審査は甘い?即日融資や在籍確認あるなしを解説

アイフル

アイフル

アイフルが人気の理由

スピード重視ならアイフル

借りられるのチェックはたったの1秒!融資も最短即日で可能なので、一刻も早くお金を借りる必要がある人がアイフルを利用しています。

今すぐアイフルの1秒診断へ

※安定した収入がある方

キャッシングの基礎

キャッシングで自己破産した場合にも、チャラにならない「非免責債権」とは?

002

「非免責債権」というのは、「自己破産を申請しても、チャラにならない借金」のことです。一覧にすると―。

  • 税金(社会保険料なども含む)
  • 罰金(違法駐車などの反則金)
  • 民法の扶養義務による支払い(養育費など)
  • 請求されている損害賠償(交通事故・詐欺など)
  • 雇用契約によって請求されているお金(未払いの給料など)
  • 債権者名簿に、わざと記載しなかった借り入れ

…という風です。普通の人に関係あるのは―。

  • 税金
  • 罰金
  • 養育費など
  • 損害賠償

でしょう。特に厄介そうなのが、損害賠償ですね。たとえば交通事故で人を殺してしまった場合など、何億円と支払わなければならない場合もありますが、それは免責が認められないということです。

危険な運転を絶対にしてはいけないというのが、あらためてわかりますが、いか、この「非免責債権」について、普通の人のキャッシングと絡めて説明していきます。

税金類は、キャッシングしてでも払った方がいい?

賢い人や、お金に困ったことがある人はすぐに気づいたでしょうが、「税金や年金保険料などは、キャッシングでお金を借りてでも払った方がいい」という説が成り立ちます。

(これが正しいかどうかはさておき、理由を説明します)

  • 税金は、自己破産しても払わないといけない
  • しかし、キャッシングの借り入れは、払わなくてもいい
  • ということは、キャッシングでお金を借りて税金だけ払い
  • その後で、自己破産してキャッシングの借り入れをチャラにすべき

…という発想が成り立つわけです。繰り返しますが、これが正しいかどうかは置いておき、「善悪を考えない人間だったら、確かにこうするな」というのはわかるでしょう。

国の取り立ては、一番怖い

このセリフは、『闇金ウシジマくん』に登場するものです。多くの人は「闇金業者の取り立ては怖い」と思っていますが、そのヤミ金の当の本人が「国の取り立てが一番怖い」と言っているわけです。

これは、丑嶋のカウカウファイナンスが税金を取り立てられる…ということもあるでしょうが、それ以上に、彼が多くの人の生活を観察していて「国の取り立てが、一番強力だな」と感じた、ということです。

実際、この非免責債権を見てもわかるでしょう。銀行カードローンや消費者金融はおろか、住宅ローンですら免責が認められるのに、税金のたぐいは一切だめなのです。

  • 未払いの給料
  • 約束した養育費
  • 故意に自己破産申請時に記載しなかった借金

などは、確かに非免責債権になって当然でしょう。民間のお金の場合「このレベル」にならないと、非免責債権にならないのです。

もちろん、これらと同等かそれ以上に、税金が重要というのは確かです。日本という国籍がなければ、私達は海外とのビジネスなども含めて、海外旅行でも何でもできなくなってしまいますから。

だから、「税金が非免責債権になる」というのは当然です。とりあえず自己破産すれば、すべての支払い義務から逃げられるというのは幻想に過ぎない、ということを覚えておきましょう。

税金は最優先で支払う

「借金してでも税金を払う」ことのぜひは置いておき、とりあえず「税金・社会保険料は最優先で支払う」ということは、意識しておきましょう。極端な話、キャッシングやクレジットカードで借りたお金は、最悪返済できなくてもいいからです。

(いいわけではありませんが、とりあえず、自己破産でチャラにすることはできるからです)

本当は「借りたお金は全部返済する」のが鉄則ですが、体を壊したりうつ病になったりして働けなくなった時など、仕方がない場合もあるでしょう。

そういう場合は自己破産していいと、破産法が認めているわけです。そして、「そういう状況ですら認められない」非免責債権に関しては、最優先で支払っていくようにしましょう。

非免責債権と免責不許可事由の違い

非免責債権と免責不許可事由は、よく混同されます。違いは―。

  • 非免責債権…重度な内容で、絶対に免責されない
  • 免責不許可事由…軽度な内容で、裁判官の判断で免責になることも

ということです。免責不許可事由の内容を一覧にすると―。

  • 闇金業者からの借り入れ
  • クレジットカードの現金化
  • 携帯キャリア決済の現金化
  • 特定の債権者だけ、優先して返済していた場合
  • ギャンブルの借金
  • 浪費・遊興費による借金
  • 裁判所の調査に対して、非協力的な場合
  • お金を借りるために、嘘をついた場合
  • 投資・FXなどの資金として借りた場合

というものです。カンタンにまとめると―。

  • 違法業者からの借り入れ
  • 浪費
  • 投資
  • ギャンブル
  • 何らかの嘘をついた

ということです。これらも十分重度なのですが、税金の滞納や、従業員への給料の未払いなどに比較すると、軽度ということですね。

1回目なら「裁量免責」の対象になりやすい

これらの「免責不許可事由」の場合、1回目の自己破産だったら、「裁量免責」になりやすいです。これは―。

  • 裁判官の「裁量」で
  • 本当はダメだけど
  • 「免責」を許可する

というものです。免責不許可事由に含まれている時点で、本当は免責にしてはいけないのですが、「裁判官の判断=裁量」によって、特別に許可する、ということです。

一回目の自己破産の場合、多くは裁量免責になります。明らかに悪質な内容の場合はなりませんが、ある程度「よくあるお金がない人のパターンだな」と思えるようなものについては、裁量免責になることがほとんどです。

2度目の自己破産はほぼ無理

逆に、1回裁量免責で自己破産し、借金がチャラになった人が2度目の自己破産をした場合―。これはもう、免責不許可事由だと、認められないことが多いです。

免責不許可事由に該当しない場合はOKのことが多いですが、これについても、2度目の場合は少々厳しくなります。(大体は免責になりますが)

免責になるにしてもならないにしても、人生で2回自己破産するというのは相当なことなので、金銭感覚を根本的に見直した方がいいでしょう。

余談ですが、20世紀を代表する投資家の一人「ジェシー・リバモア」は、その人生の中で4回破産しています。最後は4000億円(当時のお金を稼ぐことの難しさを考えれば、現代の4兆円レベル)の資産を築いた後で、破産しています。

ものすごくジェットコースターのような人生ですが、日本の破産法では、このように4回も自己破産をさせえもらえることはないので、注意してください。

(そもそも、全部免責不許可事由の「投資」ですしね。全然懲りていないのが、何となく笑えますが)

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP