おまとめローンで一本化

アコムのおまとめローン「借換え専用ローン」はおすすめ?

アコムのおまとめローンは、「すでにアコムで借りている人」が借金の一本化する場合にはおすすめです。理由は、

  • おまとめ総額が小さい時は、アイフルの方が低金利
  • 逆に総額が大きい時は、プロミスの方がいい

ということです。以下、詳しく説明します。

消費者金融のおまとめローンの金利一覧

大手の消費者金融が用意しているおまとめローンの金利(実質年率)は、一覧にすると下の通りです。

  • アコム…7.7%~18.0%
  • プロミス…6.3%~17.8%
  • アイフル…12.0%~15.0%
  • ノーローン…12.0%~18.0%

で、キャッシングの知識がある人なら知っているでしょうが、

  • 借入金額が小さい時…高い方の金利
  • 借入金額が大きい時…安い方の金利

…が適用されます。それぞれ「上限金利・下限金利」といいます。そして、大手の消費者金融のおまとめコースの金利を比較すると、

  • 上限金利が一番安い…アイフル
  • 下限金利が一番安い…プロミス

となっているんですね。それぞれ、

  • アイフル…15.0%(他はほぼ18.0%)
  • プロミス…6.3%(2位のアコムでも7.7%)

という風です。アコムは「下限金利」では割といいところにつけているのですが、それでもプロミスに対して「1.4%」という、割と大きな差をつけられています。

で、上限金利の方は安いかといえば、こちらではアイフルに「3%」という大差を付けられているわけです。ということで、「アコムのおまとめローンは、下限金利も上限金利も一番安くはない」ということなんですね。

そのため、単純に金利だけで比較したら、アコムのおまとめローンを選ぶ理由は特にないのです。

すでにアコムで借りている人ならおすすめ

しかし、すでにアコムで借りていて、そのアコムでの借り入れも含めて、借金の一本化をする…という場合には、アコムのおまとめローンを利用することはおすすめです。理由は、

  • すでに審査済みなので、審査時間が短くなる
  • 通常のキャッシングの利用履歴がよければ、審査に通りやすい

ということです。二つ目については、想像がつくと思いますが、逆に遅延・延滞している(あるいはした)という場合は、不利になります。

アコムの場合に限らず、キャッシングの世界では借入・返済の履歴(クレジットヒストリー)は、諸刃の剣なのですが、ここでもやはり同じ…ということですね。いい方にも悪い方にも出る、ということです。

というように延滞・滞納している人だと逆におすすめできない場合もありますが、そうでない人なら、他の消費者金融のおまとめローンよりは、審査に通りやすくなることは、ほぼ確実です。

アコムで借金の一本化をする時の注意点

アコムだけでなく、どの消費者金融ブランドで一本化する時も同じですが、下の点に注意してください。

  • 金利が安くなるかどうか、事前にシミュレーションする
  • おまとめした後、返済期間が長くならないかどうかチェックする
  • 過払い金が発生していないかチェックする

ということです。それぞれ詳しく説明します。

借り入れを一本化しても、金利が下がるとは限らない

まず、「おまとめローンで一本化すれば、絶対に金利が安くなる」というわけではありません。たとえば消費者金融のおまとめローンの場合、すべて「借入総額100万円を超えている」場合しか、安くならないのです。

100万円以下のキャッシング総額の場合、通常の借り入れでもおまとめローンでも「上限金利」が適用されるからですね。そして、消費者金融のおまとめローンの上限金利はそれぞれ、

  • アコム…18.0%
  • プロミス…17.8%
  • ノーローン…18.0%
  • アイフル…15.0%

…となっています。アイフル以外の三業者・ブランドは、すべて「バラバラで借りている時の金利と、変わらない」わけです。

アイフルだけは、100万円以下でも「実質年率15%」ということで、銀行カードローンなみに安くなります。ということで、アイフルでおまとめローンを利用するなら、100万円未満の借入総額でもいいでしょう。

しかし、そうでないなら「100万円未満で借金の一本化をしても、低金利になるとは限らない」ということを知っておいてください。

借金の一本化した後の「返済期間」に注意

当然ですが、「返済期間」が長なるほど、利子総額は大きくなります。つまり、

  • 毎月の返済額を大きくして、
  • 短期決戦で完済した方がいい

ということです。しかし、おまとめローンによってこの「短期決戦」を「しない設定」になってしまうことがあるんですね。つまり、

  • おまとめローンを使う
  • 返済スケジュールを業者・ブランドが再設定する
  • その時に、返済期間が長くなった
  • しかし、気付かずそのまま返済していく

…ということです。これは実はよくあります。

これが起きやすい理由は「月々の支払額が減ったのを、おまとめローンの効果とか違いする」というもの。人間はダイエットでも運動でも何でも「やり始めたら、すぐに効果を期待する」という修正があります。

そして、心理学的には、人間の判断には「認知バイアス」というものがあり、「物事を、正常に判断できないのが普通」なのです。そして、おまとめローンを利用した直後は「借金の一本化をしたんだから、低金利になっているはず」という思い込みがあるんですね。

確かに低金利にはなっているかも知れませんが、返済期間が長くなってしまったら、結局「高金利だけど、短期間で完済する」という場合より、利息総額が大きくなるのです。

ということで、おまとめローンの効果を期待するあまり、その「返済期間のマジック」に気づかない…ということがないようにしてください。

過払い金が発生していないか確認してから

特に2007年以前から借り入れしている人は、「過払い金が発生していないか」を、よく確認してから おまとめローンを利用しましょう。

理由は、過払い金がある状態で借金の一本化をすると、もうその過払い金は返還請求できないからです。つまり「過払い金が返ってこない」ということです。

なぜ、おまとめローンによって過払い金が返ってこなくなるのか。これは「おまとめローン」が悪いというより、「一本化をするために、完済した業者は『解約する』必要がある」からです。

借金の一本化というのは、不要な業者を「完済する」だけではダメなんですね。

  • 完済して、
  • 解約までする

ということで、初めて「一本化成功」となるのです。解約までしないといけない理由は、

  • キャッシングの世界では、「融資枠が残っている」=「その金額を実際に借りている、と判断される
  • おまとめローンを許可した業者(アコム)も、他は「解約する」ことを要求する

ということです。後者は何となく納得できるでしょう。「私と結婚するなら、他の女の子と付き合うのをやめなさい」という、ごく当たり前の内容ですね。

なぜ「融資枠が残っている=借りている」なのか

もう一つの「融資枠が残っているだけで、実際に借りているのと同じと見なされる」という部分には、違和感をもつ人もいるかも知れません。理由を説明すると、

  • 一度与えた限度額を、カードローン会社は取り消せない
  • つまり、その人はその限度額分「いつでも借りられる」ことが確定している
  • つまり「解約」しない限り、その人がいつ追加借入をするかわからない

…ということです。おまとめローンを引き受ける業者・ブランド・銀行は、それだけリスクを背負っています。(一人の人間に対して、100万円以上などの高額を融資するわけですから)

ということで「そちらも、それなりにケジメを見せてくれないと困りますよ」ということですね。そのため、その他の業者は「解約」が必要なのです。

で、解約すると「その業者・ブランド・銀行で発生していた過払い金は、もう返還請求できない」ということ。解約して、すべての契約が終わったからですね。

ということで、借金の一本化をする前には、必ず過払い金の有無を確認しなければならないというルールがあるのです。

アコムの場合は、2007年6月18日から、現在の金利になっています。つまり、それ以前から借り入れしていた人は、過払い金が発生しているということです。

それ以前といっても、短期間の場合は過払い金も大した金額ではないので、無視してもいいでしょう。長期間借りていたという人は、まず先に過払い請求をするようにしましょう。

(アコムでも、他の消費者金融でも)


以上、アコムのおまとめローン「貸金業法に基づく 借換え専用ローン」についてまとめました。多重債務者の方に、参考にしていただけたらと思います。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP