審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

少額融資で即日

キャッシングでお金を借りるなら、大手が安心?金利は中小業者と変わらない

asian businesswoman working

キャッシングでお金を借りるなら、大手が安心―。という考え方は間違っていません。アコム・モビット・プロミス・アイフルなどの大手を選ぶべき理由は―。

  • 提携ATMが多く、借入・返済が便利
  • 「初回30日間無利息」などの無利子期間がある
  • 最短即日借入が、平日でも土曜日・日曜日・祝日でもしやすい

…という点にあります。逆に「大手の方が金利が安い」という、多くの人が考える「大手のメリット」は間違っています。

提携ATMが多く、返済・借入がしやすい

大手の消費者金融で借りる最大のメリットの一つは、借入・返済がしやすいということ。特に提携ATMが多いというのは大きな利点です。

  • 中小業者は、コンビニ・銀行ATMが使いにくい
  • 無料で使える自社ATMも少ない(ゼロか、全国で数台など)

というのがATMに関する違いです。また、ATM以外でも―。

  • 大手はオンラインバンキングを使い、インターネット返済ができる
  • 中小業者は銀行引き落としができないところもある

などの点で、大手は有利です。毎月の口座引落による返済は、一番メジャーな方法ですが、中小業者はこれができないこともあるんですね。

口座振替は、銀行と提携していなければできません。中小の消費者金融の場合、資金力も少なかったり、歴史が浅くて信用が少ない場合など、銀行引き落としが適用できないのです。

(実際、私が学生時代に利用していた学生専用キャッシングも、銀行引き落としができませんでした。なので、毎月返済日になると自分で振り込んでいたものです)

大手は「初回30日間無利息」がある

これはすべての大手ではなく、アコム・プロミス限定です。最初の1ヶ月の利息がゼロになる…というものですね。

最初の1ヶ月というのは、当然キャッシング総額が一番高いので、その分の利息がなしになる…というのは大きいです。実際、銀行カードローンと比較しても、最初の5ヶ月は、30日間無利息の消費者金融の方が利子総額が小さいくらいです。

まして金利が同じ消費者金融同士だったら、30日間無利息の業者に利息総額で追いつくことは無理なので、「プロミス・アコムが一番低利息」ということができます。

ノーローンには「何度でも1週間無利息」もある

アコム・プロミスの場合は「30日間無利息」ですが、ノーローンの場合「何度でも1週間無利息」というシステムがあります。

プロミス・アコムは初回のみしか適用されないのですが、ノーローンは何度でも繰り返し利用できる…ということですね。たとえば毎月の給料日前など、定期的に訪れるピンチの時に、役立つでしょう。

というような無利子期間が、大手の消費者金融にはありますが、中小業者にはありません。この点は確かに大手で借りた方がメリットがある…という部分です。

平日・土曜日・日曜日・祝日問わず、最短即日融資しやすい

これも大手ブランドで借りる大きなメリットの一つです。平日でも土曜日・日曜日・祝日でも、いつでも最短即日キャッシングしやすくなっています。

大手が最短当日借入をしやすい理由は下の通りです。

  • 審査の所要時間が短い(最短20分~30分)
  • 最短当日審査の受付日時が長い
  • 銀行振り込みでなくても、ローンカードを発行してATMから借り入れできる

という点です。審査時間が短いのは、やはり大手の強みです。圧倒的な成功のスーパーコンピューターを用いて、瞬時に書類審査(申込項目による審査)をすることができます。

最短当日審査の受付日時についても、中小業者の場合、来店の手渡しか銀行振り込みでの融資が普通なので、どちらも店舗・銀行が開いている日時のみとなります。

この点、無人契約機によって審査し、カード発行もできる大手の消費者金融の場合、土曜日・日曜日・祝日でも夜間まで最短即日審査できる…ということです(年末年始でも、毎日21時まで審査できる…というレベルです)。

ということで「その日中にお金を借りたい」という場合も、やはり大手の消費者金融の方が有利でしょう。

大手も中小業者も、金利は同じ

次は「大手も中小業者も変わらない」という部分について書きます。

アコム・モビット・プロミス・アイフル・ノーローン…と言った大手の消費者金融。そして、名前も初めて聞くような中小業者…。

多くの人は、金利についてこう思うでしょう。

  • 大手…低金利
  • 中小業者…高金利

…と。しかし、これは間違いです。間違いの理由は―。

  • どちらも法定金利の上限の金利設定なので、変わらない
  • 10万円~100万円で「実質年率18%」は、みんな同じ

ということです。唯一大手の中ではプロミスだけが「17.8%」という金利で、「ほんの少し」安くなっています。しかし、これは10万円を1年借りて、他の消費者金融より「年間利息が200円安くなるだけ」です。

(ということで、違いはまったくありません)

法定金利の上限とは何か?

利息制限法では、金利の上限が下のように決まっています(借入総額ごとに、上限金利が変わります)。

  • 10万円未満…20%
  • 10万円~100万円未満…18%
  • 100万円以上…15%

この利息制限法のルールについては、原文の要約(口語訳)も終盤に書いたので、興味がある人はチェックしてみて下さい。

大手の消費者金融の実質年率・一覧

まず、大手の消費者金融の実質年率(金利)を一覧にすると下の通りです。

モビット 3.0%~18.0%(実質年率)
プロミス 4.5%~17.8%(実質年率)
ノーローン 4.9%~18.0%(実質年率)
アイフル 4.5%~18.0%(実質年率)
アコム 3.0%~18.0%(実質年率)

モビットの下限金利「3.0%」のみ突出して安いですが、これは「限度額800万円」と、極度額が大きいため。極度額が大きいほど低金利になるのはキャッシングの常識なので、モビットだけが金利が安い…というわけではありません。

ということで、消費者金融の金利は平均すると「4.5%~18.0%」となります。で、これと中小業者を比較すると…。

中小の消費者金融の金利(実質年率)一覧

主だった中小業者の金利を一覧にすると、下のようになります。

  • ライフティ…4.5%~18.0%
  • フクホー…7.3%~18.0%
  • SGファイナンス…9.85%~18.0%

まず、ライフティについては完全に大手と同じことがわかるでしょう。また、他の業者の上限金利も「18.0%」と、消費者金融と同じです。

100万円以下の借り入れでは、大手でも中小でも上限金利が適用されます。つまり、多くの人のキャッシングでは、上限金利だけが重要なんですね。

その上限金利が同じということで、中小業者も大手の消費者金融も、金利面ではあまり変わらない、ということです。

(また、下限金利が中小業者の方が高いのは、モビットの逆で「限度額が小さい」からです。限度額が小さい場合、下限金利は高くなるのが基本です)


以上、大手の消費者金融でキャッシングするメリットと、逆に中小業者でも変わらない部分…、をまとめました。お金を借りる先で悩んでいる方は、参考にしていただけたら幸いです。

(ここから先は、利息制限法の要約になります。大手も中小業者も、法定金利の上限で金利設定しているという根拠です)

補足:利息制限法の要約

利息制限法の上限金利に関する部分は『第1条…利息の制限』に書かれています。

第1条が1項~3項に分かれていて―。

  • 1項…10万円未満
  • 2項…10万円~100万円未満
  • 3項…100万円以上

について書かれています。原文では、「20%」などのパーセント表示ではなく―。

  • 10万円未満…年二割
  • 10万円~100万円…年一割八分
  • 100万円…年一割五分

という風に、日本式(和風)の割合表示になっています。

利息制限法第1条の要約

第1条の条文を、分解して引用しながら、意味を解説します。(左側が利息制限法の原文です)

  • 金銭を目的とする…物の貸し借りではない、ということ
  • 消費貸借における…消費者への貸付での
  • 利息の契約は、…そのまま
  • その利息が、次の各号に掲げる場合に応じ…上に書いた、金額別の一覧のこと
  • 当該各号に定める利率により…これもさっきの一覧
  • 計算した金額を超える時は、…それぞれの金利を超える時は
  • その超過部分について無効とする…オーバーした分は無効

ということです。ちなみに、ここ8年ほどよく言われていた「過払い金」というのは、この「超過部分」ということです。(出資法というもう一つの利息を定める法律では、合法だったんですけどね。29.2%までは)


…と、このような利息制限法によって、大手の金利も中小業者の金利も同じ…という状態になっているわけです。貸金業界の仕組みについて知りたい方の参考になれば幸いです。

少額融資で即日のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP