審査申込み、電話在籍確認からの流れ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンが人気の理由

柔軟審査がうれしい楽天銀行スーパーローン

柔軟審査を希望するなら楽天銀行カードローンがおすすめ!新規利用で楽天ポイントが1000ポイント付与されるのもうれしい!ネット銀行のカードローンならではの利便性は流石です。

楽天銀行カードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

少額融資で即日

楽天銀行スーパーローンの審査→専業主婦の借りやすさが魅力

楽天銀行スーパーローンの審査基準は、厳しいとか甘いということはありません。審査の難易度としては、完全に銀行カードローンの標準レベルです。

 

職業・属性ごとの審査基準をまとめると、下のようになります。

  • 専業主婦…全部の銀行カードローンの中で、一番借りやすい
  • 学生…問題なく借入可能。親権者の同意書も不要
  • アルバイト・パート・フリーター…まったく問題なし
  • 未成年・10代…融資不可
  • 年金生活者…可能だが、62才以上は不可

…という風です。以下、詳しくまとめます。

全部の銀行カードローンの中で、一番専業主婦が借りやすい

審査基準に関する楽天銀行スーパーローンのメリットは「すべての銀行カードローンの中で、専業主婦にとって一番借りやすい」ということ。理由は、

  • 夫・旦那の同意書不要…夫バレ・旦那バレしない
  • 限度額が大きい…一律50万円借りられることが多い
  • 提出書類が少ない…自分の本人確認書類だけでOK

…という風です。以下さらに詳しく説明します。

夫・旦那の同意書なしで借りられる

無収入の専業主婦がキャッシングする場合、銀行カードローンでも消費者金融でも(一部の消費者金融は借りられる)、配偶者の同意書が必要です。

配偶者の同意書というのは夫・旦那の同意書のことですが、これが必要イコール「夫バレ・旦那バレ必須」ということ。というわけで、夫・旦那に内緒で借りたいという専業主婦の人には、そういう銀行・消費者金融ではダメ…ということですね。

ということで、「配偶者の同意書なしで借入可能」という銀行カードローンをあげると、下の一覧になります。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • イオン銀行・カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン
  • 東京スター銀行カードローン

で、これに加えて楽天銀行スーパーローンです。これだけだったらこの6つの銀行の条件は同じですが、さらに楽天銀行スーパーローンは有利な点があります。

住民票なし・自分の本人確認書類だけで借入可能

上の6つの銀行のうち、楽天銀行スーパーローンと横浜銀行カードローンを除くと「住民票」が必要です。住民票が必要な理由は「婚姻関係を証明する」ためです。つまり、

  • この人と私は、確かに夫婦です(住民票)
  • そして、この夫がキャッシングに同意しています(同意書)

という目的(のひとつ目の方)のために、住民票が必要なんですね。住民票以外でも「結婚証明書」として認められる戸籍抄本・戸籍謄本などであればOKです。

(もっとも、ほとんどの人は住民票が一番簡単なので、住民票を提出していますが…)

楽天銀行・横浜銀行は、住民票を提出しなくていい

で、上の6つの銀行のうち、三菱東京UFJ銀行などは住民票を提出しなければいけないのですが、楽天銀行・横浜銀行だけは「提出しなくていい」のですね。

つまり自分の本人確認書類(身分証明書)だけ提出すればいいということです。自分の収入で借りる時と同じ(というより、在籍確認がない分むしろ簡単)になるわけですね。

ということで、収入がない専業主婦がキャッシング審査を受ける時、一番審査に通りやすい(というより手間がかからない)のは、楽天銀行スーパーローンか横浜銀行カードローンのどちらかなのです。

専業主婦でも一律50万円借りられる

さらに楽天銀行スーパーローンで専業主婦が借り入れする時のメリット―。それは「一番大きい限度額である、一律50万円を借りられる」ということです。

「一律」とはいうものの、絶対に全員がこの融資枠…というわけではありません。ただ、かなりの割合でこの限度額をもらうことができます。

50万円専業主婦が借りられるのは、イオン銀行か楽天銀行のみ

専業主婦がキャッシングできる銀行カードローンの中で、「50万円までOK」というのは、イオン銀行から楽天銀行のどちらかのみです。この2つの銀行が専業主婦に対して大きい金額を融資するのは、

  • 本業がショッピングなので、主婦を味方につけたい
  • たくさん融資しても、自社で買い物してくれれば、それも利益につながる

ということです。一つ目については、仮に自社で買い物してくれなかったとしても「楽天(イオン)って、いい会社ね」というイメージさえ持っていてくれればいい、ということです。

いつかイオンモールが近くにある場所に引っ越した時、転職した時、あるいは楽天でのショッピングを始めた時…などに、この「イメージ」が必ず有利に働くでしょう。

ということで、上の2つのメリットがあるため、楽天銀行・イオン銀行は専業主婦に対して、50万円という高額の限度額を設定するのです(全員ではありませんが)。このように、限度額の点でも、楽天銀行スーパーローンは専業主婦にやさしいキャッシング」ということができます。

楽天銀行スーパーローンは、学生もキャッシングしやすい

学生のキャッシングは、銀行カードローンではできないことがしばしばあります。

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 静岡銀行

…といった銀行カードローンは、学生に対する融資審査を最初から断っています。主要な銀行カードローンが10だとしたら、そのうちの半分は、学生に対してキャッシングしていないということです。

楽天銀行なら親権者の同意書もなしでOK

そして、学生融資OKの銀行カードローンの中でも「親権者の同意書必須」という銀行があります。有名ドコロでは三菱東京UFJ銀行ですが、この場合必ずキャッシングが親にバレるということなんですね。

親バレ平気な学生などいないので、これは実質「借りられない」に等しいのです。ということで、学生キャッシングの場合「親権者の同意書必須かどうか」というのは非常に重要な条件なのですが、その点、楽天銀行は非常に借りやすくなっています。「親権者の同意書なし」で、まったく普通に借りられるからです。

アルバイト・フリーター・パート、もちろんOK

続いて、よく「借りられるかどうか」と不安に思う人がいる「フリーター・アルバイト・パート」ですが、これはまったく問題なく借り入れできます。こうした非正規雇用の人であっても、定期的にアルバイトをしているのであれば、認められます。

これは楽天銀行スーパーローンだけではありません。他の銀行カードローンでも同じですし、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融でも同じです。

昔、オリックス銀行は「アルバイト不可」と言われていたことがあり、実際に「年収200万円以上」という、フリーターでは達成しづらい申し込み条件を掲げていることもありました。

しかし、今ではこうした年収条件も撤廃されており、オリックス銀行も含めて、「アルバイト・パートでは借入不可」という銀行カードローンや消費者金融は、もう基本的にないと考えてください。

未成年・10代は、楽天銀行スーパーローンでも借入不可

これはキャッシングの世界では常識になっていますが、10代・未成年の場合、楽天銀行スーパーローンでも借り入れはできません。他の銀行カードローンや消費者金融でも同じです。

未成年でもキャッシングする方法というのは、クレジットカードの現金借入枠だけです。しかしそれも「5万円~10万円」という超少額なので、あまり役に立つものではありません。

(通常のカードローンと比較すると、おもちゃのような金額です)

という風に、楽天銀行スーパーローンでは20才未満では借りられないですし、他の方法(クレジットカードなど)で借りても、大した金額ではない、ということです。というわけで、未成年・10代の人は、お金を借りるよりもできるだけ日払いのアルバイトなどをすることをおすすめします。

年金生活者は、62才以下であれば借入可能

年金受給者の方でも、楽天銀行スーパーローンでのキャッシングはできます。しかし、

  • 年齢が62才以下
  • 年金以外の収入がある

という条件が必要です。この「年齢が62才まで」というのは、銀行カードローンの中でも特に早い制限で、他の銀行カードローンの場合いは、65才までとなっています。

なぜ楽天銀行スーパーローンは年齢制限が厳しいのか?

なぜ楽天銀行スーパーローンだけ、年齢条件が厳しいのか。これは、

  • 楽天のユーザーは基本的に若者である
  • ほとんど申し込みのない62才以上に門戸を開くと、余計なコストがかかる

ということです。たとえばアルバイトの面接で言ったら、女性しか採用するつもりがないのに「性別不問」としていると、男性からの問い合わせも来ます。そうすると、それに対応する従業員の手間=コストがかかるわけです。

ということで、「どの道ほとんど申し込みがない」という属性については、最初から受け付けない方が、全体の利益になるんですね。

低コストになれば、その分全体の金利を安くできるので)

ということで、楽天銀行スーパーローンの年齢基準は、他の銀行カードローンより少々厳しく(若めに)なっている…ということです。


以上、楽天銀行スーパーローンの審査基準について、職業・属性に関するポイントを中心にまとめました。特に銀行カードローンでお金を借りたいと考えている人に、参考にしていただけたら幸いです。

楽天銀行スーパーローンの審査基準は、厳しいとか甘いということはありません。審査の難易度としては、完全に銀行カードローンの標準レベルです。

 

職業・属性ごとの審査基準をまとめると、下のようになります。

  • 専業主婦…全部の銀行カードローンの中で、一番借りやすい
  • 学生…問題なく借入可能。親権者の同意書も不要
  • アルバイト・パート・フリーター…まったく問題なし
  • 未成年・10代…融資不可
  • 年金生活者…可能だが、62才以上は不可

…という風です。以下、詳しくまとめます。

全部の銀行カードローンの中で、一番専業主婦が借りやすい

審査基準に関する楽天銀行スーパーローンのメリットは「すべての銀行カードローンの中で、専業主婦にとって一番借りやすい」ということ。理由は、

  • 夫・旦那の同意書不要…夫バレ・旦那バレしない
  • 限度額が大きい…一律50万円借りられることが多い
  • 提出書類が少ない…自分の本人確認書類だけでOK

…という風です。以下さらに詳しく説明します。

夫・旦那の同意書なしで借りられる

無収入の専業主婦がキャッシングする場合、銀行カードローンでも消費者金融でも(一部の消費者金融は借りられる)、配偶者の同意書が必要です。

配偶者の同意書というのは夫・旦那の同意書のことですが、これが必要イコール「夫バレ・旦那バレ必須」ということ。というわけで、夫・旦那に内緒で借りたいという専業主婦の人には、そういう銀行・消費者金融ではダメ…ということですね。

ということで、「配偶者の同意書なしで借入可能」という銀行カードローンをあげると、下の一覧になります。

  • みずほ銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • イオン銀行・カードローンBIG
  • 横浜銀行カードローン
  • 東京スター銀行カードローン

で、これに加えて楽天銀行スーパーローンです。これだけだったらこの6つの銀行の条件は同じですが、さらに楽天銀行スーパーローンは有利な点があります。

住民票なし・自分の本人確認書類だけで借入可能

上の6つの銀行のうち、楽天銀行スーパーローンと横浜銀行カードローンを除くと「住民票」が必要です。住民票が必要な理由は「婚姻関係を証明する」ためです。つまり、

  • この人と私は、確かに夫婦です(住民票)
  • そして、この夫がキャッシングに同意しています(同意書)

という目的(のひとつ目の方)のために、住民票が必要なんですね。住民票以外でも「結婚証明書」として認められる戸籍抄本・戸籍謄本などであればOKです。

(もっとも、ほとんどの人は住民票が一番簡単なので、住民票を提出していますが…)

楽天銀行・横浜銀行は、住民票を提出しなくていい

で、上の6つの銀行のうち、三菱東京UFJ銀行などは住民票を提出しなければいけないのですが、楽天銀行・横浜銀行だけは「提出しなくていい」のですね。

つまり自分の本人確認書類(身分証明書)だけ提出すればいいということです。自分の収入で借りる時と同じ(というより、在籍確認がない分むしろ簡単)になるわけですね。

ということで、収入がない専業主婦がキャッシング審査を受ける時、一番審査に通りやすい(というより手間がかからない)のは、楽天銀行スーパーローンか横浜銀行カードローンのどちらかなのです。

専業主婦でも一律50万円借りられる

さらに楽天銀行スーパーローンで専業主婦が借り入れする時のメリット―。それは「一番大きい限度額である、一律50万円を借りられる」ということです。

「一律」とはいうものの、絶対に全員がこの融資枠…というわけではありません。ただ、かなりの割合でこの限度額をもらうことができます。

50万円専業主婦が借りられるのは、イオン銀行か楽天銀行のみ

専業主婦がキャッシングできる銀行カードローンの中で、「50万円までOK」というのは、イオン銀行から楽天銀行のどちらかのみです。この2つの銀行が専業主婦に対して大きい金額を融資するのは、

  • 本業がショッピングなので、主婦を味方につけたい
  • たくさん融資しても、自社で買い物してくれれば、それも利益につながる

ということです。一つ目については、仮に自社で買い物してくれなかったとしても「楽天(イオン)って、いい会社ね」というイメージさえ持っていてくれればいい、ということです。

いつかイオンモールが近くにある場所に引っ越した時、転職した時、あるいは楽天でのショッピングを始めた時…などに、この「イメージ」が必ず有利に働くでしょう。

ということで、上の2つのメリットがあるため、楽天銀行・イオン銀行は専業主婦に対して、50万円という高額の限度額を設定するのです(全員ではありませんが)。このように、限度額の点でも、楽天銀行スーパーローンは専業主婦にやさしいキャッシング」ということができます。

楽天銀行スーパーローンは、学生もキャッシングしやすい

学生のキャッシングは、銀行カードローンではできないことがしばしばあります。

  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 静岡銀行

…といった銀行カードローンは、学生に対する融資審査を最初から断っています。主要な銀行カードローンが10だとしたら、そのうちの半分は、学生に対してキャッシングしていないということです。

楽天銀行なら親権者の同意書もなしでOK

そして、学生融資OKの銀行カードローンの中でも「親権者の同意書必須」という銀行があります。有名ドコロでは三菱東京UFJ銀行ですが、この場合必ずキャッシングが親にバレるということなんですね。

親バレ平気な学生などいないので、これは実質「借りられない」に等しいのです。ということで、学生キャッシングの場合「親権者の同意書必須かどうか」というのは非常に重要な条件なのですが、その点、楽天銀行は非常に借りやすくなっています。「親権者の同意書なし」で、まったく普通に借りられるからです。

アルバイト・フリーター・パート、もちろんOK

続いて、よく「借りられるかどうか」と不安に思う人がいる「フリーター・アルバイト・パート」ですが、これはまったく問題なく借り入れできます。こうした非正規雇用の人であっても、定期的にアルバイトをしているのであれば、認められます。

これは楽天銀行スーパーローンだけではありません。他の銀行カードローンでも同じですし、プロミス・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融でも同じです。

昔、オリックス銀行は「アルバイト不可」と言われていたことがあり、実際に「年収200万円以上」という、フリーターでは達成しづらい申し込み条件を掲げていることもありました。

しかし、今ではこうした年収条件も撤廃されており、オリックス銀行も含めて、「アルバイト・パートでは借入不可」という銀行カードローンや消費者金融は、もう基本的にないと考えてください。

未成年・10代は、楽天銀行スーパーローンでも借入不可

これはキャッシングの世界では常識になっていますが、10代・未成年の場合、楽天銀行スーパーローンでも借り入れはできません。他の銀行カードローンや消費者金融でも同じです。

未成年でもキャッシングする方法というのは、クレジットカードの現金借入枠だけです。しかしそれも「5万円~10万円」という超少額なので、あまり役に立つものではありません。

(通常のカードローンと比較すると、おもちゃのような金額です)

という風に、楽天銀行スーパーローンでは20才未満では借りられないですし、他の方法(クレジットカードなど)で借りても、大した金額ではない、ということです。というわけで、未成年・10代の人は、お金を借りるよりもできるだけ日払いのアルバイトなどをすることをおすすめします。

年金生活者は、62才以下であれば借入可能

年金受給者の方でも、楽天銀行スーパーローンでのキャッシングはできます。しかし、

  • 年齢が62才以下
  • 年金以外の収入がある

という条件が必要です。この「年齢が62才まで」というのは、銀行カードローンの中でも特に早い制限で、他の銀行カードローンの場合いは、65才までとなっています。

なぜ楽天銀行スーパーローンは年齢制限が厳しいのか?

なぜ楽天銀行スーパーローンだけ、年齢条件が厳しいのか。これは、

  • 楽天のユーザーは基本的に若者である
  • ほとんど申し込みのない62才以上に門戸を開くと、余計なコストがかかる

ということです。たとえばアルバイトの面接で言ったら、女性しか採用するつもりがないのに「性別不問」としていると、男性からの問い合わせも来ます。そうすると、それに対応する従業員の手間=コストがかかるわけです。

ということで、「どの道ほとんど申し込みがない」という属性については、最初から受け付けない方が、全体の利益になるんですね。

低コストになれば、その分全体の金利を安くできるので)

ということで、楽天銀行スーパーローンの年齢基準は、他の銀行カードローンより少々厳しく(若めに)なっている…ということです。


以上、楽天銀行スーパーローンの審査基準について、職業・属性に関するポイントを中心にまとめました。特に銀行カードローンでお金を借りたいと考えている人に、参考にしていただけたら幸いです。

少額融資で即日のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP