審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

最短即日融資!カードローン

年収200万円以下でも、カードローンは借りられる

年収200万円以下でも、カードローンでお金を借りるのは可能です。まとめると―。

  • 消費者金融なら余裕
  • 銀行カードローンも、大手なら割とOK(ただし少額)
  • 地方銀行のカードローンは、半々

…ということです。以下、詳しく説明します。

目次

1.消費者金融なら年収100万円以下でもOK

目次に戻る

1-1.『10万円』だったら月収5万円でも借りられる

プロミス・SMBCモビット・アコムなどの大手の消費者金融のカードローンの場合、希望金額が「10万円」であれば、月収5万円程度のアルバイトの人でも、借りられることが結構あります。

このレベルの月収だと「ギリギリ」ですが、確率としては、大体30%くらいと思ってください。(全体の審査通過率が40%~45%程度なので)

「月収5万円でも審査に通る」というのは、計算からしても間違っていません。

  1. 月収5万円なら、年収は「60万円」である
  2. この人の「年収の3分の1」は「20万円」である
  3. だから「20万円」までは借りられる

というのが、貸金業法の「総量規制」というルールだからです。だから法的にもまったくありうるわけですね。

1章 目次へ

1-2.月収5万円だと「クビになる」のが心配

上のように金額的には「月収5万円」でもカードローン審査はまったく問題ないわけです。しかし、それでも審査に通らない場合があるのは―。

  • このレベルの月収だと、クビになることもある
  • ↑(職場にとって、それほど重要な人ではないので)
  • また、本人も「いつでもやめてOK」な状況である

ということです。つまり辞めやすい、辞めさせられやすいということですね。どちらにしても「仕事がなくなる」というのは、融資する消費者金融の側にとってリスクなので、その点で審査で不利になるのです。

(つまり、金額自体はまったく問題ないわけです)

1章 目次へ

1-3.勤続年数が長ければ、低収入でも問題なくOK

上に書いた通り―。

  • 「収入」としては問題ない
  • 「いつ辞めるかわからない」というのが問題

ということは「この人は、カンタンには仕事を辞めない」と思ってもらえたらいいわけですね。そのためには―。

  • 勤続年数が長い
  • 信用できる職場である
  • ↑(官公庁など、定着率の高い勤務先)

…という条件があれば有利になります。勤続年数については「すぐどうにかなるものではない」でしょうが、例えば下のようなケースなら、審査に申し込みやすくできます。

1章 目次へ

1-4.複数のバイト先があれば、勤続年数が長い方で

もし複数のアルバイト先がある人なら―。

  • メインの勤務先…勤続年数が長い方で申し込む
  • 年収…すべての合計で申し込む

というようにすれば「十分な年収があり、かつ勤続年数も長い」ということになります。もちろん、それぞれの勤務先でいくら稼いでいるかを聞かれたら、そこは正直に答えなければなりません。しかし―。

  • 50万円以下の借り入れなら、そこまで聞かれない
  • まして「10万円」だったら、ますます聞かれない

ということで、「それぞれの勤務先での月収」は、あまり関係ないと思ってください。なので、勤続年数の面で審査が有利になるよう「長い方で申し込む」のが大事なのです。

1章 目次へ

2.大手の銀行カードローンも、少額融資ならOK

目次に戻る

2-1.昔の銀行カードローンは厳しかったが…

銀行カードローンの審査というと「厳しい」というイメージがあるでしょう。しかし、それは昔の話です。

確かに今でも「消費者金融よりは」厳しいです。しかし、昔の銀行カードローンと比べると、今の銀行カードローンの審査は、かなり申し込みやすくなっています。理由は―。

  • 昔の銀行は「個人向け融資のノウハウ」がなかった
  • だから「審査を厳しく」せざるを得なかった
  • また、バブル期は「不動産を担保で貸す」方が断然儲かった
  • だから無担保融資に興味がなく、ほとんど審査を通さなかった

というものです。まとめると―。

  • ノウハウがなかった
  • 興味がなかった

ということですね。しかし、その後―。

  • 大手消費者金融との連携で、ノウハウが蓄積された
  • 不動産神話が崩れ、無担保融資を無視できなくなった

という理由から、銀行カードローンはかなり、個人向けの融資に積極的になったのです。もちろん「適当に貸している」わけではなく「消費者金融を保証会社につけた、ノウハウの確かな審査」です。

…と、このような理由から「銀行カードローンの審査は、昔よりも申し込みやすくなった」んですね。

2章 目次へ

2-2.大体年収がいくらあればいいのか?

銀行カードローンの場合、1つの目安が「150万円」と言われています。これも絶対ではなく―。

  • 借入希望金額
  • クレジットヒストリー
  • その銀行口座の利用履歴

などによって千変万化します。ただ、多くの銀行カードローンで共通する大体の査定基準が「150万円」と考えてください。

2章 目次へ

2-3.なぜ「年収150万円」が目安なのか?

これは金額的な問題もありますが最低このくらいの年収がないと、いつ仕事をやめるかわからないというのが理由です。先に書いた消費者金融の時と同じですね。

年収が150万円ということは、「月収12万円」は稼いでいるということ。社員さんかアルバイトかはわかりませんが、どちらにしても生活のかなりの部分を、その仕事に依存しているということです。

となれば「そう簡単に辞めるわけにはいかない」というのは、誰でも想像がつくでしょう。そして、そういう人の方が大体勤続年数も長いので、大体150万円以上の年収がある人は、審査に通るのです。

2章 目次へ

2-4.オリックス銀行の「200万円以上」は今は関係ない

銀行カードローンで「年収200万円以上」というと、数年前までは「オリックス銀行カードローン」が有名でした。銀行カードローンでも融資条件として、年収の金額をハッキリ出すというのは、大手では少なかったのですが、オリックス銀行はそれを提示していたんですね。

ということで、オリックス銀行は特に「年収に関して厳しい」というイメージがあると思います。しかし、今ではオリックス銀行もこの条件を撤廃しているので、まったく関係ないと思ってください。

(おそらく、オリックス銀行も大体「最低ライン、150万円」くらいのレベルになっているでしょう)

2章 目次へ

3.地方銀行のカードローンだと、半々

目次に戻る

3-1.「年収200万円以上」が条件の地方銀行・一覧

地方銀行のカードローンの場合「年収200万円以上」というのは、一番メジャーな年収条件です。この条件で融資している地方銀行のカードローンは、例えば下のようなものです。

  • 広島銀行…カードローン/フリーローン
  • もみじ銀行…マイカードプレミアム カードローン
  • 徳島銀行…カードローンパートナー
  • トマト銀行…カードローンMAX
  • 大正銀行…大正ポケットカードローン
  • 西京銀行…さいきょうゲットカードローン
  • 東日本銀行…ゆあぽけっとⅡ
  • 香川銀行…PaPaっとカード(限度額100万円の場合)
  • 浜松信用金庫…はましんカードローン『すまいるプラス』

これらはあくまでごく一部ですが「地方銀行のカードローンは、大体年収200万円必要なことが多い」と思ってください。

3章 目次へ

3-2.「もっと低い年収」でもOKの地方銀行

「もっと低い年収でも借りられる」という地方銀行のカードローンは、もちろんあります。同じ地方銀行の中でも、カードローンの種類が変わればOKということもあります。

ということで、一概に「どの銀行」と区別するのは難しいのですが、たとえば下のような地方銀行のカードローンは、年収条件が「200万円」よりも少なくなっています。

  • 沖縄海邦銀行「かいぎんカードローン200」…年収100万円以上
  • 山形銀行「新フリーローン」…年収150万円以上

その他、年収を特に書いていないカードローンで「安定収入・継続収入があればOK」という条件は無数にあります。(この場合、借入可能金額は数十万円程度です)

3章 目次へ

3-3.「もっと高い収入」が必要な地方銀行

「200万円より、さらに高い年収」が必要な地方銀行も、当然あります。これもやはり銀行だけでなく、商品によっても変わるので、詳細は個別に調べていただく必要がありますが…。

たとえば、一例としては下のようなものです。

  • 三重銀行「カードローン・セレクト」…年収250万円
  • 武蔵野銀行カードローン「シグナス」…年収300万円
  • 香川銀行「PaPaっとカード」(200万円コース)…年収300万円
  • 山梨中央銀行「wakuwakuエブリ」…年収500万円

…という風です。山梨中央銀行の「年収500万円」というのは、かなり厳しい基準といえます(その代わりに、非常に低金利ですが)。


このように、地方銀行のカードローンの場合は数が多いので、必要とされる年収の基準も、千差万別です。確かなことはとりあえず大手で借りれば、200万円未満の年収でも問題ないということです。大手の方が「審査がシステマティック」なので、そういう小口の融資にも、問題なく対応できる、ということですね。

3章 目次へ

4.まとめ「年収200万円は、まったく問題ないレベル」

目次に戻る

4-1.クレジットスコアや勤続年数の方が重要

ここまで書いた通り、年収200万円という条件は「カードローンの審査に通るのに、まったく問題ないレベル」です。消費者金融でもそうですし、銀行カードローンでもそうです。

基本的に年収150万円以上あれば、あとは勤続年数やクレジットスコアの方が重要と思ってください。業者・銀行としては「要は返済してくれればいい」のですから、年収が低かろうと安定性・信頼性があれば、それで融資できるのです。だから、年収が200万円どころかもっと低い人でも、大きい金額をキャッシングできる…ということはよくあります。

4章 目次へ

4-2.この審査基準は「人生の質」にもつながる

この「勤続年数が長く、クレジットスコアが良ければ信用される」というのは、別にカードローン審査のためだけに、重要なことではありません。「人生の質」を考えた時も、これらのデータが良いことは、いいことなのです。

  • 勤続年数が長い…仕事のスキルが蓄積される、転職の時も信用される
  • クレジットスコアが良い…携帯・クレカの契約など、あらゆる場面で有利

ということです。特に後者についてですが、私は先日ワイモバイルの3年契約の審査でも落ちました(笑)。分割払いでなく、ルーターを一括払いで払う、と言ったのにです。

おそらく2年前にクレジットカードを強制解約になったせいだと思われますが、こういう「キャッシング以外の場面」でも、クレジットスコアが影響することは多いんですね。

というわけで、カードローン審査を受ける受けないに関係なく、クレジットスコアや勤続年数は、常に意識した方がいいでしょう。


以上「年収200万円以下でも、カードローンは借りられるか」という内容をまとめました。このレベルの収入で、お金を借りたいという方に、参考にしていただけたら幸いです。

4章 目次へ

5.参考サイト一覧

地方銀行のカードローンのページのみ、紹介させていただきます。

  • もみじ銀行「マイカードプレミアム カードローン」
  • http://www.momijibank.co.jp/personal/borrow/premium/site/
  • 「ご利用いただける方」の条件3つ目に「前年度年収200万円以上」と書かれている
  • 香川銀行「PaPaっとカード」
  • http://www.kagawabank.co.jp/kojin/syohingaiyo/pdf/krr_papacard.pdf
  • 借入が「100万円以下…安定収入がある」「200万円まで…年収300万円以上」という条件になっている
  • 徳島銀行「カードローンパートナー」
  • http://www.tokugin.co.jp/kojin/kariru/others/card_part2.html
  • 「100万円コース」の場合、「年収200万円以上」が条件
  • 広島銀行「カードローン/フリーローン」
  • http://www.hirogin.co.jp/service/card/
  • 「カード型」「分割返済型」のどちらでも「年収200万円以上」「継続した安定収入」と書かれている
  • 山形銀行「新フリーローン」
  • http://www.yamagatabank.co.jp/individual/kariru/mutanpo/free/free01/index.html
  • 前年度税込み年収「150万円以上」という条件
  • トマト銀行「カードローンMAX」
  • https://www.tomatobank.co.jp/personal/loan/max.html
  • 前年度年収が200万円以上、という条件(アルバイト・パートや派遣社員では不可)
  • 三重銀行「カードローン・セレクト」
  • http://www.miebank.co.jp/kojin/sodan/card_loan_select.html
  • 年収250万円以上、借入金額の2倍以上の年収、が条件
  • 浜松信用金庫「はましんカードローン『すまいるプラス』
  • http://www.hamamatsu-shinkin.jp/personal/loan/card-loan/card-smileplus.html
  • 前年度税込年収「200万円以上」とある
  • 大正銀行「大正ポケットカードローン」
  • https://www.taishobank.co.jp/product/loan_card/
  • 勤続年数1年以上&年収200万円以上という条件。自営業は「所得ゼロでない」と、やや緩い
  • 沖縄海邦銀行「かいぎんカードローン200」
  • https://www.kaiho-bank.co.jp/loan/card_200/
  • 前年度税込年収100万円以上(自営業者は150万円以上)
  • 山梨中央銀行「wakuwakuエブリ」
  • https://www.yamanashibank.co.jp/kojin/service/kariru/cat42/3856.html
  • 限度額100万円以上の場合「年収500万円以上」という、かなり厳しい条件
  • 西京銀行「さいきょうゲットカードローン」
  • http://www.saikyobank.co.jp/personal/service/loan/card/getcardloan.html
  • 勤続年数3年以上で、年収200万円以上(パート・アルバイトはダメ)
  • 武蔵野銀行カードローン「シグナス」
  • http://www2.musashinobank.co.jp/card/lp/
  • 一番小さい「100万円」のコースでも「年収300万円以上」と、厳しい
  • ただし高金利な「スマートネクスト」の方は「継続した安定収入」という条件のみ
  • 東日本銀行「ゆあぽけっとⅡ」
  • http://www.card-loan-cashing.com/keyword/65/
  • 借り入れが「100万円超」の場合、年収200万円以上
目次に戻る

最短即日融資!カードローンのコンテンツ

  • スピード重視!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • スピード重視!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

SMBCモビット SMBCモビット
融資情報
審査時間10秒簡易審査
融資時間最短当日融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
限度額800万円(3.0%~18.0%)

TOP