専業主婦・在籍確認などポイント解説

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンが人気の理由

ガッツリ使うならみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは「エグゼクティブプラン※金利3.0~7.0%」と「コンフォートプラン※金利3.5~14.0%」の金利テーブルの異なる2つのプランが用意されているのが特徴です。どちらも限度額は最大1000万円でガッツリ使っていけるので、人生設計のお供に最適の一枚です!

みずほ銀行カードローン申込み窓口

おまとめローンで一本化

みずほ銀行のおまとめローンは、一本化にもおすすめ?

みずほ銀行のカードローンは、おまとめローンとしての利用も可能です。これはみずほ銀行カードローンだけではなく、銀行カードローンはすべて総量規制の対象外なので、おまとめローンにも使えるようになっています。

ただ、おまとめに積極的かどうかの違いはありますが、その点、みずほ銀行はおまとめローンにも積極的なので、比較的借りやすい・審査に通りやすいと言えます。

みずほ銀行がおまとめに積極的といえる理由

これは「公式サイトでおまとめ・借り換えOK」と強調されている…という点に尽きます。キャッシング初心者の人だと「そんなのどこでも強調しているのでは?」と思うかも知れませんが、実はそういう銀行カードローンは限られているのです。

みずほ銀行も含めて、おまとめに積極的な銀行カードローンを一覧にすると、

  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • オリックス銀行

…となります。これらはすべて、公式サイトで「おまとめOK」「借り換え可能」などと強調しています。特にイオン銀行・楽天銀行はもっとも強調していて、

  • 楽天銀行…トップページの一番上の太い帯に「おまとめ可能!」と大きな字で書かれている
  • イオン銀行…「おまとめローン・ネットフリーローン」という、名前に「おまとめ」が入ったコースを提供している

…という風に、それぞれおまとめローンに積極的に取り組んでいます。こうした取り組みは他の銀行カードローンではあまり見られないもの。借金の一本化をする時には、みずほ銀行も含めてこうした「おまとめに積極的」な銀行カードローンで申し込むことをおすすめします。

他の銀行カードローンよりも、乗り換えた時に低金利になる

みずほ銀行カードローンの金利は、銀行カードローンの中でも大体3番目に安くなっています。

  • 1.ソニー銀行
  • 2.イオン銀行
  • 3.みずほ銀行

…というランキングです。そして、ソニー銀行はみずほ銀行ほどはおまとめに積極的ではないので、おまとめローンに関してはイオン銀行・みずほ銀行の一騎打ちとなります(金利に関しては)。

純粋な金利だと、たとえば上限金利(100万円以下の金利)で比較した時、

  • イオン銀行…13.8%
  • みずほ銀行…14.0%

…というように、ほとんど差がありません。また、その後の借入金額が増えた時の金利についても、特に大きな差はないです。

実質年率0.2%というのは、どのくらいの差なのか?

たとえば100万円を1年間借りると、それぞれ下の利息になります。

  • イオン銀行…13万8000円
  • みずほ銀行…14万円
  • 差額…2000円

ということです。「100万円を1年借りて、2000円の利息差」ということですね。これが10万円だったら多少は大きいかも知れませんが、100万円を1年で2000円の差なら、ほとんどないも同然の差だといえるでしょう。

ということで、一応金利はイオン銀行の方が安いのですが、極めて微妙な差なので、特に意識する必要はありません。

また、ソニー銀行もイオン銀行と同じく、上限金利13.8%なので、こちらもみずほ銀行との違いはほぼありません。

みずほ銀行カードローンの限度額は最大1000万円

もう一つ、みずほ銀行カードローンが借り入れの一本化に向いている点をあげると「最高極度額が大きい」ということもあります。最高で1000万円まで借入可能なので、かなり重度の多重債務でも、一本化することができるのです。

もちろん、1000万円という限度額は、

  • まず借りるのが難しい
  • そこまでの借入超過なら、そもそも債務整理した方がいい
  • 1000万円まで借金できても、今度はみずほ銀行で1000万円借りるのが難しい

…というように、実際の借金の一本化では、あまり必要ない金額です。ほとんどの人は100万円~400万円くらいのレベルで終わるでしょう。もしこれ以上のキャッシング総額にすでに到達している…という人がいたら、借金の一本化をするよりも、債務整理をすることをおすすめします。

債務整理とは?

債務整理とは、簡単に言うと「借金の減額・利率引き下げ」などをすることです。方法は下の4種類があります。

  • 任意整理
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

このうち、「任意整理・特定調停・個人再生」は、借金の減額が可能。任意整理・特定調停の内容は何でもありです(過払い金の返還や利息のカットなど、業者との相談しだいで、いろいろな内容が可能です)。

で、個人再生は最高で「借金総額を5分の1まで減額」できます。法的な最高は「10分の1」ですが、これは3000万円レベルの借金をしていないとできません。500万円以内の借金総額だったら「5分の1」までで終わります。

何にせよ、借入残高が5分の1になれば、自力返済ができる人は一気に増えるでしょう。そのため、おまとめローンを利用しても返済が難しいレベルの借入超過になったら、まずは個人再生や任意整理などの債務整理を検討してみてください。

おまとめローンと総量規制の関係

借金の一本化をする時には、銀行カードローンにしても消費者金融のおまとめローンにしても「総量規制の対象外」という条件が必要です。この理由を説明すると、

  • 一本化をするには「不要な業者を個別に完済」しなければいけない
  • そのためには、どこかからお金を用意する必要がある
  • しかし、多重債務者に貯金はない(あればそれでOK)
  • お金がないので、どこかから借りる必要がある
  • しかし、多重債務者なので、総量規制の限界(年収の3分の1)まで借りていることが多い

…ということで、「普通だったらもう借りられない」という状態になっているんですね。で、そういう人に対して「例外的に融資する」というのが「総量規制の対象外」ということです。

この人の場合は必要だから、一時的に総量規制の例外にしてあげよう…ということですね。多重債務者が借り入れを一本化して、破産を免れることは、日本全体としてもいいことだからです。

銀行カードローンは最初から総量規制の対象外なので、関係ない

で、上のように「おまとめローン=総量規制の対象外」でなくてはいけない。…のですが、銀行カードローンの場合は最初から「総量規制の対象外」なので、どうでもいいのです。みずほ銀行も同じです。

で、消費者金融は総量規制の対象となるので、おまとめローンとして設けられたコースは、特別にその対象外とする…ということなんですね。

で、貸金業法の中ではどのような条文によって、その「おまとめローン=総量規制の対象外」ということが決まっているのか説明します。

貸金業法施行規則第10条23の1項

最初に条文の番号を書いておくと、『貸金業法施行規則第10条23の1項』となっています。ここには「こういうケースでは、総量規制の例外・除外とします」ということが書かれています。で、その内容を全部口語訳すると下の通りです。

  • イ…新たに融資するお金(おまとめローンなど)の返済が、これまでの返済よりも重くならないこと
  • ロ…新しい融資(おまとめローンなど)の返済金額が、これまでの借金よりも多くならないこと(当たり前だけど、詐欺を防ぐため)
  • ハ…担保を要求しないこと(しかし、これまでの借金で、すでに担保がついていた場合は別)
  • ニ…もし担保を提供させる時は、それが借り手にとって不利な内容にならないこと
  • ホ…保証人を要求しないこと(しかし、それまでにすでに保証人がついていた場合、その人は別)
  • ヘ…保証人をもしつける場合は、契約の内容が、その保証人に不利にならないようにすること

…というのが、一番の基本部分です。ここまでは「10条23の1項(1)」です。続いて「23の1項(2)」を説明します。(ここから、具体的な おまとめローンの話になっていきます)

10条23の1項2『おまとめローンの条文』

1項の2は、まずこういう内容から始まります。

  • すでに借金している人が、
  • その借金を返済するために必要な資金で、
  • 今から書く条件に合致するなら、
  • 総量規制の対象外にしてOK

…というイントロです。で「今から書く内容」が、列挙されていきます。

  • イ…新しく貸すお金(おまとめローン)は、すべて一本化に使われなければならない。また、融資する人間は素人ではなく、正規の貸金業者でなくてはならない
  • ロ…おまとめローンの金利は、これまでの金利より高くなってはいけない(複数の業者から借りている場合、その金利の平均)
  • ハ…そのおまとめローンによって、借金が徐々に減っていく計画が立っている(要は、毎月一定以上の金額を、必ず返済させること)
  • ニ…23項1(1)の、イ~ヘのすべてに該当すること

…という風です。要は、

  • 全部、借金の一本化に使うこと
  • 正規の業者がやること
  • 金利が以前より高くならないこと
  • 月々の返済金額をしっかり決めること

…ということですね。ごくごく当たり前のことですが、一応こうしてすべて明文化するのが法律というものです。

で、これらを総合して「顧客に一方的に有利になる借り換え」としばしば表現されます。しかし、貸金業法や貸金業法施行規則の中に「顧客に一方的に有利になる借り換え」という一文があるわけではないんですね。

(あくまでここまで書いた内容を一言でまとめると「顧客に一方的に有利になる借り換え」になる…ということです)

…という法律によって、消費者金融のおまとめローンは「総量規制の対象外」となっています。この辺はキャッシングやカードローンに対して専門的な興味を持つ人のための知識ですが、そうした方のお役に立てば幸いです。


以上、みずほ銀行のおまとめローンと、それに関する貸金業法や債務整理などの規則についてまとめました。現在複数ローンを抱えて、多重債務状態の方の参考にしていただけたら幸いです。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP