キャッシングの基礎

三井住友銀行カードローンでお金を借りるメリットは、最短即日借入のしやすさ!

pixta_16499588_XL

三井住友銀行カードローンでお金を借りるメリットは、

  • 最短即日借入がしやすい
  • 具体的には、最短即日審査の受付時間が長い
  • 三井住友銀行の口座がなくても借入可能
  • 土日・祝日でも即日審査をしている

ということ。つまり、一言で言うと、最短即日借入がしやすいということですね(最初に書いた通り)。以下、詳しくまとめていきます。

最短即日審査の受付時間が長い

最短即日借入をするには、当然審査の受付時間の中で申し込む必要があります。つまり、最短即日審査の受付時間が長いほどキャッシングしやすい…ということになるのです。で、その三井住友銀行の最短即日審査の受付時間ですが、

  • 毎日21時まで
  • 平日でも土日・祝日でも21時まで

という風になっています。(この受付時間は、多少変動することもあります)で、これがどのくらい長いのかポイントをまとめると、

  • 新生銀行カードローン・レイクと並んで、大手の銀行カードローンで最長
  • アイフル・ノーローン・モビットとも並んで、消費者金融と同様
  • ↑(アイフル・モビット・ノーローンやレイクも、やはり変動あり)

という風になっています。つまり、

  • 銀行で最長
  • 消費者金融とも同レベル

ということですね。さらに土日・祝日でも平日でもという部分については、

  • 例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」だと、
  • 平日は「20時」頃までだが、
  • 土日・祝日は17時~18時程度まで

という風に「曜日によって、最短即日審査の受付時間が変わる…ということです。三井住友銀行カードローンの場合、これがなく、曜日がいつであろうと「21時まで」(が基本)ということなんですね。

(繰り返しますが、状況・条件によって時間が変わることは、どんな銀行カードローン・消費者金融でもあります)

で、そのような変動があるにしても、大体毎日いつでも21時、夜9時まで最短即日審査しているので、まずこの点で「三井住友銀行カードローンは最短即日キャッシングをしやすい」ということです。

三井住友銀行の口座がなくても借入可能

これも重要な点です。というのは、銀行カードローンで最短即日キャッシングをしようと思うと、大抵の場合「その銀行の口座が必要」となるからです。特に地方銀行のカードローンだと、この傾向が顕著です。

口座が必要かどうかの条件には、下のような「レベル」があります。

  • まったく不要…三井住友銀行など
  • 土日・祝日だけ必要…楽天銀行・オリックス銀行など
  • 常に必要(当日開設可能)…みずほ銀行・横浜銀行など
  • 常に必要(当日開設不可)…イオン銀行など

となっています。上から順に「借りやすく」なっています。三井住友銀行カードローンのように「口座なしでもOK」というのが借りやすいのはわかるでしょう。

  • それが理由で弾かれることもないし、
  • 横浜銀行・みずほ銀行などのように「当日開設してから申し込む」
  • …ということもしなくていい

というわけです。もちろん、みずほ銀行・横浜銀行のように「当日口座開設に対応している」ということ自体は、素晴らしいサービスなのですが、面倒なことは面倒ですからね。やはり「口座開設すら不要」というのがベストなのです。

「土日・祝日でも不要」というのも大きい

で、三井住友銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行(口座なしでOK)の次に借りやすいのが、楽天銀行スーパーローン・オリックス銀行カードローンなどです。これらは、

  • 平日は口座なしで借入可能
  • 土日・祝日は口座が必要

という条件になっています。オリックス銀行カードローンの場合、オリックス銀行の口座だけでなく、ジャパンネット銀行の口座でもOKです。

で、何にしてもそういう指定の口座が必要なわけですが、もしそれがないなら土日・祝日に即日口座開設するのは無理なので、こうしたケースでは借入不可…となってしまいます。で、そういう制限に引っかからないという点で、三井住友銀行カードローンや新生銀行カードローン・レイク・三菱東京UFJ銀行・バンクイックなどの「いつでも口座なしでOK」という条件の銀行カードローンは、借りやすいわけですね。

なんで土日・祝日だけ口座が必要になるのか

この理由が疑問という人もいるでしょう。これは、

  • 楽天銀行・オリックス銀行側は、土日・祝日でも即日振り込みをしている
  • しかし、たとえばみずほ銀行に振り込んでも、
  • 土日・祝日はみずほ銀行のシステムが動いていないので、
  • その申し込み者の「みずほ銀行の口座」に反映されない

ということです。つまり「不可抗力」なんですね。オリックス銀行・楽天銀行はしっかり最短即日振込をしているけど、振り込み先の口座の方で、対応してくれない…ということです。

同じ銀行内だったら、即時反映できる

一方、これが「楽天銀行→楽天銀行」というように「同じ銀行内」だったら、最短即日振込が反映されるわけですね。自社でそういうルールにすればいいだけのことですから。ウェブ上での振り込みは、物理的に言えば(あくまで物理的にいえば)数字というデータの移動ですからね。

ということで、同じ銀行の中だったら、このように土日・祝日だろうと深夜だろうと、いつでも24時間、自由に最短即日振込できるのです。だから、楽天銀行・オリックス銀行はこういうルールになっているわけですね。

三井住友銀行は、なぜ土日・祝日でも口座不要なのか

これは「銀行振込を使わない」からです。つまり、

  • 銀行振込を使う限りは、
  • オリックス銀行・楽天銀行のスタイルが限界である
  • だったら、銀行振込を使わなければいい

ということ。振り込みというのは、要するに「口座→口座」の「資金の移動」です。だったら、この「資金の移動」をなしにすればいいんですね。つまり、1つ目の「口座」から、利用者が直接お金を抜いてしまえばいいのです。

どういうことか?

まず、楽天銀行・オリックス銀行のスタイルは、

  • 「楽天銀行本部」の口座がある
  • 「申込者」の口座がある
  • 「本部」→「申込者」というように、
  • 「資金の移動」をしている

ということです。で、これをなしにして、

  • 「本部」
  • だけがあって、
  • ここからこの申込者→(^^)が、
  • 「本部」にあるお金を、
  • 「本部」 →→→ (^^)/¥

…というように「持ち逃げ」すればいい、ということです。「口座間の送金」という面倒な「手続き」を抜きにして、直接現金だけもらっていく…ということですね。

どうやってそれをやるのか

これが「ATM」です。ATMは、お金を「引き出す」時も「預ける」時も「口座間」のやり取りはないのです。たとえば、

  • あなたが「100円」拾った
  • それをATMで「預け入れ」した

というケースだと、

  • 口座のお金は「確かに100円増えた」
  • しかし「口座間」のやり取りは、何もない(わるわけがない)

ということです。つまり、ここでは、あなたは「あなた銀行の本部」に、直接アクセスしたわけです。で、引き出しの時もやはり、

  • 「あなた銀行の本部」にアクセスし、
  • 「口座」など使わず直接、
  • ナマの現金を引っ張り出す

という方法で、いつも「引き出し」をしているわけですね。これが「口座間のやり取りがない」=「振り込みに頼らない」ということです。つまり、銀行カードローンでも「これをやればいい」わけです。

どうやるのか?

上の「あなた銀行」が「三井住友銀行」に変わるだけです。

  • 「三井住友銀行の本部」の口座がある
  • そこに「たっぷり現金」が確保されている
  • 利用者は、ここから直接現金を引き出す

ということです。もちろん、

  • 引き出すには専用のカードが要る
  • これが「ローンカード」である
  • そして、このローンカードの持ち主ごとに「限度額」が決められている

ということなんですね。こうすれば、

  • 銀行振込を経由しないで借りられるので、
  • 口座があろうとなかろうと、関係ない
  • ただ「ローンカードの発行」だけは必要

となります。で、ローンカードをどう発行するのか。

「ローン契約機」で発行すればいい

カードは当然、「突然生まれる」わけではありません。3Dプリンタで、やがてできるようになるでしょうが、まだできません。

というわけで、現時点では「カード発行をするマシン」が必要です。それが、

  • 無人契約機
  • ローン契約機

などと呼ばれるものです。で、

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行レイク

の3つの銀行カードローンは、このローン契約機を持っているので、それで「カード発行」ができるんですね。で、カード発行さえできれば、ここまで書いた通り、

  • 三井住友銀行カードローンが、専用に用意した、
  • 「たっぷりお金がある口座」にアクセスして、
  • 自分の借入枠の範囲内で、引き出せばいい

ということなのです。この「専用の口座」というのは、もちろんどこかわかりません。コンビニや銀行のATMだけが知っています。(ATMがこの口座にアクセスして、お金をもらってきて、それであなたに渡すわけですからね)

…というのが、三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行などが「口座なしでも、平日でも土日・祝日でも最短即日借入可能」となっている理由です。少々本質的なシステムの説明になりましたが、こういう理由なんですね。

土日・祝日でも最短即日審査をしている

また、土日・祝日でも最短即日審査している…というのが三井住友銀行カードローンの大きなメリットの一つです。箇条書きすると、

  • 銀行カードローンは、土日審査はしていない所が多い
  • みずほ銀行・横浜銀行・静岡銀行などがそうである

ということ。消費者金融はどこでも土日キャッシングに対応していますが、銀行カードローンだと結構対応していないんですね。特に地方銀行のカードローンは全滅です。(最大手の静岡銀行・横浜銀行すらやっていないくらいですから)

で、そのように銀行カードローンは土日審査がしにくいのですが、その点、三井住友銀行カードローンは問題なく対応しています。問題ないどころか「平日とまったく同じ21時まで」という受付時間の長さなので、この点でも最短即日借入がしやすくなっているわけです。


…と、これらの理由によって即日キャッシングがしやすい…というのが三井住友銀行カードローンのメリットです。低金利な銀行カードローンで、最短当日キャッシングがしやすい借り入れ先を探している…という人は、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP