審査 必要書類や在籍確認

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンが人気の理由

限度額重視ならオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの「限度額は最大800万円」で「金利は1.7%~17.8%」と、限度額が高く最低金利が低いという特徴があります。将来的に高額の枠を低金利で利用したいという方はオリックス銀行カードローンがおすすめです!

オリックス銀行カードローン申込み窓口

即日融資!カードローン

オリックス銀行カードローンは土日・祝日でも当日借入できる

オリックス銀行カードローンは土日・祝日の即日融資も可能です。ただ、平日は「オリックス銀行の口座なしでもOK(どの銀行口座でもOK)」という条件ですが、土日キャッシングの場合のみ、

  • オリックス銀行
  • ジャパンネット銀行

のどちらかの口座が必要になります。ということで、少々条件に制約はありますが、これらの口座さえ持っていれば(そして、時間内に申し込みすれば)、土日・祝日・休日でも、オリックス銀行で当日借入することは可能です。

オリックス銀行は何時までに申し込みすれば、土日借入できるか

オリックス銀行カードローンで土日融資を受ける場合、何時までに申し込めば即日借入できるか―。これは、特に決まってはいません。しかし「大体午前中」と言われています。理由は、

  • オリックス銀行の審査は、おそらく3時間~5時間程度はかかる
  • 長めになったとして、5時間とする
  • その場合、正午に申し込むと「17時」に審査が終わることになる
  • 17時は普通の会社の終業時間なので、オリックス銀行の審査も終わる可能性が高い
  • ということは、正午ではギリギリ
  • そのため、それ以前=午前中に申し込んだ方がいい

…ということです。もしかしたら5時間もかからず3時間…あるいは2時間などもっと短い審査時間で間に合う可能性もあります。

しかし、当日キャッシングを確実に成功させることを考えると、やはり時間に余裕を持って、午前中には申し込みした方がいいでしょう。(これはオリックス銀行に限らずどの銀行カードローンや消費者金融でも共通のルールですが)

他に土日キャッシングができる銀行カードローン一覧

オリックス銀行以外でも、土日融資に対応している銀行カードローンを一覧にすると、下のようになります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行(レイク)
  • ソニー銀行

そして、このうち「その銀行の口座なしでもOK」というのは、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行(レイク)
  • 三井住友銀行

…という3つの銀行カードローンのみになります。その他の銀行の場合、

  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行

は、それぞれ「その銀行の口座が必要」という条件になります。オリックス銀行もこちらのグループに属します。

ということで、三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・新生銀行などと比較すると、オリックス銀行カードローンの土日キャッシングは少々不便なのですが、これはこの「3つの銀行が別格」なだけ。決してオリックス銀行がダメというわけではありません。

(事実、楽天銀行やソニー銀行などの他の銀行カードローンも、これら3つの銀行と比較すると、土日融資は不便ですから)

借りやすさを重視するなら、三菱東京UFJ銀行などで

決してオリックス銀行カードローンの土日融資も悪くはありませんが、借りやすさを最重視するなら、先に書いた3つの銀行で申し込んだ方がいいでしょう。つまり、三井住友銀行・新生銀行・三菱東京UFJ銀行のどれかのカードローンですね。

銀行カードローンでも消費者金融でも、それぞれに長所と短所、メリット・デメリットがあり、土日キャッシングに関しては、やはりこの3つの銀行が最強なのです。

もしくは消費者金融で借りるといいでしょう。銀行カードローンというこだわりがなければ、土日融資が一番しやすいのは消費者金融です。

…ということで、目的が「休日にお金を借りる」ことであれば、オリックス銀行カードローンだけにこだわらず、あらゆる選択肢を試してみてください。

オリックス銀行で土日借入する時の注意点

オリックス銀行カードローンで土日借入する時の注意点―。この最大のものは「オリックス銀行カードローンの審査は、在籍確認の回避ができない」ということ。つまり、もし土日・祝日に会社が休みという場合には、在籍確認が取れない…ということもあるわけです。

もちろん、その場合は審査に通りません。このパターンで土日の即日キャッシングに失敗するという人は多いのですが、オリックス銀行でもやはりそれが多い…ということです。

そのため、「勤務先の定休日が土日・祝日」という人の場合、残念ながらオリックス銀行での土日借入はできません。

(もちろん、勤務先が休みであっても、誰かが職場で留守番をしていて、電話に出てくれるという場合は話は別です。これはあまりないレアケースだとは思いますが…)

土日・祝日に勤務先が休みの場合、どうするか

もし「土日・祝日に勤務先が休み」という場合は、どうすればいいのか。これは下のような選択肢になります。

  • プロミス・モビットで申し込む(在籍確認の代替措置をとる)
  • アコムで申し込む(限度額10万円以下でいいなら)
  • 他の銀行カードローンで申し込む(レイク・三菱東京UFJ銀行など)

…という風になります。以下、詳しく説明します。

モビット・プロミスでは、在籍確認の代替措置が取れる

モビット・プロミスでは、在籍確認の代替措置というものが認められています。

  • 在籍確認の必要がないくらい、クレジットスコアが高い人
  • 土日・祝日に勤務先が休みなど、やむを得ない事情がある
  • 会社の保険証・給与明細などの所定の書類を提出できる

という条件です。これらの条件を満たした人に限り、在籍確認をしなくてもキャッシングできる…というシステムになっています。それぞれ解説すると、

  • クレジットスコア…年収・職業などの総合的な条件
  • やむを得ない事情…職場の定休日に加えて、その他の事情
  • 保険証…組合保険証・社会保険証など。国民健康保険証はダメ

…という風です。「国民健康保険証ではダメ」というのは、あくまで「職場で発行された」ものでないとダメだからです。社会保険証・組合保険証などの「勤務先で発行される」保険証の場合、その勤務先に在籍していなければ、確実に発行されないものです。ということで、在籍確認の代わりになるんですね。

逆に国民健康保険証の場合は、保険料さえ払っていれば、フリーター・アルバイト・パート・無職など、誰でも加入できる保険です。ということで、健康保険としての価値はあるのですが、「在籍確認の代わり」にはならないわけですね。

…というような書類の条件もあるのですが、これらの条件を満たした人の場合、プロミス・モビットだったら、代替措置による、在籍確認の回避が認められています。

モビットでは三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座も必要

ここまで書いた代替措置の条件は、モビット・プロミス共通のものです。モビットだけにある条件として、「三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行の口座のどちらかを持っている」ということが挙げられます。この分、モビットの方が在籍確認を回避するハードルは高いですが、代わりにこれらの口座があれば、WEB申し込みのみで半自動的に回避できる…という強みがあります。

…というのがプロミス・モビットで職場への電話連絡なしで借りる方法です。オリックス銀行カードローンのように「在籍確認必須のキャッシングはいやだ」という場合は、このようなプロミス・モビットなども検討してみてください。

土日キャッシングでよくある疑問

土日キャッシングで、特に初心者の方によくある疑問として「土日融資は、手数料がかかるのか?」というものがあります。結論は、

  • 借り入れで使うATMによっては、手数料がかかる
  • しかし、それは「土日・祝日だから」ではない
  • 手数料がかかるATMは、平日でもかかる
  • 無料で使えるATMは、平日も土日・祝日も無料

…という風です。で、オリックス銀行カードローンの場合、無料で使えるATMというのは、

  • コンビニ全般
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 西日本シティ銀行

…という風になっています。他の銀行のATMでも、これだけ手数料なしで利用できる…というわけですね。銀行カードローンで、これだけ他の銀行のATMを無料で使えるのは、オリックス銀行くらいです。

(あとは、楽天銀行・イオン銀行も結構他行のATMが使えます)

「コンビニ全般」というのは、ファミリーマート・ローソンなどの大手はもちろん、セイコーマート・生活彩家・スリーエフ・ポプラなどの中小コンビニなどもすべてOKです。日本に存在するコンビニのATMなら、全部OKと思ってください。

…というように、これらのATMで借り入れするなら、オリックス銀行の土日融資でも手数料がかかる…ということはありません。逆に、他のATMで借入・返済する場合、曜日に関係なく手数料がかかるので、この点は注意してください。


以上、ATMの利用手数料なども絡めて、オリックス銀行カードローンの土日キャッシングについてまとめました。土日・祝日の即日借入に関しては、「できない」という銀行カードローンよりは便利です。

ただ、「もっと便利」な消費者金融や銀行カードローンはあるので、借りやすさを重視するなら、それらをおすすめします。

即日融資!カードローンのコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP