キャッシングの基礎

消費者金融・サラ金・街金・ヤミ金の違いは?→ヤミ金以外はみんな同じ

036

消費者金融・サラ金・街金・ヤミ金の違い―。これらは下の通りです。

  • 消費者金融…合法(主に大手を指す)
  • サラ金…合法(主に中小業者を指す)
  • 街金…サラ金と同じ。しかし、ややヤミ金に近いイメージ
  • ヤミ金…違法。悪徳業者

という風です。

消費者金融・サラ金・街金は、本来同じ意味

まず、

  • 消費者金融
  • サラ金
  • 街金

この3つは本来同じ意味です。ただ「サラ金」という言葉はイメージが悪いので、大手のプロミス・アコム・モビット・アイフルなどは、こう呼ばれることを好みません。(少なくとも、自社や自ブランドを「サラ金」と呼ぶことはありません)

ということで、消費者金融という名前は、自然と大手に定着していきました。中小業者の場合も一応「中小の消費者金融」という分類ですが、世間的には「サラ金・街金」と呼ばれることが多くあります。

サラ金と街金の違い

サラ金と街金はほぼ同じですが、

  • サラ金…中小の消費者金融のイメージが強い
  • 街金…少々ヤミ金融に近いサラ金

という感じです。これも正確な定義があるわけではなく、人々の使い方から「このような感じ」と言えるものです。

「街金」は、地域に密着した貸金業者、というイメージ

もう一つの違いとしては、街金はその地域にしか店舗がない、一店舗だけの地域密着型…という印象があります。これもあくまで「印象」ですが、そういう区別もできるでしょう。

「サラ金」の場合は、たとえばフクホー・フタバ・ライフティなどの中堅消費者金融を指すこともあります。これらは支店を多く持っていたり、全国のどこに住んでいても借り入れできるなどの点で「街金業者」というイメージはありません。

…という地域性の違いもありますが、基本的にはやはり同じと考えてください。

「街金」の方が、「ヤミ金融」のイメージが強い理由

本来同じ意味なのに、なぜサラ金よりも街金の方が、「悪徳業者」というイメージが強くなるのか―。これは下のような理由です。

  • 小規模なので、貸金業法改正などで生き残れず、ヤミ金化した
  • 悪事は手広くやるとバレやすいが、小規模にやるとバレにくい

ということです。特に2006年~2010年の貸金業法・出資法などの改正は、消費者金融にかなりの打撃を与えました。

  • 武富士…実質倒産
  • アイフル…倒産寸前まで行く→今は完全復活
  • プロミス・モビット…三井住友銀行のブランドになる
  • アコム…三菱東京UFJ銀行の傘下に入る
  • レイク・ノーローン…新生銀行グループに入る

という風です。大手の場合はこのように銀行のカードローンになったり、ブランドになったり、グループの一企業になるなどして生き延びることができました。

しかし、資金力やブランド力のない中小の消費者金融は、この時期かなりつぶれてしまったのです。その一部はヤミ金化していったわけですね。

このあたりの流れは『闇金ウシジマくん』などにも書かれています。『闇金ウシジマくん』には丑嶋の会社「カウカウファイナンス」のライバルも登場しますが、その中には、こうした「中小の消費者金融から転落した」闇金業者が存在します。

街金業者には「現金化業者」なども含まれる

街金がさらにダークなイメージが強いのは、いわゆる「現金化業者」が含まれているため。現金化業者というのは、

  • クレジットカードの現金化
  • 携帯キャリア決済の現金化rh

などのことを言います。どちらにしても、

  • どうでもいいアイテムを、10万円などの高額で買わせる
  • そのアイテムを、8万円や9万円などで買い取る

という仕組みです。これによって、クレジットカードや携帯キャリアのショッピング枠しかない人でも、現金を借り入れることができるのです。

現金化は違法行為である

ただ、クレジットカードにしても携帯キャリアにしても「現金化でお金を調達する」というのは違法行為です。法律で罰せられるわけではありませんが、それぞれのクレジット会社・携帯キャリアの利用規約に反しているので、即刻強制解約となります。

また、残高を一括請求されたり、ペナルティとして違約金が追加されたり…という風に散々な結果になります。もちろん、個人信用情報でも「強制解約・退会」としてブラックリスト入りします。

(強制解約・退会は、大体5年ほど記録が残ります)

また、現金化をして返済不能になった場合、自己破産しても「免責が下りない」ということがあります。つまり「借金がチャラにならない」ということです。自己破産自体はできるのですが、それで借金をチャラにすることを、裁判所が認めてくれない…ということですね。

しかも、高額の手数料を現金化業者に取られた上に、クレジットカードの利息なども払っていかなければいけない…、ということで「踏んだり蹴ったり」のシステムなのです。

…というような現金化業者も含まれているので(少なくとも世間の呼び方では含まれることが多いので)、街金業者はさらにブラックなイメージが強いわけですね。

「消費者金融」という呼び方も減少傾向に

最近では、消費者金融という呼び方も、特に大手のキャッシングブランドの間では減ってきました。今使った通り「キャッシング」という言葉、あるいは「カードローン」が主流になっています。

プロミス・モビットなども、三井住友銀行の「サービス名・ブランド名」の一つとして、扱われるようになっています。

実際、消費者金融のサービス内容も、銀行カードローンの業務内容も、中身はまったく一緒なわけですから、同じ呼び方で呼んでもかまわないわけです。

プロミス・モビット・アコムなどもすでに銀行のグループに組み込まれているので、今後どんどん「銀行カードローン」のイメージに近づいていくでしょう。


以上、消費者金融・街金・サラ金・ヤミ金融…の意味の違いをまとめました。何にしても、当然ですが、ヤミ金融からは借りないようにしてください。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP