実質年率(金利)・在籍確認などのまとめ

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>が人気の理由

提出書類が最も少ない銀行カードローン!

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の魅力は、最も少ない必要書類でキャッシングができるということ。他の銀行カードローン・消費者金融なら必ず必要である身分確認資料(運転免許証など)も、WEB完結審査ならなしでOKです。

ちばぎんカードローン申込み窓口

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の上限・下限金利を、他の銀行カードローンと徹底比較!


Warning: current() expects parameter 1 to be array, boolean given in /home/agr01/imazeni.com/public_html/wp-content/themes/imazeni/functions.php on line 49

Warning: number_format() expects parameter 1 to be float, string given in /home/agr01/imazeni.com/public_html/wp-content/themes/imazeni/functions.php on line 49

af9980008578l

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の金利は、実質年率(という、キャッシングの金利を表現する時に、すべての消費者金融・銀行カードローンで使われている数字)でいうと「4.3%~14.8%」です。この金利について、他の銀行カードローンと比較してどのくらいの水準なのか、解説していきます。

ちばぎんカードローンの上限金利は?

ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の上限金利は「14.8%」です。これが高いのか低いのか、他の銀行カードローンの上限金利と比較してみましょう。

まず、ざっと一覧にすると、下のようになります。

銀行カードローン 上限金利
ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 14.8%
みずほ銀行カードローン 14.0%
三井住友銀行カードローン 14.5%
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%
オリックス銀行カードローン 17.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%
横浜銀行カードローン 14.6%
新生銀行カードローン レイク 18.0%
静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 17.5%
ソニー銀行カードローン 13.8%
イオン銀行カードローンBIG 13.8%

…と、ざっとこのようになります。大体のグループに分けると、下のようになります。

 低金利グループ

イオン銀行カードローンBIG 13.8%
ソニー銀行カードローン 13.8%
みずほ銀行カードローン 14.0%

 中程度グループ

静岡銀行カードローン「セレカ」 14.5%
三井住友銀行カードローン 14.5%
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6%
横浜銀行カードローン 14.6%
ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 14.8%

ちばぎんカードローンは、この「中程度」グループの中で一番高い部類…ということですね。といっても、実際の利子総額にすると、利息差は全然ないのですが、それは後で説明します。

 高金利グループ

じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 17.5%
オリックス銀行カードローン 17.8%
新生銀行カードローン レイク 18.0%
ジャパンネット銀行「ネットキャッシング」 18.0%

この「高金利」というのは、あくまで「上限金利が高い」というだけの話です。これらの銀行カードローンは基本的に「高額借入」をする利用者に対象を絞っているので、下限金利は大手の銀行カードローンの中でも特に低金利になっているんですね。

新生銀行カードローン レイクの下限金利のみ普通ですが、レイクは審査スピードの早さで、大手の銀行カードローンの中では圧倒的なので、要は提供するサービスが違う…ということです。利用者が求めるものも、他の銀行カードローンと違う…ということですね。

という前置きをした上で結論を書くと、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は、これら「高金利グループ」の銀行カードローンと比較すると、かなり低金利ということです。逆に―。

  • ソニー銀行カードローン
  • イオン銀行カードローンBIG

などと比較すると「上限金利が1.0%違う」ということで、だいぶ差がついている…ということになります。

実際の利子総額だと、実は差がない

上の実質年率の比較だけを見ると、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>は平均的な銀行カードローンよりも高金利…というように感じられてしまうかも知れません。しかし、そうではありません。

上の一覧を見てもわかる通り、一般的な銀行カードローンの上限金利というのは「14.5%」です。つまり「ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>より、0.3%低金利」ということですね。しかし、これは実際の利子総額ではまったく差がありません。箇条書きしていくと、下のようになります。

  • 多くの人のキャッシングでは、50万円以上は借入不可
  • だから、千葉銀行でも他の銀行カードローンでも「50万円」借りると仮定する

というのがスタートです。そして、ここまで書いてきた金利は「実質年率」なので、下のようになります。

  • 実質年率が「0.3%違う」ということは、「年間利息」が、0.3%違うということ
  • つまり「50万円の0.3%」が、年間の利息差になる

というわけです。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>と、標準的な銀行カードローンの年間利息の差ですね。で、計算してみましょう。

  • 50万円の1%は「5000円」である
  • 「0.1%」なら「500円」である
  • 「0.3%」なら「1500円」である
  • これが「年間利息」の差である

ということです。つまり―。

  • 千葉銀行と、他の銀行カードローンで「50万円」を借りた
  • 両者の「1年間」の利息を比較した
  • 「1500円」しか違わなかった

ということです。「年間」で1500円ということは、月「100円」程度の利息差しかない…ということです。「金利が0.3%違う」などというと、さも大きな違いがあるかのようですが、実際には「月々100円の利息差しかない」ということなんですね。

50万円借りても、この程度

しかも、この利息シミュレーションは「50万円」借りた場合の計算です。もしこれが「10万円」の借り入れだったら、さらに5分の1になるわけです。つまり、「月100円」の利息差が「月々20円」になる…ということですね。

ここまで来ると「もはや笑える」レベルでしょう。0.3%の金利差というのは、実はこのくらいの意味しかないのです。

下限金利だったら、高額キャッシングの時の金利なので、0.1%の違いがもう少し大きくなるんですが、「少額借り入れの時」に適用される上限金利の場合、0.3%の違いなど「まったくゼロに近い」わけです。

なので、極端な話「無視していい」わけですね。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>と、他の銀行カードローンの金利差は「ない」と考えていいわけです。(高金利グループはまた別でうが、千葉銀行が有利なので、これも無視してOKです)

下限金利で他の銀行カードローンと比較すると?

次に、下限金利だけでちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>と他の銀行カードローンを比較してみましょう。下限金利の比較というのは「最高限度額が同じ銀行カードローンでやるのが基本」です。(銀行カードローンでなくても、消費者金融やクレジットカードでも同じですが)

そして、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の最高借入限度額は「500万円」なので、同様に最高極度額が500万円の銀行カードローンで、下限金利を比較してみましょう。

カードローン名 下限金利
ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス> 4.3%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 4.6%
静岡銀行カードローン「セレカ」 4.0%
新生銀行カードローン レイク 4.5%

こうして見ると、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の下限金利の「4.3%」は、静岡銀行カードローン「セレカ」の「4.0%」についで低金利」ということがわかります。そして、メガバンクである三菱東京UFJ銀行よりも「0.6%」低金利なのです。

0.6%低金利だと、どうなるのか?

下限金利というのは、基本的に「500万円」近くまで借りた時に、初めて適用される金利です。というわけで、仮に「500万円」借りたとしましょう。(千葉銀行と三菱東京UFJ銀行の両方で)

その場合の利息のシミュレーションは、下のようになります。計算方法を順に書いていきます。

まず、この「0.6%」というのは「実質年率」です。つまり、実質年率が0.6%違うということは「年間で、0.6%分の利息差が出る」ということなんですね。

で、何の0.6%かというと「500万円の0.6%」です。ということは「500万円の0.6%が、年間の利息差」になるわけです。(三菱東京UFJ銀行と千葉銀行の利息差ですね)

500万円の0.6%はいくらか?

まず「1%」が「5万円」です。で「0.1%」が「5000円」です。その6倍なので「3万円」です。つまり―。

  • 千葉銀行・三菱東京UFJ銀行の両方で
  • 「500万円」を1年借りる
  • その時の両者の利息差が、3万円

ということですね。ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の方が、年間で3万円低利息ということです。「500万円借りて、年間3万円」というのは、小さいと感じる人もいるかもしれません。月間で換算すると、「2500円」ですからね。

借金とはいえ、500万円という大金を動かしている人からしたら「月々2500円の違い」というのは、大した利息差ではないかも知れません。なので、この辺の金利差をどうとらえるかはその人次第ですが、とりあえず、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の方が、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」よりも低金利、というのは間違いないことです。

静岡銀行カードローン「セレカ」との利息差はいくらか?

これは簡単です。「500万円を借りて、年間1万5000円」です。

  • 金利差「0.6%」の三菱東京UFJ銀行と比較して、「年間3万円」だった
  • だったら、金利差「0.3%」の静岡銀行との利息差は、その半分になる

ということですね。数学というか算数の基礎ですが、これで簡単に出ます。「500万円を1年借りて、1万5000円の利息差」ということです。

月あたりに直すと「月1000円ちょっと」の利息差なので、これはもう「ないも同然」でしょう。つまり静岡銀行カードローン「セレカ」と、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の利息差は、ほぼないということです。500万円借りてこれだけの差なので、通常の10万円~50万円程度の借り入れだったら「利息差は、限りなくゼロに近い」ということなんですね。

新生銀行カードローン レイクとの利息差は?

これも三菱東京UFJ銀行の時の計算を使って、すぐに出せます。「0.1%」の差で「年間5000円」の利息差になるとわかったので、その5倍です。つまり「2万5000円」ですね。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の時の「年間3万円の利息差」でも、割と小さく感じられたと思うので、新生銀行カードローン レイクのこの「2万5000円」だったら、なおさら小さい利息差と言えるでしょう。

ただ、小さくてもとりあえず「ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>の方が低利息」というのは、ここでも変わらない事実です。

要はまとめると、下のようになります。

  • この4つの銀行カードローンの下限金利の差は、実際の利子総額に換算すると、大したことがない
  • しかし、それでも「千葉銀行が静岡銀行についで低金利」というのは事実

ということです。

どの道、下限金利はほとんどの人に関係ない

当サイト・イマゼニでは繰り返し書いていることですが、どの道、キャッシングの下限金利というのは、ほとんどの人にとって無関係ということです。先に書いた通り、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>や、他の3つの銀行カードローンだったら「500万円付近まで借りて初めて」、下限金利が適用されるわけですからね。

普通の人の借り入れは、10万円~50万円です。特に初めてのキャッシングの場合、50万円を超えて借り入れできることはまずありません。どれだけ年収が高い人であっても、まずは50万円を融資して、6ヶ月くらい様子を見る…というのがセオリーです。

大手の消費者金融・銀行カードローンの場合、大体6ヶ月に1回程度「見直し審査」をしていて、その6ヶ月に返済の遅延・延滞がなければ、増額されるということが多いんですね。必ず増額されるわけではありませんが、もともと年収が高かったり、職業が安定している方などは、この時に大幅に増枠される……という風になっているのです。

逆に言うと、その最初の見直し審査までは「様子見」として、少額を融資するのが普通なんですね。これは別に金融機関やキャッシング業者の保身のためではありません。多重債務者・借入超過者を出さない…という社会的使命のためでもあります。

そして、50万円以下(というより100万円以下)の借り入れだと、適用される金利は「上限金利」です。下限金利とは正反対ということですね。多くの人にとっては「上限金利より低い金利」で借りることすら難しいわけです。

なので、ちばぎんカードローン クイックパワー<アドバンス>にしても、他の銀行カードローン・消費者金融で借りるにしても「下限金利は、まず関係ない」と考えていいわけです。あくまで数百万円の超小口借入ができるような、高額所得者の方のみ、関係ある金利設定だと考えてください。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP