キャッシングの基礎

自己破産・債務整理をした人でも、キャッシングの審査に通る?何年経てばOK?

004

過去に自己破産や債務整理をした人でも、キャッシングはできます。条件は、

  • 5年~10年経過していること
  • その後、新たな返済トラブルを起こさなかったこと
  • 現在の年収・職業などが安定していること

などです。他にもいろいろな条件がありますが、それぞれ説明していきましょう。

破産した時に借りていた業者では、無理

当然ですが、自己破産・債務整理をした段階で借り入れしていた消費者金融・銀行などは、もう半永久的に借りられないと思ってください。

全体で共通の個人信用情報の場合、債務整理や自己破産の記録は5年~10年で消えます。しかし、それぞれの業者・銀行・ブランド内で残っている社内ブラックは、半永久的に消えません。

社内ブラック・内部ブラックの方が消えにくい理由は、下の通りです。

  • 個人信用情報以上に、自社の損失に直結する
  • 個人信用情報ほど、量が膨大ではない
  • 情報管理についての法律の範疇外

ということです。当然ですが、たとえばあなたがプロミスだったら、

  • 過去にアイフルで債務整理した人
  • 過去にプロミスで債務整理した人

のどっちを強く警戒するかは、いうまでもないでしょう。後者の「プロミスで債務整理した人」です。

これが逆に「プロミスで100万円借りて、遅延・延滞せずに完済した人」だったら、当然一気に評価が高まります。同じことをアコム・モビットなどでやった人より、断然高く評価するでしょう。

このようにキャッシング審査の世界で「その会社でのクレジットヒストリー」というのは、非常に重要なのです。誰でも「芸能人に彼氏ができる」より、「身近な美人に彼氏ができる」方がショックだと思いますが(女性の場合は逆)、そのように「身近である」というのが、キャッシング審査の信用でも、大きな要素を占めているのです。

個人信用情報は量が膨大なので、削除しないといけない

個人信用情報機関(JICC・CIC・KSC)で管理されている情報は、実に膨大です。自己破産など、KSCでは10年保管しているものもありますから、これらをさらに長い期間保管していたら、コストがかかって仕方ないわけです。

これに対して、プロミス・モビット・アコムなどの個別の業者・ブランドで管理している情報は、ある程度限定されています。確かに大手の場合はかなり多いですが、それでも「その大手も含めて、さらに無数の中小業者まで全部管理している個人信用情報機関の比ではありません。

ということで、情報管理のコストを下げるためにも、個人信用情報機関は一定期間が経過したら、事故情報・異動情報を削除していく必要があるわけです。この点内部ブラック・社内ブラックの方が「長く残しやすい」わけですね。

(返済トラブルを起こした人にとっては、厄介なことですが…)

社内ブラックリストは、法律の範囲外である

個人信用情報機関で管理される信用情報は、

  • 銀行法
  • 貸金業法
  • 割賦販売法

などの金融関係の法律で管理されています。しかし、社内ブラックリストについては、そうした制約を受けません。

どの会社でもお得意様リストのようなものはあるでしょう。逆に「NGなお客さんリスト」もあるはずです。

というように、それぞれのカードローン会社・ブランドが管理している「内部ブラック」はあくまで「私企業が、経営をスムーズにするために使っている情報」に過ぎないので、法律の影響を受けないわけですね。

ということで、保管する期間も自由に決めていいわけです。もっとも、30年経ったらさすがにいいとは思いますが…。

債務整理・自己破産をした後、新たな事故情報・異動情報がない

自己破産・債務整理を過去にした人がキャッシングするには、当然「その後、何も問題を起こしていない」ということが重要です。個人信用情報に、下のような異動情報・事故情報が残っていないということですね。

  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 強制退会
  • 重度遅延

という内容です。これについては、普通の人と同じ。普通の人でも、これらの履歴が残っている場合、借入審査は通りにくくなります。(というより落ちることが大部分です)。

ということで、これは債務整理・自己破産をしていようがいまいが、関係ない当たり前のことかも知れません。しかし、とりあえず「絶対条件」の一つとして書いておきましょう。

現在の年収・職業が安定していること

これも非常に重要な要素です。債務整理や自己破産というかなり大きな事故状が記録されている以上、相当信用を挽回するような属性が必要です。借りたい金額にもよりますが、

  • 年収…400万円以上
  • 勤続年数…2年以上
  • 職業…できれば正社員。悪くても派遣社員

という条件は揃っていた方がいいかと思います。こうした条件であれば、借入限度額にこだわらなければ、かなりの確率でキャッシングできるでしょう。

もちろん、ここまで好条件でなくても、もっと悪い条件(フリーター・アルバイト、勤続年数1年未満)などでも審査に通ることはあります。ただ、同じ条件で、過去に自己破産や債務整理をしていない人と比較したら、多少不利になると思ってください。

自己破産・債務整理の記録は、何年残るのか

債務整理・自己破産の記録は、それぞれの個人信用情報機関によって、下のような期間、記録されます。

  • JICC…5年
  • CIC…5年
  • KSC…10年

という期間です多少前後しますが、大体のこのくらいと思ってください。また、基本的にこれらは「マックス」の期間なので、これ以上はないと思ってください。

消費者金融の場合は、大体5年

消費者金融の審査では、主にJICC・CICの個人信用情報が照会されます。そのため、これらから記録が抹消されればいいので「5年たてば、大体大丈夫」ということです。

もちろん、絶対ではありません。その人のクレジットスコアが低い場合「念のためにKSCも確認するか」と、それぞれのキャッシング業者・ブランドが、KSCの信用情報も請求するかも知れません。

ということで、「消費者金融なら5年でOK」というのは絶対ではありません。しかし、とりあえず確率としては、かなり高いと考えていいでしょう。


以上、過去の自己破産したり、債務整理した人でもお金を借りることはできる…という内容をまとめました。特にクレジットカードの場合、「アメリカン・エキスプレス」だったら、「自己破産から2年程度」という短期間でも、審査に通ったという体験談が見られます。

事実かどうかはさておき、アメリカのクレジット会社の場合「過去より現在を重視する」というのは、確かなようです(アメリカらしいですね)。

キャッシングの基礎のコンテンツ

今日中に融資可能

アイフル アイフル
融資情報
審査時間最短30分
融資時間最短即日融資
限度額500万円(4.5%~18.0%)

TOP