日本経済全体にとっては「プラス」なんですね。そして、自分にとっても「体を壊すより、多少利子総額が増えても、長く健康でいられる方がいい」わけです。

だから、多少利息総額が増えることくらいは目をつぶって「まず、健康第一」で行くべきなのです。それが全ての人にとってのプラスなんですね。

なので、くれぐれも「借金完済のために働いて、体を壊す」ことはないようにしてください。早期返済も大事ですが、一番大事なのは「健康」です。

4.参考文献・サイト一覧

  • 小林幹男(2009)『「貸せない」金融』角川SSコミュニケーションズ
  • 「沖縄のヤミ金融事情」などについて、参考
  • 藤沢久美・片野佐保・真水美佳・川島直子(2008)『理解されないビジネスモデル 消費者金融』時事通信出版局
  • 「ユニワード」代表のインタビューから、初期の消費者金融の融資について、参考
  • 青木雄二(1999)『ナニワ金融道・文庫版 第7巻』講談社
  • 「トイチ」のヤミ金融、銭田掏二朗が登場する回
  • ブラックバイトユニオン
  • http://blackarbeit-union.com/aboutUs/aboutBlackarbeit/
  • ブラックバイトの実態について、参考

カードローンのルールのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP