審査難易度は?3秒診断~即日融資の流れ

プロミス

プロミス

プロミスが人気の理由

お手軽さ重視ならプロミス

プロミスのWeb簡潔なら「カード無し」「郵送物無し」で利用可能!カード無しでもスマホ片手にその場でキャッシング!平日の14時までに Web契約完了で即日融資もOKで、スピード重視&お手軽さ重視の方はプロミスをご利用ください。

今すぐプロミスの3秒診断へ

※安定した収入がある方

おまとめローンで一本化

プロミスのおまとめローンは、借金総額が大きい時に低利息

プロミスのおまとめローンを、大手の消費者金融の中で比較すると、

  • おまとめ総額が大きい時…おすすめ
  • おまとめ総額が小さい時…おすすめできない

となります。具体的に言うと、

  • 総額150万円以下…アイフルのおまとめローンがおすすめ
  • 総額150万円以上…プロミスがおすすめ

という風になります。理由を説明します。

上限金利はアイフルのおまとめMAXの方が安い

150万円以下の少額の借金の一本化の場合…、ほぼ「上限金利」が適用されます。上限金利を、大手の消費者金融のおまとめローンで一覧にすると、

  • プロミス…17.8%
  • アコム…18.0%
  • アイフル…15.0%
  • ノーローン…18.0%

…という風になっているんですね。見ての通りアイフルの「15.0%」だけが安く、あとはみんな同じです。(通常のキャッシングと変わらない金利ですね)

ということで、100万円~150万円程度の少額の借り入れを一本化する場合、アイフルがいいわけです。もちろんこのような借入金額は本来「少額」とは言わないのですが、おまとめローンで一本化する場合では、これは少ない方になります。

(多重債務者の平均借入総額は400万円以上と言われていますからね)

下限金利だと、プロミスの方が安い

今度、逆に下限金利で比較してみると、断然プロミスの方が安くなります。

  • プロミス…6.3%
  • アコム…7.7%
  • アイフル…12.0%
  • ノーローン…12.0%

という風です。さっき一番低金利だったアイフルは、その面影もなく、断然高い上限金利になっています。そして、逆に上限金利では高かったプロミスが、ダントツで安くなっているわけですね。

プロミス・アコムのおまとめローンは、それぞれ極度額が「300万円」です。つまり、300万円借りる時、この金利になる可能性が高いわけですね。(実際に金利がいくらになるかは、その人のクレジットスコア・信用度によって異なりますが)

で、アイフルとノーローンは限度額が違っていて、

  • アイフル…500万円
  • ノーローン…400万円

となっています。アイフルとノーローンは限度額が大きいから「下限金利はアコム・プロミスより安くならなければいけない」のに、実際には、アコム・プロミスの方が低金利なんですね。

ということで、150万円を超えたあたりから、どんどんプロミス・アコムの方が低金利になっていく…ということです。だから、150万円以上では、プロミス・アコム…特にプロミスが金利が安くなる、ということなんですね。

極度額の大きさで比較すると?

極度額(借入可能金額)で比較すると、先にも少し書きましたが、

  • アイフル…500万円
  • ノーローン…400万円
  • プロミス…300万円
  • アコム…300万円

となっています。つまり、プロミス・アコムは低金利なのはいいですが「300万円を超える多重債務」のおまとめローンはできないということ。

そのため、300万円以上の高額の借金の一本化の時には、アイフル・ノーローンの方が良い…といえます。

おまとめローンの審査は、通常のキャッシングよりも厳しくなる

おまとめローンの審査は、それぞれの業者・ブランドの通常のキャッシング審査より、ある程度厳しくなります。理由は、

  • 一人に100万円以上の高額を融資する
  • しかも、多重債務者という信用が低い属性の人である

ということです。一人に100万円以上融資するだけでもかなりの信用が必要なことなのに、ましてその人が多重債務者なわけですから、これは審査が厳しくなるのも当然でしょう。

(おまとめローンである以上、借りる人は必ず多重債務者ですからね)

ということで、普段は割と審査に通りやすい大手の消費者金融でも、おまとめローンに関しては多少厳しくなる…という覚悟はしておいて下さい。

どのような点で審査が厳しくなるのか?

具体的には「対面の審査が必須になる」という点。たとえば、

  • 来店審査
  • 自動契約機

のどちらかで「顔が見える」審査をしなければいけない…ということです。その他に「郵送」という選択肢もありますが、これは借り入れに10日ほどかかるので、多くの人はそれほど待てないでしょう。

ということで「無人契約機」「来店審査」のどちらかになるのですが、どちらにしてもおまとめローンの時は、対面の審査が必須になるということ。これはその分審査が厳しいと言っていいでしょう。

(対面=絶対に厳しいとは限りませんが、それだけ申し込む側には選択肢が少なく、手間もかかるので)

アイフルのおまとめローンの審査について

アイフルのおまとめローンの審査だけはちょっと変わっていて「ネット申込みのみ」となっています。しかし、審査が終わった後に「来店契約」が必要で、そちらで「顔が見える審査」をしているわけですね。(審査ではなく、契約ですが)

つまり、アイフルにしてもプロミス・アコム・ノーローンにしても、おまとめローンは「審査か契約のどちらかの段階で、必ず顔を見せて申し込みする必要がある」ということ。この点通常のキャッシングより少々ハードルが高いので、注意してください。

すでに借りている業者・ブランドだと、審査に通りやすい

おまとめローンを利用するということは、すでに多重債務なわけです。その多重借り入れの中に、おまとめローンを提供しているアコム・ノーローン・アイフル・プロミスなどの大手が入っている場合、その「すでに借りている業者・ブランド」で一本化することをおすすめします。

(大手から複数借りている場合は、ここまでの説明を参考にして選んでください)

すでに借りている業者・ブランドからおまとめローンを利用させてもらうのは、どういうメリットがあるのか。これは、

  • 審査項目をすでに審査済みなので、早く終わる
  • 延滞・滞納をしていなければ、その返済実績で審査に通りやすくなる

ということです。現時点で借り入れしているということは、通常のキャッシングの審査でも必要になる、

  • 勤務先情報
  • 自宅情報

などの膨大なデータをすでに審査したということ。他の業者・ブランドのおまとめローンを申し込む場合、これらの審査を一からやり直すわけですが、既に借りている業者・ブランドだったら「以前の審査情報を再利用できる」わけです。

(これもある週のリサイクルのようなものですね)

遅延・延滞なく返済していれば、さらに通りやすい

さらに、その業者・ブランドの支払いで、延滞・滞納をしていないという場合―。これはその業者・ブランドの内部で「社内クレジットスコア」が高まっているので、審査通過しやすくなります。

普通の仕事での人間の評価も同じですが、「こういう実績があるらしい」という「よそでの出来事」より「この人は、うちと長年付き合って、こういう実績を残してきた」という根拠の方が、多くの人はより強力なものに感じるでしょう。

ということで、

  • すでにその業者・ブランドで借りている
  • そこで、遅延せずに良好な借入履歴を残している

という場合には、その業者・ブランドでおまとめローンを利用するのが一番簡単でいい…ということが多いんですね。

アコム・ノーローンは、そういう条件でおすすめ

ここまで書いた通り、おまとめローンの金利だけ見ると、アコム・ノーローンはそれほどおすすめできないということがわかるでしょう。アコムについては、下限金利はプロミスについで2番目に安いということで、悪くはありません。

しかし、それにしてもプロミスで借りた方がもっと低金利なわけですし、中途半端な印象は否めないでしょう。

ノーローンも同様で、ノーローンは「12%~18%」と、下限金利・上限金利どちらを見ても高いので、金利だけ見ると、おすすめできる部分がまったくない…というのが正直な所です。

しかし、こうしたノーローン・アコムのおまとめローンについても「すでにアコム・ノーローンのどちらかで借りている」という時は、利用するメリットがあるんですね。(ここまで書いた通りの理由です)

ということで、プロミス以外の他社・ブランドのおまとめローンを利用する場合は、こうしたポイントも意識してください。

おまとめローンで一本化のコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP