即日融資!カードローン

イオン銀行カードローンは口座があれば当日融資も可能!

イオン銀行カードローンは、当日キャッシングにも対応しています。これはイオン銀行だけでなくどの銀行カードローンでも消費者金融でも共通のこと。

以下、イオン銀行カードローンの即日融資に関するポイントをまとめると、

  • イオン銀行の口座が必要
  • 口座の当日開設はできない(もともと持っていないといけない)
  • 14時までの申し込みは、当日中に回答をもらえることが多い
  • できれば、午前中に申し込んだ方がいい
  • 土日・祝日でも即日借入できる

…という風になります。以下、詳しく説明します。

イオン銀行の口座があれば即日キャッシングできる

イオン銀行カードローンの当日融資の条件は、「イオン銀行の口座を持っている」ということ。これは他の銀行キャッシングの当日審査でもかなり共通します。

「その銀行の口座なしでも当日融資可能」という銀行カードローンは、下の通りです。

  • 新生銀行(レイク)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • オリックス銀行
  • 楽天銀行

…という風です。意外と多いかも知れません。そして、これが「土日・祝日でも、その銀行の口座なしでOK」という条件になると、

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 新生銀行(レイク)
  • 三井住友銀行

の3つのみとなります。つまり、即日融資に関して一番有利なのは、これら3つの銀行カードローン…ということです。

イオン銀行は、平日でも土日・祝日でも「イオン銀行の口座が必要」という条件なので、この点では少々即日借入しにくい…と言えるかも知れません。

(もちろん、イオン銀行の口座をすでに持っている人にとっては関係ないことですが…)

14時までの申し込みは、原則として当日中に審査回答

イオン銀行カードローンの審査は、14時までに申し込みをしたら、原則としてその日中に審査回答してもらえる…という風になっています。つまり、当日審査できる…ということですね。

ただし、これはあくまで「原則」に過ぎません。確実にその日中に当日借入したい場合は、午前中には申し込みましょう。午前中に申し込んでも、絶対に当日中に借りられるというわけではありませんが、確率はかなり高くなります。


以上、イオン銀行カードローンBIGの即日審査・当日融資についてまとめました。ここから先は「即日キャッシングに関する知識」として、地方銀行や中小の消費者金融の即日融資についてまとめていきます。

地方銀行のカードローンで即日融資ができる商品・一覧

即日融資ができるのは、イオン銀行のカードローンBIGのような大手の商品だけに限った話ではありません。地方銀行でもかなり当日融資に対応しています。

「即日キャッシングは決して難しくない」ということを説明するために、ここでは、それら地方銀行で当日融資できるカードローンを一覧にして紹介します。

  • 高知銀行…こうぎんカードローン・サポート
  • 佐賀共栄銀行…SSカードローン
  • 佐賀銀行…おきがるポケットローン
  • 四国銀行…フリーカードローン
  • 大東銀行…ローンアシスト(プレミアム)
  • 中国銀行…フリーローン「コ・レ・カ」
  • 筑波銀行…ぴったりフィットローン
  • 徳島銀行…フリーローン「れいんぼ~」
  • トマト銀行…トマトカードローン「スピード王」
  • 富山銀行…とやまThe Free
  • 福島銀行…カードローン「イーベ」

…という風です。これらはすべて「最短即日融資」と書かれている地方銀行の銀行カードローン。もっと審査が早いものも含めたら「地方銀行でも当日キャッシングできる」というカードローンは、かなりの数になります。

(即日よりももっと早い「10分」「1時間」「2時間」などの地方銀行は結構あるので)

というように、地方銀行のカードローンでも即日キャッシングは当たり前にできる時代なので、イオン銀行のカードローンBIGでも、当日融資できるのは当然なんですね。

中小業者で当日審査に対応している消費者金融の一覧

続いて、地方銀行だけでなく、中小の消費者金融でも即日融資に倒している業者をまとめます。

  • NCB…フリーローン・メンバーズローン
  • タカラ…おとどけキャッシング
  • 東日本信販…フリーローン
  • プリモファイナンス…フリーローン
  • エレガンス…レディースキャッシング
  • 大蔵商事…フリーローン
  • 大阪ファイナンス…カードローン
  • アトモス…おまとめローン
  • ビアイジ…ビアイジカードローン

…という風です。これらもほんの一部ですが、中小業者でもこのように即日キャッシングは当たり前にできる時代になっています。

これらの中には、「即日どころか10分」というものもあり、キャッシング審査の高速化もここまできている…と痛感します。

キャッシング審査はなぜここまで高速化したのか

イオン銀行カードローンにしても、地方銀行や中小業者にしても(もちろん大手の業者・銀行にしても)、なぜここまでスピーディーに審査できるようになったのか。この理由は一覧にすると下の通りです。

  • ネットの進化で、情報の共有が進んだ
  • コンピューターの進化で、膨大な情報処理が瞬時にできるようになった
  • 法整備が進む、個人信用情報機関の間での情報共有が進んだ
  • 利用者の統計が膨大に集まることで、より確かな審査ができるようになった

…ということです。「ネット」と「コンピューター」は同じと思われるかも知れませんが違います。

  • ネット…個人信用情報の照会を、いちいちファックスでしなくていい(WEBで閲覧できる)
  • コンピューター…自宅情報・勤務先情報などの膨大なデータを、一瞬で処理し、その人のクレジットスコアを計算する

…という風です。つまり、後者はネット回線が関係ないものです。

  • 利用者から送られてきた審査情報を、
  • それぞれのキャッシング業者や銀行が持っているコンピューターにかけて、
  • 「計算開始」と押したら、一気に審査してくれる

…ということですね。(もちろん、その「申し込み者からの情報」というのは、ネットを通じて送信されてくるわけですが…)

過去の利用者のビッグデータが集まっている

『統計学が最強の学問である』などのベストセラーで最近注目されている「ビッグデータ」。特定のジャンルに関して集まっている膨大な情報ですが、これがキャッシングの世界でも、すでに集まっています。

「これまでに、こういう利用者が、こういう借り入れをして、こういう返済状況になった」というデータが、実に大量に、40年分ほど集まっているんですね。

昔は、こうした情報を記録するにも、フロッピーディスクなどの不便な媒体だったり、むしろそれすらなかったりしました。しかし、今はこれらの情報を記憶する装置・ソフトなども進化しています。

そして、もちろん「その情報を処理する」パソコンなどの性能も進化している…。ということで、自動与信システムの高速化というのは、とことん有利な条件になっているんですね。

そうした時代背景も考えると、イオン銀行も含めて、すべての業者・銀行のキャッシング審査がこのように高速化したのは、当たり前とも言えることなのです。

個人信用情報機関同士の情報共有が進んだ

もう一つ、マシンやネットワークの進化とは関係ない要素として「個人信用情報機関の連携が進んだ」ということもあります。まとめると、

  • 以前は、JICC・CIC・KSCの情報がほとんど共有されていなかった
  • そのため、ブラックリストだけはわかっても、
  • 消費者金融にとって「その人の、銀行での借り入れ」などはわからなかった

…ということです。そうして不安要素が増えれば増えるほど、他の部分で慎重に審査しなければいけなくなる…ということで、どうしても審査時間が長くなっていたんですね。

しかし、ここに個人信用情報機関の情報共有が加わって、短時間でもより確かな情報が得られるようになった。…ということで、さらにカードローン審査は高速化していった…というわけです。

個人信用情報機関の情報共有ネットワーク「CRIN」

上に書いた「個人信用情報機関同士の情報共有のネットワーク」のことを、CRIN(クリン)といいます。Credit Information Networkの略で、日本語訳すると「信用情報ネットワーク」となります(そのままですね)。

このCRINが完成する前のキャッシング審査については、『元アイフル元社員の激白』という書籍でも、「サラ金や銀行同士の情報共有が全然されていないから、破産者が増える原因になっている」という指摘がされています。

著者の笠子崇さんがアイフルに勤務されていたのは「90年代の終わり」なので、その頃の状況と現在はかなり違っているでしょう。

おそらく、著者の笠子さんが現役時代にチェックしていた「共有個人信用情報」と比較すると、今共有されている個人信用情報は、飛躍的に内容が濃いのではないかと思われます。

(内部の人間ではないので、何とも言えませんが…)

即日融資!カードローンのコンテンツ

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

  • 最短即日融資!急ぎの方の強い味方

    融資スピード重視

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP