少額融資で即日

急ぎで少額のキャッシング利用の手順!1万円~3万円程度の借入

一万円
税金が上がり商品代、光熱費や飲食代などさまざまなものが値上がりし支出が増えましたよね。そのため毎月の生活費やお小遣いで、あと2~3万円足りないというようなピンチも多くなっているのではないでしょうか。

しかし、キャッシングローンがそんなピンチを助けてくれることもあるのです。消費者の中には少額のお金を借りられるローンはないと思っている方がおられるかもしれませんが、実は大手消費者金融でも気軽に借りられるのです。

これからそうした少額のお金をどこでどのように借りられるのか、どのように借りたらよいか、などについて説明していきましょう。

少額でもしっかり貸してくれるローンは存在する

3万円程度の少額のお金を貸してくれるキャッシングローンは決して少なくありません。銀行、信用金庫、消費者金融や信販会社などのローンではそうした少額の融資も行っているのです。

テレビCMなどで消費者にも馴染のある大手消費者金融や銀行などでは最高500万円といった高額の融資まで対応していますが、契約はもっと少額で設定でき1回のキャッシングでは1万円でも引き出せるところが少なくありません。

各ローン事業者の契約限度額は、大手消費者金融などでは500万円まで、中小消費者金融では300万円までのところが多いでしょう。

その契約限度額は、消費者がローン事業者に申し込むとその収入や債務状況などに基づき審査で決定されるのです。

キャッシングローンではその限度額の範囲なら自由に何度でも借入でき、契約額が50万円の場合でも1万円のキャッシングも可能なローンが少なくありません。

例えば、プロミスなどの大手消費者金融の契約限度額は最高500万円までですが、1万円からの借入も可能なのです。

プロミスと限度額20万円で契約できたなら、20万円までは1万円や3万円といった少額の引き出しも、一度に20万円全額引き出すこともできるというわけです。

このように知名度の高い大手消費者金融から給料日までの不足する少額のお金を借りてみるというのはどうでしょうかい。

事業者 契約限度額
プロミス ~500万円
モビット 1万円~800万円
三菱東京UFJ銀行 10万円~500万円
楽天銀行 10万円~500万円

少額利用でも確認しておきたいキャッシングローンの金利

たとえ少額の利用でもやはり返済のことを考えると融資金利の大きさは重要ですね。そのためキャッシングローンの利用を検討する際は金利をしっかりチェックする必要があります。

少額のお金を借りられるローンでも各々多少の金利差があります。ただし、契約限度額の大きさによって金利の高さが異なるので注意しておきましょう。

限度額が500万円までの場合、金融機関では4%台~14%台、大手消費者金融では4%台~18%、中小消費者金融では7%台~18%、などの金利水準になっているケースがみられます。

実際の適用金利は限度額と同様に申込者ごとに審査の結果にしたがって決められるため個人差が生じることになるでしょう。

ただし、一般的に限度額が50万円以下の場合は上限金利が適用されることが多いので、銀行ローンなどでは14%台、大手消費者金融などでは17~18%に設定される可能性が高いですね。

各ローンの上限金利及び下限金利を比較した場合、銀行ローンの中では三菱東京UFJ銀行など、大手消費者金融の中ではプロミスなどが、有利なローンになるのではないでしょうか。

事業者 金利
プロミス 4.5%~17.8%
モビット 3.0%~18.0%
三菱東京UFJ銀行 4.6%~14.6%
楽天銀行 4.9%~14.5%

少額利用だから利便性のよいキャッシングローンも重要

少額のお金を借りられても実際に借りたい時に利用しにくいようでは困りますね。そのため手軽にキャッシングできるだけの利便性がローンには必要なのです。

ローンの利便性を考えると、まず申し込んでからいつキャッシングできるかという点がとても重要になります。そして、それが短いほど借手にとってのメリットは大きいでしょう。

事業者ごとの融資までの時間をみるとばらつきはあるものの、銀行や大手消費者金融は非常に短く、次にネットバンク、信販会社、中小消費者金融が短く地方の金融機関がやや長い傾向がみられます。

もちろん個別の事業者ごとに時間が異なるので、上記の傾向に当てはまらないところもありますが、融資を急ぐ場合は都市銀行や大手消費者金融のローンがよいかもしれませんね。

借入・返済を行う場合、金融機関での口座を介した利用とATMでの利用になりますが、各ローンでそれらの利用環境がどれだけ整っているかで利用者の利便性に違いがでてくるでしょう。

例えば、口座の利用ではインターネットを利用したキャッシングができると場所や時間に関係なく利用でき、振込手数料も無料になる場合も少なくありません。

また、ATMの利用では提携先のものも含めて利用できる台数が多いほどキャッシングしやすくなりますね。

ネットキャッシングへの対応や利用可能なATMの多さなどでは都市銀行、ネットバンク、大手消費者金融や大手信販会社が特に優れているようですが、そうした事業者の中から自分に適した利用環境を選ぶとよいでしょう。

ローン事業者 審査から融資までの時間 インターネットキャッシング ATMの数(提携先含む)
都市銀行 非常に短い 可能 非常に多い
地方の金融機関 やや長い 不可能が多い 多い
ネットバンク 短い 可能が多い 多い
大手消費者金融 非常に短い 可能 非常に多い
中小消費者金融 短い 不可能が多い 少ない
大手信販会社 やや短い 可能が多い 多い

少額の融資でも目的や状況にあったローンを選ぶことが大切

少額からでも利用できるローンは多くありますが、そのローンには多様なタイプの事業者がいて、さまざまな特徴をもつローンがありますね。

そのためどのローンを選ぶかが重要になりますが、自分の利用目的や状況にあったローンを選ぶとよいでしょう。

契約できるどうかという審査の難しさでは金融機関のローンが最も難易度が高く、次いで信販会社、大手消費者金融、中小消費者金融という順序になるといわれています。

信用力が高く正社員などで年収の多い方は銀行ローンなども十分に狙えますが、信用力が低く年収の少ない方は金融機関系のローンは厳しいかもしれませんね。

この各ローンの審査難易度に自分の収入力や信用力といった状況や、急ぎの融資が必要、便利な利用環境が必要といった自分の借入ニーズもあわせてローンを検討するのがとよいといわれています。

例えば、アルバイトで収入が少なく審査に不安があるが3万円を急ぎ借入したい方なら、審査が早くて難易度も低く利用環境が整っている上に金利も高くないプロミスなどの大手消費者金融が有力候補になるのではないでしょうか。

逆に信用力が高く収入の多い方で3万円を緊急に借りたい方なら、厳しめだが素早い審査で利用環境が整っていて金利も低い三菱東京UFJ銀行などの都市銀行がピッタリかもしれませんね。

少額融資で即日のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP