審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

キャッシングの借入残高の一括返済は、業者の店舗窓口でするのがおすすめ?

020

キャッシングの一括返済をする場合は、店頭窓口がいい―。と以前はよく言われていましたが、今は店頭窓口以外で一括返済しても、また問題ありません。

まず、以前「店頭窓口がいい」と言われていた理由は下の通りです。

  • ATM返済だと、利息の計算が正確でないことがある
  • 一括返済した後でも、手違いで口座引落されることがある

というものです。しかし、今のキャッシングのシステムでは、このようなことは大手ではほとんどなくなっています。ということで、一括返済したくなったら―。

  • 銀行振り込み
  • ATM返済
  • インターネット返済

という、どの方法でしてもかまいません。

ATMでも、リアルタイムで正確な借入残高が出る

今の消費者金融のATMは、特にそれぞれの自社ATMの場合、正確な借入残高が一円単位で出ます。しかもこれはリアルタイムで更新されるので、返済した直後にもう一度残高照会すると、すでにさっき返済した分が減っている…という風です。

ということで、ATMでの一括返済もまったく問題なくできます。実際私はアコムで借り入れしていましたが、最後の返済も完全にATMでしました。 

そして、その後アコムに電話して、退会したいという旨を告げました。一括返済しても、その場ですぐ解約できるわけではなく、解約は別途連絡が必要ということです。

アコムのオペレーターさんの対応

アコムのオペレーターさんは丁寧に対応してくださり「解約いただくと、今後の再審査・契約が難しくなるかも知れませんが、よろしいでしょうか」と訊かれました。

当時の私は、もうキャッシングはこりごりと思っていたので「はい、それでお願いします」と答えました。アコムのスタッフさんは一呼吸置いて「かしこまりました。では退会の手続きを取らせていただきます」と言われました。

多分、この「一呼吸置く」というのは、マニュアルがあるのだと思います。すぐに「かしこまりました」だと、まるで解約を歓迎しているみたいですからね。

何にせよ、その時の私は念願の借金完済ができて、本当に晴れ晴れした気持ちでした。借金を抱えるのは辛いですが、完済する時の喜びは、陳腐な例えですが、マラソンのゴールのように、本当に嬉しいものでしたね。

今、こうしてアコムを完済した時のことを思い出して、今後も仕事を頑張ろうと、急に気持ちが新たになりました。過去に頑張った成功体験というのは、いつまでも力になるものですね。

(成功体験といっても、借りたお金を返済しただけの話ですが…。笑)

口座振替の手違いは、完済の時期によって中小業者ならある

口座振替の手違いについては―。

  • 口座引落の期日間近で完済した
  • 契約していたのが中小の消費者金融だった

という場面では確かに起こり得ます。今はもうほとんどなくなりましたが、昔はたまにあったようです。

引き落とし間近だと、すでに手続きが終わっている

たとえばクレジットカードの返済の場合、10日引き落としだと、月末には「来月、これだけ引き落とします」という予定金額の連絡が来るでしょう。

これが意味するのは、クレジット会社の場合、月末には来月10日の振込手続きが終わっているということです。

もちろん、その連絡が来た後に大幅に繰り上げ返済(任意返済)すると、利息を引き直す計算をして、再度連絡してくれます。

(追加で買い物する分には、翌月以降の利息になっているので、追加の支払いはありません、基本)

何にせよ、口座引落はこのようにある程度早めに確定しているので、引き落とし日の間近で全額返済をした場合は、確かに「間違ってさらに引き落とす」という手違いもあり得ます。

ただ、モビット・アコム・アイフルなどの大手の消費者金融では、まずあり得ません。全額返済・一括返済に関するこのような注意点は、あくまで中小業者のみ…と考えてください。

インターネット返済での一括完済のやり方

大手の消費者金融ならインターネット返済が使えますが、インターネット返済で一括完済をするにはどうすればいいのか―。

これは特に難しいことはありません。

  • 会員ページから、正確な借入残高を把握する
  • その金額をオンラインバンキングから振り込む

というだけです。普通のインターネット返済と違うのは、最初に「正確なキャッシング残高」を確認する必要がある…ということです。普段だったら「どうせまだ完済までは行かない」ということで、適当に「2万円」とか「5万円」という風に返済できます。

しかし「一括完済の時だけは、借入総額以上のお金を振り込むわけには行かないので、最初に正確なキャッシング残高を把握する必要がある…ということですね。違いはこれだけで、後は通常どおり、それぞれの銀行のオンラインバンキングから、Pay-easy(ペイジー)などを経由して返済するだけです。

クレジットカードだと、全額返済できない場合もある

知っている人も多いかも知れませんが、クレジットカードの場合、そのカード会社のシステムによっては、「全額返済できない」ということがあります。まとめると―。

  • 一括払いの分は、ATMでは返済できない
  • リボ払いでも、まだシステムに反映されていないものは、ATM返済できない

ということです。たとえばあなたの利用残高が―。

  • 一括払い分…3万円
  • 1週間以上前に使ったリボ払い分…15万円
  • 2日前に使ったリボ払い分…2万円

という風だったとしましょう。この場合―。

  • 一括払いの3万円
  • 2日前の2万円

は、ATMでの一括返済ができません(あくまでクレジットカード会社のルールによりますが)。

一括払いはどの道利息がかからないからいいですし、2日前の分については、たとえば「My JCB」などの会員ページではすでに反映されていても、ATMでの返済はまだできない…という風です。

これについては、「わざと返済を遅らせるために、そういうシステムにしているのでは?」という勘ぐりもあるかも知れませんが、単純にデータが膨大なので、すぐには反映できないということでしょう。

…というように、クレジットカードだと一括完済できない場合もあります。しかし、消費者金融の場合はシステムがもっとシンプル(加盟店などがない)な分、このような複雑さがありません。

美智子様の名言で、「私達は、複雑さに耐えて生きていかなければなりません」というものがありますが、消費者金融のキャッシング残高の一括完済については、複雑さは不要…ということです。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP